1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

BitStarでは主にクリエイタープロダクション事業、コンテンツ制作事業、インフルエンサーマーケティング事業を展開し、複数事業の垂直統合とシナジー発揮による価値最大化を目指しています。 ■クリエイタープロダクション事業 クリエイターの“やりたい”を叶え、スターへの道を全面サポートするクリエイタープロダクション「BitStar」を運営。 ソーシャルメディアでの成長支援のみならず、企業タイアップ案件の獲得支援、メディア露出支援、イベント運営や物販、音楽活動のプロデュース、その他手続き業務(コンプライアンス、確定申告、経理、賃貸契約)など、クリエイターを幅広くサポート。さらなる活躍の場を提供し、クリエイターの可能性と成長を最大化します。 ■コンテンツ制作事業 コンテンツスタジオ「BitStar Studio」や、VR/VTuber研究所「BitStar Akihabara Lab」を運営。 「BitStar Studio」は、企業のYouTubeチャンネルの動画制作及び運営などを行うコンテンツスタジオです。コンテンツを通じ、顧客と高いエンゲージメントを構築させブランディング / 認知 / 収益性の向上を実現します。 「BitStar Akihabara Lab」では、VTuberキャラクターの運営や日本最大規模のVTuberイベント「わくわく!VTuberひろば」を運営しています。VTuberイベントにおけるVR/ARエンタメ技術を提供し、キャラクター価値の最大化とXR領域への進出を目指します。 ■インフルエンサーマーケティング事業 インフルエンサーマーケティング「BitStar Ads」を運営。 広告主に対してクリエイターやコンテンツを活用した新しいマーケティングソリューションを提供しています。様々なソーシャルメディアでのクリエイターキャスティングのみならず、クリエイティブの制作、広告運用、番組制作、イベント協賛など、認知から購買、オンラインからオフラインに至るまでのトータルソリューションをサポートします。

なぜやるのか

我々BitStarのミッションは「100年後に名前が残る産業・文化をつくる」です。 YouTuberをはじめとしたクリエイターと呼ばれる人々は、既に新たな産業・文化が築き上げられてきている中の重要な担い手となっています。 タレントでもあり、コンテンツの制作者でもあり、自身がメディアでもあるという特殊な存在である彼らは、新しい時代のスターであり、ニュースタンダートでもあります。そんなクリエイターが活躍できる環境を一緒につくり提供していくことで、100年後にも残るような産業・文化を育て、その先の人々に幸せや感動を提供したいという想いが根底にあります。 そしてより多くの人とその人が持つ輝きを世界中に届ける。伝わる速度を加速させる。 100年後に名前が残る産業・文化をつくるために、我々はそんな存在であるべきだと思っています。

どうやっているのか

BitStarでは様々な事業を展開していることから、セールスやクリエイターマネージャー、デザイナーやエンジニア、チャンネルディレクターなど多種多様な職種・バックグラウンドのメンバーが在籍しています。 それぞれのパフォーマンスを最大限発揮するために、事業部間の連携だけでなく 下記のバリューを掲げ、日々励んでいます。 ■はみ出る。#Creativity 想定内より、想定外へ。 既知より、未知へ。 いつもと同じ。から、 少しでもはみ出ようとする 好奇心の加速が、 ヒトの気持ちを動かす。 「いつもどおり」ではなく、「ちょっとはみ出てみる」と、見える景色が変わるかもしれません。 100年後の未来を大きく変えちゃうこともできるかもしれません。 そんな、ちょっとした好奇心とチャレンジと、想定外の事が起こるかもしれないアイディアと、 少しでもワクワクする世の中へ変えちゃう好奇心を、我々は大切にしてします ■突き抜ける。#Professionalism 期待の、一歩先へ。 限界の、一歩先へ。 チャンスの神様はいつだって、 技術を加速させようとする その意志と、努力に微笑む。 新しい時代を創るにはには、期待の一歩先、限界の一歩先へ、予定調和を突き抜ける力が必要なのかもしれません。 様々なコンテンツを扱うBitStarだからこそ、技術を加速させようとする意志を大切にしています。 自らチャンスを掴み、明るい未来を切り拓こうとする原石を全力で応援します。 ■団結する。#Unity 尊重は、絆を生む。 絆は、強いチームを生む。 肩書きや職種を超えて団結する チームの加速が、 困難を乗り越えていく糧になる。 尊重し合う事により絆が生まれ、その絆がないと強いチームは生まれないと我々は考えます。 縦や横の繋がり、肩書や職種に囚われず、楽しい未来を創っていく仲間がいることが、 はみ出る原動力に、突き抜ける底力になるでしょう。