1
/
5
法人営業 製造業の課題解決AI
中途
7
エントリー
on 2021/12/02 238 views

商社の営業経験者求む!BtoB営業であなたとRUTILEAの成長を加速!

株式会社RUTILEA

株式会社RUTILEAのメンバー もっと見る

  • 矢野貴文

  • 高専→香港→京大→公務員→英語の先生→スタートアップ。
    The way you choose is always right.
    高校時代はバイクで茶道(裏千家)のお稽古に通っていました。
    一期一会を大事にしています。

  • 大嶋 悠一

  • 大学2年生の頃から、長期インターンを行っています。そこでは様々なタスクを与えたられました。現在は、Qtを持ちいて、GUIアプリケーションを作成しています。そのプロジェクトでは、開発リーダーとして、要件定義、開発スケジュールの管理、チームメンバーの進捗管理などを行っています。

なにをやっているのか

AI・デジタルツインを用いた製造業向けのソフトウェアとハードウェアの開発・販売をしています。
上場を目指し急成長中の京大発ベンチャーです。

なぜやるのか

株式会社Rutilea(ルテリア)のミッションは『未来のシンギュラリティを今日届ける』

世界の労働力不足を解決し、より豊かな社会の実現を目指しています。 

少子高齢化で労働力不足が年々、深刻になっていく日本で、AIとデジタルツインで製造業の人手不足を解決し、ものづくりを支えていきます。
労働力不足は日本だけでなく、今後は中国や多くの先進国でも直面する課題です。
製造業というグローバルに共通する分野で、労働力不足を解決する先駆者となり、世界の製造業、世界の労働力不足を解決するプラットフォーマーへ。
 

どうやっているのか

【事業内容】
・ハードウェアとソフトウェア一体のPlug a& Play 製品の開発
・AIを用いたDX
・オープンソースソフトウェア製品の開発

フレックスやリモートワークが浸透しており、個人の予定に合わせて働ける職場です!
オフィスは京都の神宮丸太町にあり、目の前には鴨川が流れていて、自転車通勤の方もいます!
国籍も多様で、ミーティングを英語で行うことも多いので、海外留学の経験がある方や海外旅行が趣味の方は、オフィスの自由な雰囲気を気に入ってもらえると思います。
子育て中の方やブランクのある方も、リモートや中抜けが可能なので、頭を使うことが好きな方は、ぜひ、急成長中のRutileaの更なる成長 に力を貸してください!

こんなことやります

ルテリアでは提携する専門商社を経由したアポイントメントが多く、飛び込み営業はありません!

今回、事業の急拡大に伴い、商社で優れた営業経験をお持ちの方に、ものづくりで課題を抱えるお客様の課題に真摯に耳を傾け、ルテリア製品を紹介していただければと考えております。

「営業成績は社内ダントツだけれど、今の職場ではワークライフバランスで少しムリをしている。」
「営業に自信があり、これから世界をかえるゲームチェンジャーになるような企業で働いてみたい。」
「安定した顧客向けに営業しているけれど、成長性のある市場の製品を売りたい。」
「法人営業を完全分業型の会社で担当しているけれど、本当はマーケティングや開発にも興味がある。」

優れた営業力をお持ちの方であればあるほど、こんな悩みを抱きながら、日々、着々と売上を達成していらっしゃると思います。
ルテリアのこの記事に立ち寄ってくださった方、ぜひ、一度、一緒にお話ししませんか?

技術面の詳しいヒヤリングや説明は、エンジニアが担当するので、
あなたには、AIの専門知識がなくても問題ありません!
もちろん、AIやIT、FA業界の知識や経験をお持ちの方は、即戦力としてご活躍いただけます。

むしろ、お客様にはAIの専門用語を使わずに、製品の仕組みやDXの良さを伝えていただくことになるので、新しいことを吸収し、自分の頭で考え、自分のことばで伝える好奇心のある方は大歓迎です!
あなたからのご応募をお待ちしております。

会社の注目のストーリー

サウジアラビア王国の政府投資ファンドとリード投資家から資金調達を実施

RUTILEA働き方リポート第1弾「カナダからの手紙」

大学時代のインターン

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
0人が応援しています
会社情報
株式会社RUTILEAの会社情報
株式会社RUTILEA
  • 2018/08 に設立
  • 84人のメンバー
  • 海外進出している /
    1億円以上の資金を調達済み /
  • 京都市左京区下堤町下堤町82 恵美須ビル 1階・3階
  • 株式会社RUTILEAの会社情報
    株式会社RUTILEA から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?