350万人が利用する会社訪問アプリ

  • エディター
  • 25エントリー

テーマに合った映像表現の出来る、プロフェッショナルなエディターを募集!

エディター
Mid-career
25エントリー

on 2022/01/02

1,341 views

25人がエントリー中

テーマに合った映像表現の出来る、プロフェッショナルなエディターを募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Use foreign languages
Tokyo
Mid-career
Use foreign languages

Yasuhiro Tamura

映像制作、そして映像を中心とした様々なクリエイティブ・コンテンツのディレクションを行っています。 映画の現場をキャリアのスタートにしたことから、映画的な演出や作家性を大切にし、更にドキュメンタリーの現場で培った技術により、映像制作の全ての行程をワンストップで行うことが出来ます。 近年は映像制作の追求と共に、映像やWEB、音楽、グラフィック、写真など様々なクリエイティブコンテンツの持つ価値を企業や社会の課題解決に上手く組み込めないか、という挑戦をしています。 クライアントや課題保持者と、クリエイティブセクターの双方が、自分事として協働できるディレクションを行うよう心掛けています。 代表作として、2015年に地方創生をテーマにして熊本の山奥の温泉郷の村人たちと作り上げた"KUROKAWA WONDERLAND”( http://kurokawawonderland.jp/ )、2016年に障害者スポーツをテーマにして車椅子に乗るコンテンポラリーダンサーを描いた””Wheelchair Dance”( http://wheelchair-dance.com/ )などの社会課題についての作品を制作し、幸いにも国内外で多くの賞を受賞するに至り、TVやWEBなどでも取り上げていただくことが出来ました。

株式会社イグジットフィルムのメンバー

映像制作、そして映像を中心とした様々なクリエイティブ・コンテンツのディレクションを行っています。 映画の現場をキャリアのスタートにしたことから、映画的な演出や作家性を大切にし、更にドキュメンタリーの現場で培った技術により、映像制作の全ての行程をワンストップで行うことが出来ます。 近年は映像制作の追求と共に、映像やWEB、音楽、グラフィック、写真など様々なクリエイティブコンテンツの持つ価値を企業や社会の課題解決に上手く組み込めないか、という挑戦をしています。 クライアントや課題保持者と、クリエイティブセクターの双方が、自分事として協働できるディレクションを行うよう心掛けています。 代表作として...

なにをやっているのか

映像は、人の心を動かし、行動を変え、やがて大きなうねりとなって、社会変容をも起こす力を持っています。 私たちEXIT FILMは映像の可能性を信じ、質の高いクリエイティブと、社会的価値の両側面を持つコンテンツを提供する、ビジュアルストーリーテリング・プロダクションです。
映画撮影の様子
ドローンの撮影風景
代表田村が設立したNPO法人 ブラックスター・レーベル記者発表会の様子
埼玉県横瀬町で開催した、クリエイティブハッカソンの様子
障害者スポーツ×コンテンポラリーダンスをテーマとした作品"Wheelchair Dance"
『つながりのアップデート』を目指し、エネルギー課題にアートで挑んだ映画"Dance with the Issue"

なにをやっているのか

映画撮影の様子

ドローンの撮影風景

映像は、人の心を動かし、行動を変え、やがて大きなうねりとなって、社会変容をも起こす力を持っています。 私たちEXIT FILMは映像の可能性を信じ、質の高いクリエイティブと、社会的価値の両側面を持つコンテンツを提供する、ビジュアルストーリーテリング・プロダクションです。

なぜやるのか

障害者スポーツ×コンテンポラリーダンスをテーマとした作品"Wheelchair Dance"

『つながりのアップデート』を目指し、エネルギー課題にアートで挑んだ映画"Dance with the Issue"

現代の複雑化した社会課題、移り変わる価値観、溢れる情報量の中で、映像と視聴者の関係性はより深く多様なものに変化しています。 私達は専門知識を有した最前線のプロフェッショナルでありながら、現代の社会課題に対し自ら飛び込み知見を得ることによって、社会と接続した、でも新しい表現の発想を持ったフィルムプロダクションです。 私たちの姿勢に賛同する多くのハイエンドな映像技師たちと共に、意義と意味のある芸術 / エンターテイメント、つまり多くの人々の心を動かし、行動変容に繋がる映像作品を制作しています。

どうやっているのか

代表田村が設立したNPO法人 ブラックスター・レーベル記者発表会の様子

埼玉県横瀬町で開催した、クリエイティブハッカソンの様子

エンターテインメントとしての質の高さと、社会的な意義の両面を併せ持つ映像を手掛けるEXIT FILM。 論理的思考に基づくシナリオメイキングとシネマティックな演出をコアとして、クライアントワークや映画作品など多岐にわたる映像を制作しています。 クライアントとのコミュニケーションを通じて丁寧に物語を紡げるよう、企画から編集まで映像制作のすべてのプロセスを自社で一貫して行っています。 更に代表の田村祥宏は、映画やアートの力を信じ、市民がそれらの力で自ら変容の選択肢を生み出すことを促すために、映画制作者・クリエイター・社会起業家・経営者などが集まった映画レーベル、NPO法人ブラックスターレーベルを立ち上げました。 "Art with Neighbors"の理念に基づき、さまざまな格差、分断が起き始めている街々やコミュニティの中で映像を用いて分断に気づく情報と、その感情に向き合う時間と、対話を促すきっかけを作り、新しい選択肢を生み出しています。 映像制作会社である株式会社イグジットフィルムは、共助関係にある映画の力を活用して社会課題の解決を目指すNPO法人ブラックスターレーベルと共に、映像の新しい価値を生みだし提供しようと考えています。 その第一作であり電力課題をテーマにした映画『Dance with the Issue:電力とわたしたちのダイアローグ』は、映画ファンだけではない、複雑な社会課題に携わる多くの人々の心を打ち、草の根の一般上映から多くのメディアや口コミによるファンからの賛同を集め、強烈な反響と広がりを見せ続け、社会に対して大きなインパクトを起こそうとしています。 弊社自体はとても小さな規模の会社ですが、その周りには私たちを支えてくれる情熱的な仲間たちが沢山います。

こんなことやります

私たちEXIT FILMは、映像の持つ力や可能性を信じ、質の高いクリエイティブと、社会的価値の両側面を持つコンテンツを提供するビジュアルストーリーテリング・プロダクションです。私たちは本質的には『優れた映像を作る』というスキルの部分に特化し、重要視をしています。テーマや課題に合致した、ストーリーや演出を施すことは私たちの存在意義の部分でもあります。 私たち自身やクライアントの、作りたい結果に対してどのような文学/アート的表現が合致するのか、思考しながらそれを実際に具現化できる、プロフェッショナルなエディターを募集しております。主にカット編集とトランジション編集で高いクオリティーを担保できる方をお待ちしています。 ️■主な業務内容(必須ソフト) ・カット編集(Premiere) ・グレーディング編集(DaVinci Resolove) ・トランジション/エフェクト編集(After Effects) ️■応募資格/経験 ・映像制作会社で、1年以上エディターとしての経験を有する方。 ・案件ごとに目的とターゲットを理解し、適切な編集/演出ができる方。 ・十分に編集ソフトを使いこなし、作品にクオリティーとオリジナリティーを与えられる方。 ・コミュニケーション能力があり、他の社員やクライアントと会話の意向を汲み取り、素直にそれが実行できる方。 興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。 まずはお話しましょう!
0人がこの募集を応援しています

    0人がこの募集を応援しています

    話を聞きに行くステップ

    1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
    2. 会社からの返信を待つ
    3. 話す日程を決める
    4. 話を聞きに行く
    募集の特徴
    オンライン面談OK

    会社情報

    2014/08に設立

    3人のメンバー

    東京都千代田区神田多町2-9-12 至徳堂ビル 2-3F