1
/
5
23卒|事業企画・推進
新卒
6
エントリー
on 2021/11/09 425 views

すごいベンチャー100選|貧困、ホームレス、自殺… 社会課題の深淵を解決へ

株式会社アーラリンク

株式会社アーラリンクのメンバー もっと見る

  • 千葉県柏市出身。青山学院大学経営学部卒業見込み(22卒)アーラリンクの組織・風土に惹かれ入社を決めました。現在は、採用活動と学業の両立に尽力しています。

  • 皆川亜月
    新潟県出身。横浜市立大学卒業。学生時代は経営学を専攻。
    社会課題の解決ができるソーシャルビジネスに携わりたくて、アーラリンクに入社しました!
    今は、お客様対応や、行政機関への営業活動、HP制作など幅広に仕事をしています。

  • 富山県出身。横浜市立大学卒業
    学生時代は地方創生について研究。
    「熱狂できる何かを持つ、かっこいいおじさん」を目指しアーラリンクに入社。
    現在はHP制作と事業拡大のためのマーケティングを行っています!

なにをやっているのか

◆Alalinkのミッション◆
日本の社会課題を、仕組みで解決する

先進国日本でも、その実情には多くの社会的弱者と呼ばれる人々が存在します。
私たちはこの国家レベルの社会課題を解決する当事者になりたい。
そんな人たちを一人でも多く救う仕組みを生み出し続けたい。

◆Alalinkの主力事業◆
Alalinkの現在の主力事業は携帯のレンタル事業です。

社会的弱者を救うのになぜ、携帯レンタルなのか?
それは「通信弱者」といわれる人の存在です。
日本には過去の事業で携帯を契約できなくなってしまった人が推定で300万人いるとされています。
携帯を持っていないと住居の契約や就労など日常生活を送れなくなってしまうことは想像に難くないと思います。
そんな人たちが携帯を所持することで住居や収入を取り戻し、生活だけでなく人生を取り戻す。
Alalinkの主力事業はそんなビジネスなのです。

なぜやるのか

◆Alalinkが目指す世の中◆
事業の力で、【日本をもっと熱狂的な国に】する。

Alalinkは1つ目の主力事業を通じて、”働きたいけど働けない”人に「携帯電話を契約する」という新たなチャンスを提供することができました。

そして今後は携帯レンタル事業を通じて繋がることのできた、所謂「社会的弱者」といわれるような一般的なサービスが行き届いていない層に対して携帯電話以外の新たなサービスを提供できるような新規事業を開発していきたいと思っています。

どうして私たちは、決して所得の高くない「社会的弱者」と言われる人たちに向けて事業を展開しているのか。

それは、究極的にはより良い明日を創るため。
次世代の日本がもっと良い社会になるためです。

現代の日本では、政府の年間の出資額に対して社会保障費の負担がどんどん増加しています。

まだまだ微力ではありますが、
私たちのサービスを通じて働きたい人が自立できるようになれば「頑張る人/熱狂できる人が増える」
そして、「その分社会保障費などの社会負担が減る」
そんな先には「日本全体がもっと次世代のより良い社会作りに投資できるようになる」のではないかと思っているのです。

どうやっているのか

◆ミッションのための組織文化◆
【超速変化対応】
Alalinkはベンチャー企業です。
常に会社を事業をより良くするための提案・実行・改善のサイクルが回っています。
朝令暮改ではないですが、現状を当たり前とせず変化を好む組織です。

【全身全霊の毎日】
常に新しい挑戦を続けているAlalinkでは、”一生懸命”が浮くことはありません。
社内ニートなんかいませんし、みんなでハードを楽しもうという姿勢で仕事をしています。

【多種多様な人材の集まり】
Alalinkでは経歴、性別、志向性など敢えていろんなタイプの人材を採用するようにしています。
さまざまなバックグラウンドの社員がいるからこそ、お互いの強みで弱みを補完し合ったり新しいアイデアや挑戦が生まれています。

◆成長のための組織文化◆
【全力フィードバック】
お互いを高めあうため、フィードバックに命を懸けています。
間違っていることは間違っていると言う、やりたいことを素直にやりたいと言う。
ここがいいね!という褒める力、これもっとこうなった方がいいね!という指摘を伝える力。その両方がAlalinkの魅力です。

【心理的安全性】
組織の中でフィードバックがたくさん起きるには心理的安全性が必要です。
Alalinkではフィードバックに全力なので「先輩だから」「上司だから」「社長だから」は関係ありません。
例えば代表の高橋は「高橋さん」と呼ばれています。
これは仲間を肩書や職種で扱うのではなくあくまでその人個人として向き合っていきたいからです。

【成長重視の経営判断】
Alalinkでは経営の安定よりも成長を重視した意思決定をしてきました。
1年目からマネジメントができたり外部研修やコンサルからとのセッションがあったり、社長とのMTGに参加して直談判できたり。
手を挙げる人間にはどんどん成長のチャンスを掴むことができる環境です。

こんなことやります

「大学では学生団体やボランティアに取り組んできた!」
「NPO,NGOも興味があるが、構造的に社会問題を解決できる組織で働きたい!」
「21世紀を代表する『社会課題解決ビジネス』を自分達で作りたい!」

そんな23卒のあなた!
アーラリンクで、社会課題をビジネスで解決する力・経営力を身に付けませんか?

行政さえも巻き込み、「社会課題の解決」×「ビジネス」を実現してきた弊社を
1分だけ紹介させてください!

◆途上国だけじゃない。日本に蔓延る相対的貧困◆
あなたはご存じでしょうか?

今の日本では《携帯電話を持てない人は働くことすら許されない》ことを。

生活保護の少ない生活費を補うべく仕事を探しても、
携帯を持っていない人は「信用保証ができないので不採用です」と何十社にも冷遇される現実。

実際、2017年のOECDによる調査では、
日本の相対的貧困率の高さは、米国に次いでG7の中でワースト2位。
(参照:https://data.oecd.org/inequality/poverty-gap.htm#indicator-chart

お金がないから、希望もない。
希望もないから、生きる理由がない。

こんな苦しみの連鎖から抜け出せない人たちは、実は私たちのそばに沢山いるのです。

◆成長率300%!社会課題のど真ん中をビジネスで解決◆
だからこそ、アーラリンクはこの現状を覆したい。

「社会的弱者と呼ばれる方の人生を、持続可能な仕組みで救うこと」
を使命に、私たちは事業展開してきました。

この想いが徐々に実り、事業の売上も3期前に比べて約300%の成長を遂げ、
今では《12171人もの生活困窮者の方々》が私たちのサービスを利用して下さっております。

「アーラリンクさんのサービスがあったから、私の人生変わりました。」
そう言ってくださる利用者の方も。

◆社長の右腕採用!新規事業の推進を1年目から任せます◆

しかし、「社会的弱者と呼ばれる方の人生を、持続可能な仕組みで救う」には、
会社はまだまだ発展途上。

社長高橋とマンツーマンで《新規事業を推進》し、
アーラリンクを《社会課題解決メガベンチャー》へと躍進させる23卒を募集しております!

◆こんな方にピッタリ!◆
・NPOや公的機関による社会貢献に限界を感じている方
・NPO設立や起業を視野に入れられている方
・社会課題の解決と、事業企画・経営のスキルアップを求めている方

◆会社の特徴◆
・2020年ベストベンチャー100選受賞
・リンクアンドモチベーション社主催 2020年モチベーションチームアワード受賞

ここまでで興味を持った方は、是非一度お話ししましょう!
お時間は取らせません。たった1時間だけです!

純粋に、社会勉強のために話を聞きたいという方も大歓迎です。

《社会の理不尽を解決する仕組み》作りに興味ある方、お待ちしております。

会社の注目のストーリー

【なんで入社したの?社員ぶっちゃけ話】社員×社員対談 関美凜×松岡学

【アーラリンクってこんな会社です】社長×社員対談Vol.2 皆川亜月

アーラリンクの事業内容について、わかりやすく解説します!

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
26人が応援しています
会社情報
株式会社アーラリンクの会社情報
株式会社アーラリンク
  • 2013/01 に設立
  • 18人のメンバー
  • 東京都豊島区池袋2-47-3 キウレイコンビル6階
  • 株式会社アーラリンクの会社情報
    株式会社アーラリンク から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?