1
/
5

私の育ったところ〜今いるところ

Photo by Bethany Legg on Unsplash

ご覧いただきありがとうございます。

佐々木真吾と申します。簡単に私の話をさせていただきます。(5分ver,)

日本・東京の両国生まれ。

生まれた頃から周囲にお相撲さん、もちろん小学生の行事は「わんぱく相撲大会」(筆者は初戦敗退)。

その後杉並区に越し、日大二中〜二高、終生の友人を得ます。バスケットボール・バレーボール・サイゼリアで青春を謳歌しました。

受験で早稲田へ入学し、社会学を学びに。図書館・授業・NPOが好きな一方で、家庭教師・ホテルのベルボーイ・レストランのアルバイトを通し世の中を学びました。

「将来何したいか問題」は解決できず、社会人まで持ち越すことに。

本が好きだったので出版社への転職の内定をもらうも、「鶏口牛後となるなかれ」、本好きが重宝されそうなアパレル企業へ転職します。

そちらでは、最高の商品・同僚・経営者に恵まれ、MD(マーチャンダイジング)見習いとして約3年、
その後マーケティング・販売戦略・素材開発・人材開発など、幅広く関わり、合計8年勤めました。

特に会長からの学びは、一生涯を変える、変えのない素晴らしいものだったと心から感謝しております。

※前職・鎌倉シャツからの学び(まとめ)はこちらから ※noteへ飛びます
https://note.com/sasakishingo/n/nfe80124edcd3?magazine_key=m0236829bacbe

その後、語学をブラッシュアップさせたい、メルボルンへ行きたい!とワーホリ・ビザを使い渡航。

初めての海外暮らしに、試行錯誤しますが、得意のバレーボールのおかげで現地に溶け込みました。

コロナの影響で2019年5月帰国。 その後現在に至るまで・・・

①教育NPOのオンライン事業の戦略設計、②婦人アパレルの国内マーケティング・プロモーション、及び越境ECの設計をしております。

①では、特にコロナで顕著になった学習機会の少ない子供たちへの、パソコン付与〜使い方の相談〜楽しいコンテンツ(を考える講師の方のアサイン・モチベーション維持)の企画・運営を担い、約1000人の子供たちへ学習機会を与えることに従事しております。
またこれらの施策・経験を中央教育委員会へICT教育のサンプルとして提出する準備をしております。

②では、ブランド・マネージメントのリーダーを拝命し、ブランディング・マーケティング戦略を行っております。
具体的に申し上げますと、現在行われていない販促の試行錯誤、また新規事業としてメンズファッション事業の総合プロデュースをおうせつかり、日々価値を提供しております。

取り急ぎ以上となります。

何かのご縁でお力添えできることがあれば幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。