1
/
5

ブライエッジのこれは読むべき!バイブル4選

※最新情報は自社ブログにて!


こんにちは!インターンの松田です。

今回はブライエッジのバイブルと言える本を4冊、ご紹介したいと思います。


面談ルームの奥にある本棚にはブライエッジのバイブルが。社員はいつでも借りていいことになっています。


これらは全て松田の私物です。毎日読んでいるくらい素敵な本です

左から順番に紹介します。


『素直な心になるために』著:松下幸之助さん

素直な心とは何か?素直な心になるとどんな良いことが起こるのか?を詳しく説明されています。
ビジネスシーンにおいて「自責」という言葉はよく使われますが、素直な心と通じるものがあるかもしれません。

『生き方 人間として一番大切なこと』著:稲盛和夫さん

モノづくりから始まった人生。サブタイトルにあるように、人間として一番大切なことは何か?を常に追求していった人生だからこそ得られた人生哲学が書いてあります。

『仕事の技法』著:田坂広志さん

この4冊の中で一番実用的と言えるのがこの本。様々なビジネスシーンに合った教訓があります。
読んですぐに実践したくなることがたくさん!

『なぜ、働くのか』著:田坂広志さん

「生死を見据えた仕事の思想」というサブタイトルで、仕事に対して生と死をいう観点からアプローチしています。そんな本は他にないのではないのでしょうか。

これらの本から、ブライエッジの基本となる行動指針、
《愛・感謝・素直・誠実・利他・目的・継続・智慧・反省・発展》
この10項目が生まれています。
入社が決まった方には、ブライエッジの基本を吸収するために、上記4冊の本を読んでいただいています。

上記4冊はどれも本当に素晴らしい本ですが、特に『生き方』は時系列に沿って書いてあるので
稲盛和夫さんの人生の壮絶さがわかり、大変面白いです!


4冊買っても定価で3500円ほど!
通勤時間中などにぜひ、皆さんも読んでみてください。

ブライエッジ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング