What we do

Deep Learning技術を応用した次世代型店舗解析ソリューション「ABEJA Platform for Retail (B2B SaaS)」
IoT、Big Data、そしてDeep Learningをはじめとした最先端のAI(人工知能)テクノロジーを集結した革新的AIプラットフォーム「ABEJA Platform (PaaS)」

ABEJAは、蓄積されたビックデータから、人間の手を介さずしてそのデータを適切に表現する特徴を自動的に見つけ出す「特徴量抽出」の自動化を行う「ディープラーニング」を活用し、多様な業界、シーンにおけるビジネスの効率化・自動化を促進するベンチャー企業です。 2015年10月に小売・流通向けのB2B SaaS「ABEJA Platform for Retail 」をリリース。 既に80社500店舗が導入しており、プロダクション環境で数千台のIoTデバイスが稼働しています。 2016年11月には「人工知能(AI)のAWS」となるべく、IoT×Big Data×AIの最先端テクノロジーを結集した革新的AIプラットフォーム 「ABEJA Platform」の提供を開始。 ダイキン工業など製造業を中心に、AIの先進的な活用事例を創出しています。 グローバル展開も推進しており、2017年3月にシンガポール現地法人『ABEJA SINGAPORE PTE.』を設立。 同年4月には、米NVIDIA社から出資を受け、アジア企業初の資本業務提携を実施しました。 https://goo.gl/eWvCDk 2018年2月22日『革新的AIの連鎖がはじまる日』と題して、1000名規模のカンファレンスを開催しました。 https://six.abejainc.com/ [参考記事] ・AIが買わなかった人の行動を分析、「売れない理由」をあぶり出す http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/DTrans/ecs/121600049/ ・ディープラーニングが建築物の設計ミスを指摘し、新薬開発を助ける http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/DTrans/ecs/121600050/

Why we do

Mission:テクノロジーの力で産業構造を変革する
Vision:イノベーションで世界を変える

【ミツバチの様に技術の種を運び、イノベーションの循環を生み出す】 ABEJA(アベジャ)は、スペイン語で「ミツバチ」の意。 植物の受粉を手伝い、世界の食料生産を根本から支えるミツバチのように、社会とってなくてはならない存在になろうという思いが込められています。 世界中に散らばる技術の種を見つけて、新たな事業を生み出す。 そして、事業で得た収益を研究開発に投資して、次の技術の種を作る。 このプロセスを繰り返し、イノベーションを起こし続けるテクノロジーカンパニーを目指しています。

How we do

アメリカ、インド、中国など10ヶ国籍以上、総勢60名のメンバーが在籍しており、多様性を大切にしています。
ABEJAはテクノロジーとビジネス双方の観点を持つ「Technopreneur」が集まったチームです。

■ABEJAが掲げる5つのクレド 企業の意思決定における優先順位を明確に定めています。 1.Innovation(革新性) 2.Sociality(社会性) 3.Members(メンバー) 4.Client(クライアント) 5.Profit(利益) https://abejainc.com/recruit/ja/message/ ■世界中から集まる仲間 10ヶ国籍以上からメンバーが集い、メンバーの25%はインターナショナル。外資系、東証1部上場企業の経営幹部、スタートアップ経営陣、ITメガベンチャーなど様々なバックグラウンドを持つメンバーが、専門性を活かして活躍しております。

Page top icon