1
/
5
ディレクター
中途
11
エントリー
on 2022/01/02 574 views

ワンオペのビデオグラファーから一歩先のキャリアへ!ディレクターを募集!

株式会社イグジットフィルム

株式会社イグジットフィルムのメンバー もっと見る

  • 映像制作、そして映像を中心とした様々なクリエイティブ・コンテンツのディレクションを行っています。
    映画の現場をキャリアのスタートにしたことから、映画的な演出や作家性を大切にし、更にドキュメンタリーの現場で培った技術により、映像制作の全ての行程をワンストップで行うことが出来ます。
    近年は映像制作の追求と共に、映像やWEB、音楽、グラフィック、写真など様々なクリエイティブコンテンツの持つ価値を企業や社会の課題解決に上手く組み込めないか、という挑戦をしています。
    クライアントや課題保持者と、クリエイティブセクターの双方が、自分事として協働できるディレクションを行うよう心掛けています。
    代表作と...

なにをやっているのか

  • ドラマの制作風景
  • 制作の舞台裏

イグジットフィルムでは、シネマ(映画)表現にフォーカスした映像制作を手掛けています。

シネマ風の絵作りや構成に基盤を持つ、ストーリーライティングとフィルムメイキングのプロフェッショナルが、企画から撮影、編集までの全工程をワンストップで行なっています。

ドキュメントムービーやプロモーションビデオ、映画など、多様なジャンルの映像コンテンツ制作を通じて、クライアントの課題解決や、社会課題の解決、そして自分たちの作家性の追求を目指しています。

社会課題を取り扱ったプロジェクトを大企業や行政、グローバルなチームと共に行うことが多く、少人数でこなすミニマルな作品から、沢山のスタッフ/技師と協業するようなプロジェクトまで様々です。

一方でインデペンデントの自主制作を常に平行して行っており、映像だけでなく、WEBや音楽やスチールなど様々なクリエイティブセクターの仲間達とともに協業し、国内外で多くのアワードも獲得しております。

またWEBや音楽やスチールなど様々なクリエイティブセクター、そしてテーマや課題を持った当事者の方々を繋ぐ、マルチステークホルダー・プロジェクトのファシリテートを行い、多様な価値観を持った世界観・ブランディングの構築を企画・ディレクションしております。

なぜやるのか

  • 障害者スポーツ×コンテンポラリーダンスをテーマとした作品"Wheelchair Dance"
  • 世界的に活躍する10代のダンサー二人をメインキャストに制作した「いじめ」をテーマにしたショートフィルム "Bullying and Behavior"

弊社の理想とする世界は、オリジナルの物語(ストーリー)が様々な作家によって作られ、その想い、価値観が混在する世界です。

多様化が進む世の中で、様々な人たちに寄り添える様々な作品が存在する世界。
そしてその作品の感動や絶望や喜びや気づきが、人々に行動変容を促していく。
その作品たちの中にEXIT FILMの作品も存在し、選ばれていきたいと思っております。

クライアントワーク、ショートフィルム、Web広告用のムービーなど、映像のジャンルは問いません。課題に対するソリューションとエンターテインメントを両立させた映像制作を通じて、「行動変容・社会変容の起点となる価値観の提示」を行なっていきます。

さらに私たちは、様々な立場の人と連携して制作する、コ・クリエーション型の制作アプローチを取ることが多く、境界を越えた新たな挑戦をしていくことで、クリエイティブの社会的価値を高めていきたいと考えています。

どうやっているのか

  • イグジットフィルムのオフィス
  • 工場でのPV撮影のメイキング

様々な立場の方々と協働することになります。

企画時にはクライアントの方々、制作時にはそこに実際の課題を抱える当事者の方々が加わり、撮影時には様々な技師さんたちやキャストさんたち、編集時にはミュージシャンやグラッフィッカー、アニメーターの方々、作品が出来上がるとWEBデザイナーの方々やメディア、ライターの方々と。

弊社自体はとても小さな規模の会社ですが、その周りには私たちを支えてくれる情熱的な仲間たちが沢山おります。

時には映像制作を越え、ライブイベントを作ったり、ハッカソンを開催したり、学生たちと授業を作ったり。大きな世界観を、クリエイティブ/アートに関わる人たち、地域やマイノリティーなどの課題当事者の方々、国や行政、大企業の方々、様々な人々と皆んなで作っています。

こんなことやります

イグジットフィルムでは「社会にとって価値ある映像」と「作家性」を非常に重要視しており、そしてそれは“技術 / スキル“から生まれるものであると考えています。社会を動かす作品のディレクターであるということは、企画作りや脚本ライティング、演出、何かしらのスペシャリストであること、それが個性 / 作家性だと考えております。

映像制作の敷居が低くなった昨今、ビデオグラファーと呼ばれるワンマンオペレーションでの映像制作者が多くなってきました。私たちの立ち上げ期も、まさに一眼動画ブームの最初期であり、企画/撮影/編集を一人で手掛けるようなスタイルを確立してきました。しかし敷居が下がったことで新規参入者が増え、フリーランスでキャリアをスタートさせてしまうことで若手のノウハウが不足し、安定的なキャリアを作りづらい状況に陥っている方も多いかと思います。

私たちはドキュメンタリースタイルの少人数でのミニマルな撮影をおこないながら、数十人規模のスタッフでのスタジオ/ロケ撮影も同時に抱えているプロダクションです。ディレクションとカメラオペレーションを高いレベルで要求されるハイレベルな案件をこなせるディレクターは、業界にも多くはありません。是非チャンスを活かして、スキルを伸ばし、オリジナリティーのある作家として活躍してください。

️■主な業務内容
・企画立案
・作品全体のディレクション
・撮影現場でのディレクション / カメラオペレーション
・台本の制作
・絵コンテの執筆
・編集ディレクション

️■応募資格/経験
・映像制作会社で、1年以上ディレクター、もしくはカメラオペレーターとしての経験を有する方。
・案件ごとに目的とターゲットを理解し、ディレクションが行える方。
・しっかりとした撮影/カメラの知識/経験のある方。
・ポートフォリオ必須。

◾️こんな方を求めています!
・脚本 / 構成台本が作れる方。
・絵コンテを描ける方 。
・コミュニケーション能力が高く、リーダーシップを発揮できる方。

興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。
まずはお話しましょう!

◾️勤務地
東京都千代田区神田多町 2丁目(オフィス)
JR 神田駅 徒歩5分
東京メトロ 丸ノ内線 淡路町 徒歩5分
東京メトロ 銀座線 小川町 徒歩5分
東京メトロ 千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩10分
撮影は、全国様々な場所、時には海外で行います!

会社の注目のストーリー

【 2018年公開 "Bullying and Behavior"アーカイブページのご紹介 】

埼玉県横瀬町で実施した、教育プログラム「横瀬クリエイティビティー ・クラス」の背景と実施内容をまとめました!

認知症の啓発を目的に取り組んだプロジェクト『RUN TOMORROW』について、制作背景やプロセスをまとめました!

ポートフォリオ

話を聞きに行くまでのステップ
エントリー状況は公開されません
1人が応援しています
会社情報
株式会社イグジットフィルムの会社情報
株式会社イグジットフィルム
  • 2014/08 に設立
  • 6人のメンバー
  • 東京都千代田区神田多町2-9-12 至徳堂ビル 2-3F
  • 株式会社イグジットフィルムの会社情報
    株式会社イグジットフィルム から面談のお誘い
    この募集に共感したら、メンバーと話してみませんか?