Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

なにをやっているのか

株式会社LOGICAは「煩わしいこと」「面倒なこと」「創造的でないこと」を楽にできるようなサービスを作りたいと思い今まで様々な事業を考えたり試してきたりしました。

現在、弊社ではCoinboard(https://coinboard.me)という仮想通貨の保有量割合や総資産を一括チェックできるサービスを開発しています。複数の取引所とAPI連携することでご自身の取引履歴や残高を自動でCoinboardへ取り込み、取引履歴や資産推移を取引所を横断してまとめてチェックすることができます。

現在は取引所APIとの連携だけですが、中長期では分散型取引所やウォレットとの連携も行ったり、Coinboard上でポートフォリオを調整できる機能を追加していく予定です。

なぜやるのか

2017年はBitcoinやEthereumを始めとする仮想通貨の価格が急激に上昇し、多くの投資家や開発者が仮想通貨の市場に参加するようになりました。しかし、この急速な市場拡大の一方で仮想通貨を利用する上では多くの課題が残されています。

【投資に関する課題】
現在Coinboardが解決しようとしているのは投資に関する課題です。私達投資家は仮想通貨の購入や取引を取引所を通じて行いますが、取引所によって取り扱う仮想通貨の種類が異なるため複数の取引所を利用している投資家の方が多くいます。

全ての取引所で投資パフォーマンスや保有残高をチェックするだけでも十分手間がかかりますが、セキュリティ向上を目的として二段階認証を導入している場合はさらに手間が大きくなります。

今後、Bitcoinなどが決済手段として広がれば仮想通貨の管理や情報の把握はもっと複雑になっていくことが予想されます。Coinboardではこれらをサポートし、より便利に仮想通貨を利用できる世界を作ろうとしています。

どうやっているのか

オフィスは社長の自宅兼オフィス、代表を含めてまだ2名(業務委託の方を含めると5人)の会社で、スタートアップ感満載の会社です。会社のカルチャーも今から作っていく、そういうフェーズです。

プロダクト開発に加え、弊社ではブロックチェーンや仮想通貨関連プロダクトのリサーチや技術理解にもしっかりリソースを割いていきます。

仮想通貨関連の技術は現段階でもまだまだ発展途上であるために大きな脆弱性が見つかったりコミュニティの対立が起こったりすることが頻繁にあり、まだまだ不安定であることは確かです。

今後、Coinboardではウォレットや分散型取引所に対応していく予定ですが、これらを安全に行うには技術仕様やHFによる状況の変化などを常にウォッチしておく必要があります。また、どういうプロダクトを作っていくか、どういう展開を行っていくかという経営上の意思決定に関しても技術理解なしに進めることは非常に危険だと考えています。

現在は代表がプロダクト開発の合間にリサーチをやっているのみですが、今後はリサーチと新技術のテストをメイン業務とするメンバーの採用も行っていきます。

Page top icon