Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

インフラエンジニア

来たれ!Drupal開発を支えるインフラエンジニア!

デジタルサーカス株式会社

デジタルサーカス株式会社のメンバー

全員みる(4)
  • 1976年生まれ。
    小学6年生の時に自治体主催の子ども向けイベントでパソコンに出会い衝撃を受ける。
    中学入学と同時にMSX2+でパソコンデビューして現在までプログラム・システム開発に関わる人生を送る。
    現在はデジタルサーカス株式会社の副団長CTOとして活動中。

    Blog:
    http://www.hasegawa-tomoki.com
    Twitter:
    https://twitter.com/tomzoh

  • 村田 和子
    ディレクター

  • 田口 健
    団長

  • 溝渕みちる
    マーケティング

なにをやっているのか

  • Cfb0575a b549 4e9c aebe 6089bf100a1c 【Drupalナビ】人気の高機能オープンソースCMS「Drupal」についてわかりやすく解説!
  • Dd1e179c 6e82 4a42 9898 0a96e117b762 世界中の技術者が集まる海外カンファレンス「DrupalCon」に参加できます。

デジタルサーカスでは、オープンソース CMS、DrupalをベースとしてWebサイト開発をしています。

Drupalは主に海外での普及率が高く、ホワイトハウスやNASAなど数多くの有名サイトで採用されている、世界で最も普及しているオープンソースCMSのひとつです。 日本国内でも、豊富な機能、カスタマイズのしやすさ、セキュリティの高さなどから、近年、日本でも注目され、大きくシェアを伸ばしています。

Drupalの使用は単なるユーザとしてだけではなく、公式のサポーティングパートナーになる、モジュールコミッターとしてDrupalに貢献する、定期的に勉強会を開催する、など、日本でのDrupalの普及活動・サポートをしています。

デジタルサーカスの開発案件は受託開発をメインに、お客さまと直接お話し、要件定義からリリースまで、そしてリリース後の保守や継続的な開発を担当しています。

どうやっているのか

チームメンバは基本的に東京都 南青山のオフィスでプロジェクト進行しています。一部のメンバはリモートワークをすることもあるため、メンバ間のコミュニケーションをSlackやSkype、Redmine、GitLabといったツールでサポートし、リモートワークのメンバが含まれても最大限パフォーマンスを発揮できる様にしています。

▼エンジニアが開発しやすい環境
スクラムを採用し、チーム単位で協力しながらプロジェクトを進めます。
チームはそれぞれ自主性をもち、リーダーや管理者から命令されるのではなく主体的に判断しながらプロジェクトを進めていきます。この様に、チーム主体となりセルフマネジメントをしていくことで、チーム自らが責任を持ち、最善を尽くして仕事を進めることができます。

開発環境面では、MacBook Proを1人1台持って開発環境とし、Git / GitLab, Vagrant, Ansible, Jenkins, PhpStormなどのツールを導入し、エンジニアの生産性を上げ、同時にプロダクトの品質を上げています。

▼開発者コミュニティへの参加活動
デジタルサーカスでは開発者コミュニティへの参加を推奨しています。

その1つは、Drupalカンファレンス DrupalCon への参加です。
DrupalConは、毎年世界各国で開催され、世界中から数千名のデベロッパーやビジネス関係者が集まる世界最大級のDrupalのイベントです。
デジタルサーカスのメンバは、年に1回、会社負担でDrupalConに参加することができます。

また、国内でも各種Meetup(勉強会)や、PHPカンファレンス、オープンソースカンファレンスなどのコミュニティ活動への参加する機会が多くあります。

▼自然と英語力が身につく環境
グローバル企業のお客様のプロジェクトでは、海外のクライアントや開発ベンダーとコミュニケーションをとりながら開発を進めます。英語を使う環境が周りにあることで、意欲のある方は仕事をしながら英語力を自然に身につけることができます。

▼スキルアップできる環境
社内では、Qiita::Teamを利用してノウハウの共有をしています。また、毎月1回のペースで社内勉強会を開催することで、メンバ間の情報共有をしています。
社内には、いろいろな得意分野を持ったメンバがいます。彼らと一緒に切磋琢磨し、どんどんスキルアップしてください。

こんなことやります

デジタルサーカスの開発プロジェクトは1プロジェクトおおむね3~4ヶ月、5つのチームで開発をしています。

そして、そんな風に開発業務をしていると(当然のことながら)大量のサーバの管理をすることになるのです!

Aプロジェクト用の開発環境用のAnsible書いて、Bプロジェクトの本番環境作ってたらCプロジェクトのサーバの負荷が上がっているというアラートが来て…

1つ1つは楽しいお仕事なのですが、現状、パワーが足りていません。
そこで、弊社のインフラを支えてくださるエンジニアの方を募集しています。

弊社で開発のベースとしているDrupalは、PHPベースのOSS CMSです。

開発者は Mac で Vagrant + VirtualBox で開発をし、社内の GitLab の MergeRequest からdevelopブランチにマージするとJenkinsで社内開発サーバに反映され、確認してOKなら、stagingブランチにマージしてステージングサーバに反映…という様なことをしています。

そのため、こんな方だと弊社で大活躍!かと思います。

・CentOSやUbuntuの設定は一通りできる
AWSを使いたい。
Vagrant + VirtualBoxが得意である。
・最近は仮想サーバばっかり触っているけどハードウェアを触るのも好き
・SSL証明書の作成やインストールが好き
・Ansibleでキチっとサーバがコントロールされている状態に喜びを感じる
・1日中サーバとか監視ツールと触れ合っていたい
・Drupalで構築されたシステムのトラブル切り分けをするのも苦では無い

気になった方、是非ご応募ください!

Late 2016のMacBook Proを!お使い頂けます!13インチでも15インチでもお好きな方を!

「とりあえず話を聞いてみたい」だけでもOKです!声掛けて!

CTO長谷川の個人的な野望としては、「テストがコケたらオフィスにあるパトランプが回る」とか「大きなディスプレイに全お客さまのサーバ状況が表示」とか、そういうのも持っています。一緒にやりませんか?

募集情報
探している人 インフラエンジニア
採用形態 新卒採用 / 中途採用 / 副業・契約・委託
会社情報
創業者 代表取締役 田口 健
設立年月 1999年2月
社員数 30人のメンバー
関連業界 情報通信(Web/モバイル) / 情報通信(基盤/SI/パッケージ)

応援している人(3)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

応援している人(3)

まだ応援はありません

応援している人の数が多いと、会社ランキングにランクインします

地図

東京都港区南青山3-5-2 第一韮澤ビル2F

Page top icon