1
/
5
開発エンジニア(東京)
中途
1
エントリー
on 2022/05/09 76 views

DX本部で取り扱う製品をベースにした開発プロジェクトをお任せします!

株式会社アシスト

株式会社アシストのメンバー もっと見る

  • 2003年4月に新卒入社した外資系製薬会社において、営業職として、首都圏エリアを6年半担当。基幹大学病院における大型採用案件を通じて、顧客の真の課題にアプローチし、課題解決のためのソリューションを提案する提案営業を経験。
    2009年に人事部へ異動後は、パフォーマンスマネジメント、報酬管理、人事制度管理などの人事管理業務を通じて、人事としてのキャリアにおけるベースとなる経験を積んだ後、全社ヘッドカウント管理、新卒採用、新卒社員研修、キャリア採用、人事異動管理、定年再雇用管理などタレントマネジメントの一端を担う業務を経験。
    2020年1月より株式会社アシストにて、キャリア採用担当として、ダイ...

  • 伊賀 光映
    人事 / Recruiting Specialist / HR Tech検討

なにをやっているのか

株式会社アシストは1972年の創業以来、「IT×商社×コンサル」のビジネススタイルで「パッケージ・インテグレーター」という独自のポジションを確立しています。

担当業務はクライアントの課題・ニーズに応じて、課題抽出から現在取り扱っている60製品、さらには取り扱っていない製品を含めたソフトウェアの提案、導入、その後のサポートや研修まで。
職種を超えたチームが一丸となり、一気通貫でクライアントをサポートします。

徹底したサポート体制が評価され、現在では有効な契約社数だけでも約6,400社との契約を結んでいます。アシストでは長期的なお付き合いを前提にした活動をしており、クライアントの課題解決のために何が必要か、営業を起点にしてチームで何度も議論します。

また、Openwork「働きがいのある企業ランキング」では2020年に10位を獲得。総合評価では、「SIer、ソフト開発、システム運用」業界で5位を獲得するなど、働き方に関する施策にも力を入れています。お客様満足度も非常に高く、「コンタクトセンター・アワード 2016」において「最優秀テクノロジー部門賞」を受賞しています。高い技術力×徹底したサポート体制×社内教育を強みとした事業展開が高く評価された結果だと言えます。

そしてアシストは「日本オラクル」と深い関係にあります。1987年にオラクルの日本総代理店となり、その後アシストの中にグループ企業として「株式会社オラクル」を立ち上げました。現在ではOracle Database Appliance(ODA)において、日本国内のクライアントの課題解決への貢献が高く評価され、2年連続で「Oracle Excellence Award Partner of the Year: ODA - Global」を受賞しました。

また2020年からはマルチクラウド上でのビジネス展開を検討している等、更なる事業拡大を視野に入れています。

■会社紹介資料はこちら ■
https://speakerdeck.com/ashisuto_career/asisuto-cai-yong-pitutizi-liao-kiyariacai-yong-uke

なぜやるのか

アシストし合う、場をつくる。
私たちは何のために存在するのか。
その原点に立ち返った時、
アシストは改めて「人と人のつながり」という
かけがえのない財産に気がつきました。

変化の著しいIT業界の中にあって、
私たちは独立系という自由な立場にこだわってきました。
あえて開発をせず、世界中から最適なソフトウェアを
探し出すことに注力し続けてきました。
それは、お客様の実情に合わせてつねに柔軟かつ迅速な
課題解決策をご提案したかったから。

全社一丸となりお客様のために奔走する。
そんな数々の取り組みを、私たちは「超サポ」と呼んでいます。
そしていつしかその姿勢はアシストという一企業の枠を超え、
お客様同士の助け合いや、情報共有、
仲間意識といった絆にまで発展しています。

私たちはそんな「愉快」の輪が拡がることに、
最大の幸せを感じています。
IT抜きには世の中は動きません。
だからこそ、愚直なまでに「人と人のつながり」を重んじ、
誠実な心を持った社員を育み、
次の「安心」を追求することに意味がある。

社内に社外に、アシストし合い、喜びを分かち合う瞬間をつくる。
「超サポ愉快カンパニー」アシストです。

▼超サポ愉快カンパニーとは
アシストでは、営業も、エンジニアも、サポート部門のスタッフも、職種問わずクライアントの「最高」のために存在していると考えています。
クライアントの課題やトラブルを解決するために、課題の本質やニーズの抽出から実際の導入、その後のサポートや研修会の実施まで行うという徹底したクライアントファーストの姿勢を大事にしています。
全社一丸となりクライアントのために奔走する姿勢を社内外に示すために、アシストでは「超サポ」というキーワードを長年使ってきました。
そして結果生まれる「愉快」の循環を、もっともっと拡げていきたいという思いを込めたスローガンが「超サポ愉快カンパニー」です。

どうやっているのか

アシストにとって一番嬉しいのはお客様が笑顔になること。アシストの社員は、そのために「超サポ」に日々励み、その仕事を自ら愉しんでいます。その愉しい気持ちがお客様にも伝わり、 お客様と一緒に笑顔になれるビジネスサイクルの構築を目指しています。
お客様に高品質な提案をさせていただくためには、1回でも多くお客様を訪問し、お客様の近くで日々の課題を伺い、お客様のビジネスやシステムを深く理解する必要があります。そのため、アシストのセールスパーソンは、週15件、お客様を訪問することを目標にしています。

▼組織編成
社員の6割が技術部門所属。技術力が強みであることが裏付けられています。
年齢層は幅広いですが、エンジニアは30代のメンバーが中心となっています。
名古屋と大阪に支社を構え、北は札幌・南は沖縄まで営業所を持つなど全国各地に拠点があります。
また、1プロジェクトにアサインされるメンバーは約4~5人。多くても10名程度の、少数精鋭チームでプロジェクトを推進します。

▼社員の雰囲気
社員全員、「超サポ愉快カンパニー」のスローガンと「哲学と信念」を大事にしています。
アシストでは新規案件は少なく、既存クライアントとの長期にわたる信頼関係構築が重要です。真面目に、コツコツと、そして愚直にクライアント課題の解決のため奔走できる社員が集まっています。

▼社内委員会
アシストには「Bダッシュ」という社内委員会があります。
ここでは新しいソフトウェアの調査、検証、立ち上げを行っています。各部署のエース社員で構成されており、世の中のトレンドと、実際の現場で感じるクライアントの課題とのバランスを考えながら、新たにラインナップに加えるべきソフトウェアを世界中から発掘しています。

▼各種制度
アシストでは、クライアントだけでなく社員のことも「財産」だと捉えています。「超サポ愉快カンパニー」であるためには社員にも「愉快」を感じて頂く必要があり、各種制度を設定しています。

【人事評価】
・役割人事制度
社員の等級に応じた役割を設定し、達成度に応じた給与テーブルを用意しています。業績だけで評価するのではなく、チームとしての役割を果たせるかを重視しているアシストならではの制度であり、各種役割に応じた本制度は人事領域の専門誌に取り上げられた実績を持つなど、注目を集めています。

【その他制度】
・マイスター制度
アシストでは、更なる事業展開に向けて高度な専門的スキルを持つトップ技術者を育成するため「マイスター制度」を導入しました。トップ技術者として目指すべき技術者像を定め、キャリアパスを明確にすることで、技術者のスキルアップとモチベーションアップを図っています。

こんなことやります

【募集背景】
DX推進やコロナ禍によるビジネス環境の急激な変化により、ITを活用してビジネスを推進するには、これまで以上にスピーディーにサービスを開発しお客様に価値を素早く・継続的に届けることが求められます。
当社DX推進技術本部ではソフトウェアを「お客様が徹底的に使いこなす」ためのあらゆる情報やソリューション、支援サービスを総合的に提供してきています。今後はより強力に、お客様のDX推進、データ活用関連プロジェクト支援すべく、新たなチャレンジに取り組みます。
こういった背景のもと、DX本部で取り扱う製品をベースにした開発プロジェクトに従事する人員の強化を図ります。これまで個別対応案件として開発・システム導入まで担った実績をもとに、戦略的に、かつトライアルの位置づけとして推進します。
経験は浅くても学ぶ意欲のある方から、深い知識をお持ちの方まで幅広く募集をしております、是非この機会にご応募ください。

【仕事内容】
◎アシストが従来から実施している技術支援業務と異なり、本ポジションは製品開発業務となります。要件定義から製品導入まで行う業務です。
・データ活用(BI、DI)、SFA/CRM分野における開発、開発支援
・プロジェクトマネジメント
・プロジェクトマネジメント支援

【具体的には】
ー担当業務
・データ活用(BI、DI)、SFA/CRM分野におけるシステム開発、開発支援の提案
・要件ヒアリングからアプリケーション設計、開発、リリースまで
・案件全体のプロジェクト管理;小規模ならメンバーが担当。大規模なら上位役割者が担当
・プロジェクト管理支援;お客様やパートナー企業の開発プロジェクトの管理支援(フォロワー)

ー案件イメージ
・案件規模:1名(社内バックアップあり)~10名かそれ以上(パートナー企業含む)
・案件機関:1ヶ月(製品単体)~2年(基幹業務システム帳票まで複数製品、複雑な構成)
・一人当たり対応案件:2案件程度(規模等による)
※プロジェクト終了後はアプリ保守担当者がフォローを実施。
 必要に応じて開発担当者もフォローに参加
ーキャリアパス
 プログラマー(コーディング)→ SE → PL → PM

【ミッション】
・お客様のプロジェクトが成功すること
・お客様と合意したQCDSを完遂すること(S:Scope 作業範囲や成果物)

担当製品
・データ活用(BI、DI)、SFA/CRM分野を中心としたDX本部取扱い製品
・主な製品:Qlik、WebFOCUS、DataSpider、Salesforceの各製品

担当顧客
アシストのお客様の中でも特にお取引額の大きいお客様を中心に担当いただきます。また、全国のお客様が対象となります。(リモート対応、コロナ終息後は出張可能性もあり)

【所属】
DX推進技術本部 DX開発支援部 1課
※所属部署:約22名、6割が中途入社。
 DX推進技術本部全体で約240名

<部署の特徴>
配属部は3課で構成されており、それぞれ以下の役割を担っています。
・データ活用製品のプロジェクト管理・開発支援
・Salesforce開発支援
・アジャイル・DevOps支援
所属メンバーはプロジェクト管理、アジャイル、開発という各分野に精通しており、汎用的に通用するスキルを身に着ける環境が整っています。プロジェクトによっては、複数課で取り組むケースもあります。

【入社後の学び】
◆教育
・担当製品のトレーニング受講
・プロジェクトマネジメント標準の基礎教育、OJTリーダーによる実地教育
◆スキル
・データ活用分野、SFA/CRM分野の製品知識、開発スキル
・プロジェクト管理手法の習得、資格習得
・アジャイル開発手法の習得、資格取得
・顧客折衝、ファシリテーションスキル

【仕事の魅力】
・お客様の業務、システムへの理解を深め、お客様のプロジェクトの成功に直接寄与できる
 結果として、お客様とDXを推進するパートナーとして信頼関係も構築できる
・データ活用、SFA/CRM分野の開発案件に幅広く携わることで製品知識や開発スキルが得られる
・DX推進において最も需要が高いプロジェクト管理スキルを身につけることができる

【募集要項】
必須スキル/経験
・システム開発会社または企業のシステム部門での開発経験、5年以上(Web系)

【歓迎スキル/経験】
・Java/Python経験
・ウォーターフォール、アジャイル開発プロジェクトの経験
・プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダーの経験、資格保持者
・スクラムマスター、プロダクトオーナーの資格保持者

【求める人物像】
・自分を成長させたいと思っている方
・何にでも熱心で誠実に取り組める方
・新たな技術に興味を持ち、積極的に取り入れられる

会社の注目のストーリー

部門を超えたチームプレーが鍵!アシストのフィールドエンジニアのリアルを公開します
創業50年=古い社風は間違い?アシストのエンジニアが話す、挑戦できる環境と広がるキャリア
最大の差別化は"人"にある。「あまり儲けない」を掲げるアシストが、最高益を更新し続ける理由
エントリー状況は公開されません
30人が応援しています
会社情報
株式会社アシストの会社情報
株式会社アシスト
  • 1972/03 に設立
  • 1244人のメンバー
  • 〒102-8109 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷スクエアビル
  • 株式会社アシストの会社情報
    DX本部で取り扱う製品をベースにした開発プロジェクトをお任せします!