350万人が利用する会社訪問アプリ

  • Webエンジニア
  • 8エントリー

新規事業|予防医療ヘルスケアSaaS|プロダクト開発チームWebエンジニア

Webエンジニア
Mid-career
8エントリー

on 2022/04/21

881 views

8人がエントリー中

新規事業|予防医療ヘルスケアSaaS|プロダクト開発チームWebエンジニア

Online interviews OK
Tokyo
Mid-career
Tokyo
Mid-career

Mayumi Sawada

医療機関向けに遠隔医療通訳を中心とした業務支援サービスを運営、提供しています。医療における言語障壁を解消することで、多様な人々が納得して医療を選択できる世界の実現を目指し、日々邁進しております。

Yusuke Tabata

* 学生時代の研究テーマは並列計算機向けの言語処理系の開発 * 趣味ではLinux向け日本語入力(Anthy/uim)の開発 * 最初に就職した先は国内大手メーカーで論理回路の検証 * インターネット検索の会社に転職してからの仕事は + ウェブ検索の機能追加、特にモバイル向け機能 + 日本語入力ソフトウェアの開発、特に辞書ファイルの圧縮(他社の数倍の効率を実現) + 電子書籍のコンテンツ処理、検索機能 * 余暇には論理回路の合成ツールを開発

Fuyuko Ikeguchi

- デスクトップサイト、スマートフォンサイトのディレクション経験 - 予算管理、アクセス解析、設計提案、スタッフアサイン、スケジュール管理、要件定義を含むプロジェクトリーダーの経験 - Google Analytics・Adobe Site Catalystによるアクセス解析レポーティング経験 - iOSアプリのローカライズディレクション、Androidアプリのディレクション経験 - SNS(facebook、twitter)を含めた総合的なプロモーションのディレクション経験 - 使用マシン:Windows、MacOS共に業務経験有り - 使用ソフト:テキストエディタ、Dreamweaver、Photoshop、Fireworks、Illustrator、Flash、Premiere、Edicolor、InDesign、Microsoft Officeなど - 米国のウェブ・プロジェクト・マネージャーや技術者との英語によるコミュニケーション経験あり - html5j TV部スタッフ。HTML5とCSS+JavaScriptの動作状況や情報を積極的に集めています。他、日本Androidの会、GDG Women、GTUG girls (Japanese group)に登録しており、ミートアップやハンズオンに積極的に参加しています

メディフォン株式会社のメンバー

医療機関向けに遠隔医療通訳を中心とした業務支援サービスを運営、提供しています。医療における言語障壁を解消することで、多様な人々が納得して医療を選択できる世界の実現を目指し、日々邁進しております。

なにをやっているのか

◤ 『多様な人びとを支える医療インフラを創る』◢ メディフォンでは前身のNPO時代から 『医療における言語障壁を解消する』 ことをMissionとし、言語を理由に医療を受けられない・不安を強いられている外国人患者さんのために、専門的な医療知識を有する医療通訳サービスを開発、提供してきました。 これが、「メディフォン(medi phone)」の社名の由来です。 訪日外国人だけでなく、入管法の改正による在住外国人も増加が続く社会環境のもと、全国各地の医療現場で「当たり前」のように母国語で診察や看護が行われている状態を作るべく、医療通訳『mediPhone』の全国展開に挑んでいます。 2021年4月からは予防医療の普及を目指す新しいヘルスケアSaaS『mediment』をリリースし、医療現場や外国人患者だけでなく、日本社会で働くあらゆる人の日常生活から、人々が「健康であり続ける」ことに貢献していくチャレンジを始めました。 自分たち手で『多様な人びとを支える医療インフラ』を創り上げることを目指しています。
国内導入機関数88,000。圧倒的な実績の医療機関向け多言語遠隔医療通訳SaaS『mediPhone』
2021年4月にはクラウド健康管理SaaS『mediment』をローンチ。
日ごろ出張やリモートワークで離れて活動している社員が一同に集まるAll Hands Meetingを定期開催しています。
互いに尊重しあい、オープンにコミュニケーションするカルチャーです。
『多様な人びとを支える医療インフラを創る』ビジョンに共感した、多様な年齢・経験・国籍の仲間が集っています。
代表取締役CEO 澤田 真弓。東京外国語大学卒業後、インペリアルカレッジロンドン大学院にて経営学修士号取得。帰国後、グーグル株式会社を経て、2014年メディフォンを創業。

なにをやっているのか

国内導入機関数88,000。圧倒的な実績の医療機関向け多言語遠隔医療通訳SaaS『mediPhone』

2021年4月にはクラウド健康管理SaaS『mediment』をローンチ。

◤ 『多様な人びとを支える医療インフラを創る』◢ メディフォンでは前身のNPO時代から 『医療における言語障壁を解消する』 ことをMissionとし、言語を理由に医療を受けられない・不安を強いられている外国人患者さんのために、専門的な医療知識を有する医療通訳サービスを開発、提供してきました。 これが、「メディフォン(medi phone)」の社名の由来です。 訪日外国人だけでなく、入管法の改正による在住外国人も増加が続く社会環境のもと、全国各地の医療現場で「当たり前」のように母国語で診察や看護が行われている状態を作るべく、医療通訳『mediPhone』の全国展開に挑んでいます。 2021年4月からは予防医療の普及を目指す新しいヘルスケアSaaS『mediment』をリリースし、医療現場や外国人患者だけでなく、日本社会で働くあらゆる人の日常生活から、人々が「健康であり続ける」ことに貢献していくチャレンジを始めました。 自分たち手で『多様な人びとを支える医療インフラ』を創り上げることを目指しています。

なぜやるのか

『多様な人びとを支える医療インフラを創る』ビジョンに共感した、多様な年齢・経験・国籍の仲間が集っています。

代表取締役CEO 澤田 真弓。東京外国語大学卒業後、インペリアルカレッジロンドン大学院にて経営学修士号取得。帰国後、グーグル株式会社を経て、2014年メディフォンを創業。

◤ あたらしい社会の医療インフラを作るため ◢ メディフォンが創業以来取り組んできた「言語の障壁」に限らず、これらの社会的、物理的、経済的な障壁が要因で、適切な医療を受けられない「医療アクセス」の社会課題を解決するべく、医療通訳事業で培った事業基盤とネットワークを生かし、2021年4月から予防医療を推進するヘルスケアSaaSをリリース。現在は日本と海外を結ぶクロスボーダーの新規事業開発にもチャレンジを始めています。 メディフォンは、多様性が尊重される新しい社会の実現に向けて、誰もが納得して医療を受けられる医療インフラを構築することを目指します。 「Vision ~ 全ての人々が、障壁なく、納得して医療を享受できる世界を実現する ~」 スタートアップ企業として、大きな社会インパクトをもたらす事業を生み出すべく、チャレンジを続けています。

どうやっているのか

日ごろ出張やリモートワークで離れて活動している社員が一同に集まるAll Hands Meetingを定期開催しています。

互いに尊重しあい、オープンにコミュニケーションするカルチャーです。

◤ 医療向けSaaSをテコに予防医療SaaSを立ち上げる ◢ 市場が生まれる前のNPO時代から着実にプロダクトの開発と通訳者リソースの増強を重ねたことで、参入障壁の高い領域で強固な顧客基盤を構築しています。 臨床現場(=医療機関)と予防医療(=日常生活)をシームレスにつなぐことで、あらゆる患者にとって最適な医療アクセスを提供できるようになる。 日本全国に浸透が進むトップレベルシェアの医療向けSaaSを先頭に、予防医療SaaSの立ち上げと全国展開に挑んでいます。

こんなことやります

本ポジションでは、WEBエンジニアとして新規事業SaaSの設計・開発を担当いただける方を募集します。これまでの経験や適性をふまえフルスタックに活躍の機会を広げていただける環境です。 【プロダクト】 メディフォンでは「医療機関向けの医療通訳SaaS」と「企業向け健康経営サポートSaaS」の2つのSaaSを開発・提供しています。 どちらのサービスも小さく素朴なものから開発を始め、少しずつ洗練された技術を導入していくスタイルで開発しています。 【業務スタイル】 CTOを始めとして大企業の経験のあるメンバーも在籍していますが、過去のやり方を踏襲するのではなく、開発のフェーズにあったものをチームで議論したりトライアルをしてから導入するという方針で進めています。 【用いている技術】 医療通訳SaaSの提供はIP電話のAPIを使って多人数の電話会議を制御する仕組みを基盤としています。これはgoroutineとchannelを駆使したコードで支えられており、ウェブのフロントエンドを通じて操作ができるようになっています。 最近では、感染症の療養施設からの利用急増にも対応しています。今後、医療機関にさらなる価値を提供していく上での複雑化に対応していくために、TypeScriptやGraphQLの導入を始めとし、さまざまな改善に着手しています。 健康経営サポートSaaSはPythonによるフレームワークのDjangoを使い、一般的な情報の確認や変更機能だけではなく画像処理やデータ処理のライブラリを組み込んだシステムとして開発を進めています。今後は実際の利用者の意見を聞きながら機能追加や改善を行っていく予定です。 【ワークスタイル】 どちらも顧客や社内のオペレーションや営業担当の意見を聞きながら、どのような機能を導入すべきかをチーム内で議論しながら開発を進めています。 開発はgitベースで、基本的にはpull requestをreviewしてもらってmergeするというフローで進めており、その中でノウハウがチーム内で共有されるように心掛けています。 リモートワークも可能で、フレックスタイム制と組み合わせることにより、各メンバーが最もパフォーマンスを発揮しやすい働き方を推奨するカルチャーです。 【求める人物像】 解決すべき問題に対して適切な手段や道具を選択しながら、サービス全体の視点を持って開発から運用まで関わることができる方。 SaaS提供のオペレーションに関わる社員や外部関係者の要望をくみ取って、システムの改善につなげることに前向きな方。 【あると望ましいスキル】 下記のような技術の利用経験や開発経験があり、既存システムの変更に対応したり、改善を提案したりできることが望ましいです。もちろん類似する技術での経験あったり、あるいは経験が無くても十分な学習能力があれば全く問題ありません。 ・Go言語でHTTPのハンドラからウェブアプリを組み立てる開発 ・Djangoで各種ライブラリを使いながらウェブアプリを組み立てる開発 ・UI、デザイン、インタラクションの設計経験 ・webサービス、アプリなどの要件定義、システム設計の経験 ・HTML/CSS/JavaScriptでの開発経験 ・フロントエンドフレームワーク(Vue, React, Svelteなど)での開発経験 ・MVCモデルなどのフレームワークでの開発経験 ・コンポーネントベースでのcss設計の経験 ・BEM、SMACSSなどを用いたCSS設計の経験 ・TypeScriptなどAltJsを使った開発経験 ・Dockerなどの仮想環境での開発 【メディフォン開発チームで働く意義】 足元で取り組んでいる2つのSaaS事業は、人命にも関わる非常に重要な仕組みを社会のインフラとして成立させていくチャレンジです。 まだ黎明期にあたる市場において、社会課題の解決につながるSaaS事業の開発とスケールに携わることができるのが、メディフォン開発チームにおけるキャリアの意義であり、魅力だと考えています。
1人がこの募集を応援しています

1人がこの募集を応援しています

話を聞きに行くステップ

  1. 応募する「話を聞きに行きたい」から応募
  2. 会社からの返信を待つ
  3. 話す日程を決める
  4. 話を聞きに行く
募集の特徴
オンライン面談OK

会社情報

2018/06に設立

72人のメンバー

  • Funded more than $300,000/
  • Funded more than $1,000,000/

東京都港区赤坂6-14-2 赤坂倉橋ビル3F