350万人が利用する会社訪問アプリ

  • セールス(リーダー候補)
  • 9エントリー

急成長ベンチャー!需要増加中のBtoBSaaSセールスのリーダー候補募集!

セールス(リーダー候補)
Mid-career
9エントリー

on 2022/01/19

733 views

9人がエントリー中

急成長ベンチャー!需要増加中のBtoBSaaSセールスのリーダー候補募集!

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad
Tokyo
Mid-career
Expanding business abroad

Isshu Rakusai

「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代から紙copiなどのソフトウェアを開発する。 2007年より渡米してNota Inc.を設立、世界向けのアプリやウェブの開発を手がける。現在は、Gyazo.comがスクリーンショット共有で世界のトップシェアを持つ。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。 1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。

Kanako Gohzu

慶應義塾大学SFC卒。ファッションアプリを運用する会社でユーザー向けのキャンペーン施策やパブリシティ戦略を担当。2015年からエンジニア向けサービス「Qiita」の広報・採用を経て、Nota Inc.ではマーケティングと採用を担当。

メンバーの半分がフルリモート。GyazoやScrapboxを開発するNotaのVP of Engineeringに話を聞いてみた(前半)

Kanako Gohzuさんのストーリー

Kouji Takayama

2012年にAlibaba Japanの新卒1期生として入社。 Field sales及びCustomer successに9年間携わる。課題解決に寄り添うスタイルで業種業界問わず全国3,000社以上の決済者との商談、日本企業の海外進出支援を経験。 2020年にNota, Inc. へ入社。 どんな質問にも答えられるスマートFAQシステム”Helpfeel”事業のセールスマネージャーに従事。

株式会社Helpfeelのメンバー

「人間味ある」プログラムづくりを掲げて、高校時代から紙copiなどのソフトウェアを開発する。 2007年より渡米してNota Inc.を設立、世界向けのアプリやウェブの開発を手がける。現在は、Gyazo.comがスクリーンショット共有で世界のトップシェアを持つ。2003年度 IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ認定。 1982年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。

なにをやっているのか

どんな質問表現にも適切に答えられるFAQシステム"Helpfeel(ヘルプフィール)"をはじめとした業務効率化ツールを開発しているテックカンパニーです。 https://helpfeel.com/ 2021年9月7日に行われた経営者向けのカンファレンスICCサミットKYOTO 2021にて、SaaSやクラウドサービスに特化したピッチコンテストでグランプリを獲得しました! 昨今数多くのSaaSが新しく生まれていますが、なかでもこれまでにない新しい技術を取り入れており、市場からの評価が非常に高いプロダクトです。 ▼どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」のNotaがSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021) https://industry-co-creation.com/news/71031 ▼Helpfeel受賞歴 ・Mizuho Innovation Award https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000027275.html ・X-Tech Innovation 2020 九州地区 グランプリファイナル 優秀賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000027275.html ・2019年IVS LaunchPad出場 他にも、世界で1000万人ダウンロードを記録しているスクリーンショット共有サービス"Gyazo"や国内10万ユーザーを誇る知識共有サービス"Scrapbox"を開発しています。クリエイターや研究者を中心に世界中で愛され、個人のお客様から企業のお客様まで、幅広く利用されています。 https://gyazo.com/ https://scrapbox.io/product 2023年グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社をリード投資家とし、シリーズDラウンドにて総額20億円を資金調達いたしました。 今後、さらなる事業拡大に向け優秀な人材の採用に力を入れています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000263.000027275.html
リモートワーカーも参加するMTGの様子
世界中で愛されるサービスを提供し続けている

なにをやっているのか

どんな質問表現にも適切に答えられるFAQシステム"Helpfeel(ヘルプフィール)"をはじめとした業務効率化ツールを開発しているテックカンパニーです。 https://helpfeel.com/ 2021年9月7日に行われた経営者向けのカンファレンスICCサミットKYOTO 2021にて、SaaSやクラウドサービスに特化したピッチコンテストでグランプリを獲得しました! 昨今数多くのSaaSが新しく生まれていますが、なかでもこれまでにない新しい技術を取り入れており、市場からの評価が非常に高いプロダクトです。 ▼どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」のNotaがSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021) https://industry-co-creation.com/news/71031 ▼Helpfeel受賞歴 ・Mizuho Innovation Award https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000027275.html ・X-Tech Innovation 2020 九州地区 グランプリファイナル 優秀賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000027275.html ・2019年IVS LaunchPad出場 他にも、世界で1000万人ダウンロードを記録しているスクリーンショット共有サービス"Gyazo"や国内10万ユーザーを誇る知識共有サービス"Scrapbox"を開発しています。クリエイターや研究者を中心に世界中で愛され、個人のお客様から企業のお客様まで、幅広く利用されています。 https://gyazo.com/ https://scrapbox.io/product 2023年グロービス・キャピタル・パートナーズ株式会社をリード投資家とし、シリーズDラウンドにて総額20億円を資金調達いたしました。 今後、さらなる事業拡大に向け優秀な人材の採用に力を入れています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000263.000027275.html

なぜやるのか

私たちが普段使っているショッピングサイトや企業のWebサイトの多くには、困ったときのためによくある質問をまとめたFAQがあります。 しかし、これまでのFAQサイトはなかなか欲しい答えに辿り着けず、約75%のユーザーが問題を解決できないままと言われておりました。 そんな問題を解決すべく、自社の日本語検索の技術を元に開発したのがHelpfeelです。 リリースから約1年で、PayPayフリマ、Airレジ(リクルート)、パセラ(ニュートン)、くらしのマーケット、地方銀行、ソニー損保など業種業態問わず、お客様対応に力を入れている企業様に選んでいただいています。

どうやっているのか

リモートワーカーも参加するMTGの様子

世界中で愛されるサービスを提供し続けている

私達が大切にしている文化、価値観、働き方をご紹介します。 ▼相互レビューとドッグフーディング 全員が自社のサービスをドッグフーディングしながら働いています。 社内では大量の情報がScrapboxで共有され、コミュニケーションではGyazoを頻繁に使います。 自らのユーザー体験を仕事に活かせつことは、作り手や売り手にとって大きなモチベーションです。 また、相互レビューの習慣があり、コード、新機能のアイディア、営業資料など職種関わらず改善を繰り返しています。責任を分散させることで心理的な安全を確保できることもメリットです。 リモートワークメインの自立分散的な働き方が成立しているのは、この相互レビューに依るところが大きいと言えます。 ▼株式会社Helpfeelが大切にしている3つの価値観 ●Self-drive - 自律的に行動する Helpfeelは、目的を持って仕事をすることが好きな自立したメンバーが、自らの意思で考え、行動し、ひとりひとりが組織のミッションの達成に責任を持つ集団です。 ●Create the future - 一足先の未来を創造する Helpfeelのメンバーは、野心的に、前向きに、そして偏見や経験にとらわれずに考えることで、独自の価値を創造し、お客様にお届けします。 ●Be open - 常にオープンでいる Helpfeelのメンバーは、自分の考えをオープンにし、常に新しい事実や意見を聞き、現状を修正・更新する姿勢を持ち続けることで、社内外の信頼を獲得します。 ▼場所や時間を選ばない働き方 生産性を高めるためにどう働くかは自分達で選択可能です。 また、働きやすくするための制度やルールも自分で試行錯誤して作ってきました。 トップダウンで何かが決まるということは一切ありません。自分で考えて動ける方が働きやすい環境です。テキストベースの非同期なコミュニケーションを好みます。 ・フルリモートワーク ・フレックス ・PCやモニタなどの機材補助 ・全国でコワーキングスペースが使える(WORKSTYLING) ・ベビーシッター育児支援 ・書籍購入補助 ・新入社員歓迎会補助 ・SO発行制度あり このような働き方やキーワードに共感した人はぜひ一度話を聞きに来て下さい。 詳しい説明は採用スライド( https://corp.helpfeel.com/ja/recruit#introduction-sheet ) にも掲載しています。

こんなことやります

グッドデザイン賞受賞(https://helpfeel.com/news/g-mark)、ICC SaaSカタパルトで優勝(https://helpfeel.com/news/icc_kyoto)など多くの評価をいただき、前年売上げ対比3倍を達成し、飛躍的に販売実績が伸びているHelpfeel( https://helpfeel.com/ )のセールスチームにおけるインサイドセールスを募集しています。 2021年度目標としていたHelpfeel売上げ前年対比3倍を目標以上の結果で達成し、更に2022年も今まで以上の引き合いを受けている現状、セールスチームの拡大が急務となっております。 ■具体的な業務内容 ・Helpfeelを検討しているお客様を対象に、継続的なコミュニケーションやヒアリングを通じた関係構築 ・アポイントメントが成立したお客様への訪問          ・日常的なフォローアップを通した新規商談の獲得 ・サービス説明~契約書締結までの対応 ・受注率を高めるため、正確な顧客情報をSalesforce等を通じた管理 SMBからエンタープライズまで幅広いお客様を対象としています。 ■現在の営業組織の体制やキャリアパスについて 現在のセールス組織は27名が在籍しており、IS 15名 FS 12名が在籍しております。 インサイドセールスチームではSDR(sales development representative)とBDR(business development representative)という2つの役割に分かれて日々業務をしております。スキルやご経験によって上記のいずれかのミッションをお任せしていければと思っております。 ・SDR:インバウンドリストへの営業をお任せいたします ・BDR:戦略を持ってアウトバウンド戦略の立案実行をお任せいたします 【利用ツール】 ・Salesforce ・Slack ・Scrapbox ・Hubspot ・GoogleMeet ・ZOOM ・ベルフェイス ・Miitel ■Helpfeelとは? 2019年4月に新たな事業としてリリースした、カスタマーサービスをサポートするFAQシステムを構築できる検索ツールです。 iPhoneの日本語入力システムを開発した増井(弊社テクニカルフェロー)が発明した革新的な技術「意図予測検索」にもとづいており、98%の検索ヒット率を実現し、ユーザーのどんな質問表現にも適切に答えることができます。 これまでのFAQサイトは75%のユーザーが問題を解決できないと言われており、変化が乏しいカスタマーサポート界に革命をもたらす注目のSaaSです。 現在は、博報堂DYホールディングス社、ラクスル社、ヤフー社(paypayフリマ)、リクルート社(Airレジなど)、伊予銀行、DeNA(Pococha)、HENNGE社、各自治体(小平市など多数)などに導入されています。 ■事業の展望 2022年One CapitalやSalesforce Ventures、MIYAKO CAPITALなどから6億円の資金調達を実施したことを発表いたしました。 https://corp.helpfeel.com/news/pressrelease-220905 調達資金はHelpfeelのマーケティングや営業へ投資し、Helpfeelの拡販に力を入れております。 2021年9月7日に行われた経営者向けのカンファレンスICCサミットKYOTO 2021では、SaaSやクラウドサービスに特化したピッチコンテストでグランプリを獲得しました。昨今数多くのSaaSが新しく生まれていますが、なかでもこれまでにない新しい技術を取り入れており、市場からの評価が非常に高いプロダクトです。 ▼どんな質問にも答えるFAQシステム「Helpfeel」がSaaS RISING STAR CATAPULT 初代王者に輝く!(ICC KYOTO 2021) https://industry-co-creation.com/news/71031 今後、さらなる事業拡大に向け優秀な人材の採用に力を入れています。 ▼必須スキル ・営業経験3年以上 ▼歓迎スキル ・リーダー経験 ・IT/Web業界での営業経験 ・SlackやScrapboxなどテキストやオンラインミーティングベースでの仕事がスムーズにできる方 ▼以下内容にあてはまる方、ぜひお待ちしております! 自責思考をもち、チームや目標のために考え行動できる方 好奇心と成長意欲がある方 素直、正直、誠実で嘘をつかない方
30人がこの募集を応援しています

30人がこの募集を応援しています

+18

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2007/12に設立

100人のメンバー

  • Expanding business abroad/
  • Funded more than $1,000,000/
  • CEO can code/
  • Funded more than $300,000/

東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター5階