1
/
5
株式会社マツリカ

マツリカの人たち

Trending
Trending Posts

ソフトバンクを飛び出し6人目のメンバーとしてマツリカに入社した、たった1つの理由

はじめまして。 株式会社マツリカ営業支援ツールSensesのSalesチームとCustomer Successチームを担当している久保と申します。 最近はエンジニアのAyumu Sumidaと社内でチームを組み、新しいプロダクト開発にも関わっています。 ※Ayumu Sumidaのインタビューはこちら 僕は新卒で...

営業職から未経験でWebデザイナーを経てフロントエンジニアに。キャリアチェンジした今、成し遂げたいこと

株式会社マツリカに入る前 大学は法律学部で、ゼミでは行政法など学んでいました。個人的には刑法がおもしろくて勉強していました。 学生時代に大学で夢中になったものは特になくて(笑)、ゲームにはめっちゃハマってました。 当時、流行ってたウイニングイレブンなどのプレステゲームとか。 今、考えたら特に何もしてない大学生活で...

営業を変えたいと思う強い気持ちがあるから、自分が変える。 ー マツリカ 西村 瞳 ー

株式会社マツリカに入る前 学生時代は体育会ヨット部に所属していました。 スナイプという種類のヨットにクルーとして乗っていて、体力と精神力はここで鍛えられました。 ヨットを通して「まずは自分がちゃんとする」「初めは失敗するのが当たり前だから、できるまでやる」という、基本だけど、どんな場面でも大切にすべきことを学びま...

「世界を祭り化する」というミッション達成のために日々邁進

株式会社マツリカに入る前。僕は人を笑わせるのが好きだ! 私は滋賀県の田舎で育ってきました。幼いころは大人しい子と言われることが多かったのですが、中学時代から周りにガラの悪い同級生が現れ始めまして...

元バリキャリ商社ウーマンが、話題のSalesTechスタートアップでワーママやってます

こんにちは!マツリカの麻生です。今注目のSales Techスタートアップ、株式会社マツリカでインサイドセールスのチームリードをやっています。 マツリカ入社は昨年11月。あっという間に4か月半も経ってしまいました。 私は2人の保育園児を抱えていて、仕事にさける時間は短めです。それでもバリバリとエキサイティングな仕...

Latest
Latest Posts

カオスを乗りこなし、自らカオスを創り出せる人と働きたい。〜スタートアップで働くとは〜

マツリカの人たちを紹介していくシリーズ。 今回は大手企業から転職してきた3人のSalesメンバーの座談会後編!(前編はこちら!) 「スタートアップの環境」「スタートアップに合う人合わない人」を取り上げます。 リアルなスタートアップ転職を知りたい方におすすめです。 \座談会メンバーはこちら!/ 左から順に...

紫式部の手の平で転がされた神様がマツリカを”祭り化”する理由

マツリカの人たちを紹介していくシリーズ。 今回は、VPoC(VP of Corporate)として、経営企画・広報・人事・総務チームを統括する、神 重匠(じん あつよし)さんにお話を伺います。 ―マツリカでは“神様(かみさま)”の愛称で親しまれ、社員一人ひとりの祭り化を一番に考えている本当に神様のような方です。 ...

マツリカに入社した理由?”自分が実現したい世界がそこにあったから”

マツリカの人たちを紹介していくシリーズ。 今回は大手企業から転職してきた3人のSalesメンバーの座談会から、転職のきっかけやマツリカへ入社を決めた理由「なぜあなたはマツリカに?」を取り上げます☺  スタートアップ転職にまつわるリアルな声を聞きたい人にはぜひご一読ください〜! \座談会メンバーはこちら!/ ...

すべての企業にとって重要な「売上」に徹底的にコミットする!カスタマーサクセスの面白さ

マツリカの人たちを紹介していくシリーズ。 今回はカスタマーサクセスで顧客経験価値を高めるCX(カスタマーエクスペリエンス)を担っている松井優樹さんにお話を伺います。 ーマツリカではRED(レッド)の愛称で親しまれている松井さん。 本日はよろしくお願いします。 はい、よろしくお願いします。 「顧客経験価値を...

切符の買い方も知らなかった私がセールステックで起業した話【後編】

マツリカの代表取締役のひとりであるトムさんに創業までのストーリーをお聞きしてきました! ▶▶創業までのストーリーはこちらから! https://times.mazrica.com/feature/board-iisaku/ 後半では、創業してから今日までのマツリカと、会社の未来についてお話を伺ってみましょう! ...

大手企業の内定を蹴り新卒でスタートアップへ―価値貢献できる自信がありました。

マツリカの人たちを紹介していくシリーズ。 今回は、東大卒業後、新卒で当時社員数16名だったマツリカに入社し、現在は24歳にしてマーケティングチームを統括する伊藤佑介さんにお話を伺います。 ―マツリカでは「リバ」の愛称と、愛らしい一方毒のある素敵なキャラクターで愛されている伊藤さん。本日はよろしくお願いします。 ...

口下手でも外資MRのトップ営業に。逆境を乗り越えてきた僕がスタートアップに飛び込んだ理由

今回は、マツリカのカスタマーサクセスマネジメントチームを統括する中谷さんに、外資系製薬会社、コンサルティングファームを経てマツリカに入社するまで、そしてマツリカの「カスタマーサクセス」について、お話を伺ってみました。 📷 中谷 真史/マツリカ カスタマーサクセスマネジメントチーム 統括部長 ー マツリカでは...

リモートワークの理想と現実 in 沖縄|あなたはどちらを選びますか?

沖縄でフルリモートワークをしているエンジニアの高江洲 祐治 (たかえす ゆうじ)さんにお話を伺いました。 ―マツリカでは「UG」のニックネームで親しまれている高江洲さん。今日は、沖縄でのリモートワークについて良いところも悪いところも伺っていきたいと思います。よろしくお願いします。(ちなみにこのインタビューもリモー...

エンジニアの経験を活かして、プロダクトマネージャーの道へ

今回お話を聞くのは、マツリカのプロダクトマネージャーとして、クラウド営業支援ツールSenses(センシーズ)にまつわる意思決定全般を担当する隅田歩(Ayumu Sumida)さん。 隅田さんのキャリアのスタートは、システム開発のエンジニアでした。エンジニアからプロダクトマネージャーへ。どのような道のりを歩み、ど...

夢中になれる仕事で世界を祭り化!何かに熱中した「祭り化」の原体験はありますか?

マツリカの目指す「祭り化」とは? マツリカの「世界を祭り化する」というミッションは、時間も場所も一人ひとり自由に選択しながら働くマツリカで、メンバー間唯一の共通言語にもなっています。 祭り化というのは「人が何かに熱中、没頭している状態」のこと。 体育祭の準備期間にみんなで没頭してひとつのものを作り上げた創業者の原...

営業なんか恥ずかしい、と思っていた僕が、営業なんて最高だ、と言えるようになるまで

「僕がマツリカで挑戦しているのは、営業現場で感じたコンプレックスに光を当てること。」 そう語るのは、マツリカにて営業責任者を担いながら、2019年10月よりVPoPとしてプロダクト責任者ともなった、久保文誉さん(29)。 3年前、ソフトバンクから当時立ち上がったばかりのマツリカに飛び込んだ彼は、目まぐるしい変化の...

なりたい自分を実現することが一番大事!採用リーダーの面接にかける思い

たった1時間に、全力で臨む 「面接に来てくれた人が幸せな気持ちで帰れるように、面接でお話する1時間に全力を尽くします。」 そう話すのはマツリカの採用担当リーダーの原田美輝さん。 そんな原田さんに、採用に対する思いをお聞きしました。 ミッション・バリューへの共感は絶対 マツリカには「世界を祭り化する」というミ...

夢中になれる仕事で世界を祭り化する!「祭り化」の原体験はありますか?

マツリカの目指す「祭り化」とは? マツリカの「世界を祭り化する」というミッションは、時間も場所も一人ひとり自由に選択しながら働くマツリカで、メンバー間唯一の共通言語にもなっています。 祭り化というのは「人が何かに熱中、没頭している状態」のこと。 体育祭の準備期間にみんなで没頭してひとつのものを作り上げた創業者の原...

元バリキャリ商社ウーマンが急成長SalesTechスタートアップ、マツリカを選んだ3つの理由

こんにちは!五反田の急成長SalesTechスタートアップ、株式会社マツリカの麻生です。インサイドセールスのチームリードをやってます。 ▼私の簡単な経歴と、マツリカでの様子はこちら https://www.wantedly.com/companies/mazrica/post_articles/160554 前回...

世界を狙うプロボクサーが、SaaSのスタートアップで右ストレートを打つ理由

マツリカでインサイドセールスを担う久我さん。プロボクサーとして世界チャンピオンを目指しながら、営業に課題を抱えるお客様と向き合う思いを伺いました。 久我 勇作 プロフィール 1990年、東京都大田区生まれ。日本のプロボクサー。第40代日本スーパーバンタム級王者。2019年2月、インサイドセールスチームメンバーと...

Followers
Posts
25
Likes
375
About
マツリカの人たち
マツリカで働くメンバーのご紹介!
Writers