1
/
5

【イベントレポート@NYC】不動産テックイベント、Inman Connect NewYork 2018に参加してきました!

NYCで開催された不動産イベントに参加してきました!

イベント概要はコチラ:Inman Connect – New York 2018

Inman Connectとは?

アメリカの不動産メディアのInmanが主催している不動産系イベントです。Inman自体は不動産業界向けのメディアなのですが、内容は全体の7〜8割くらいがテック系の内容でした。

会場はタイムズスクエアど真ん中のマリオットホテル!

4000人以上が参加して300人以上のスピーカーが6個くらいのブースで一週間しゃべり倒すという内容で、内容は多岐にわたります。テーマは...

・テック系
・マーケ系
・不動産業界系
・スタートアップ運営系
・金融系

上記の様な分類でした。テック系以外のテーマについてもほとんどがテック会社の何らかのテーマに絡めて発表がされていました。例えばマーケ系だと、インスタやFB広告の有効活用方法とか、不動産業界系だと安全な与信確保のための個人情報管理とか照会のサービスとか業務効率改善のためにツール活用とか、金融系も不動産テック銘柄の市況とか資金調達状況とか、スタートアップ運営系だとシリコンバレー流の会社運営とか。

↑↑会場の様子

半分くらいの登壇者は

Zillow
Opendoor
Redfin
Compass

の関係者だった気がします。それぞれの企業のVPクラスがたくさん参加していました。これらは全て米国の大手不動産ポータル。日本でいうとポジション的には、スーモ、LIFULL HOME'S、アットホーム、あたりが並んでいる感じです。

特にCompass関係がものすごく多かった!Compassは2012年創業の若手で何度かのピボットを経て主にエージェント向けのプラットフォームを提供しています。既に2000億円の評価額で800億円を調達しておりものすごい勢いで成長しているようです。それ以外にもGoogleやFacebook社のようなテック大手企業の不動産業界へのサービスラインナップや事例も多く紹介されていました。

基本的には不動産業界の総合的なイベントなのにここまでテックに寄った内容になっているのが印象的です。登壇者も決してテック部門の人間だけではないのに、テック系サービスの深い洞察を話してくれていました。Inmanのメディアのターゲット層の問題なのかもしれませんが、日本よりも不動産業界自体のテックへの関心度や期待値が高いのかもしれません。

不動産テックの紹介

テック系のテーマとしては、

・CRM系 4割くらい
・広告管理、マーケ管理系 3割くらい
・VR系 1割くらい
・IoT系 1割くらい
・認証、個人情報系 1割くらい

みたいな印象です。

いずれも各プロダクトの中の人の話がきけたり、導入事例の会社が実際の利用状況を話したり、今後の可能性がきけたりと、とても興味深かったです。これらの発表のほとんどはブースエリアで展示が行われているので、あとからゆっくり話を聞くこともできます。


BULBが昨年から取り組んでいるVR系だと

Matterport
iGuide
GeoCV
Nodalview

といった会社が見られました。個人的にはIoT系がもっとたくさん見たかったんですが、まだあんまりサービスがないのか、イベントと親和性が低いのかブース出展はゼロだった気がします。

Live Problem Solving

また面白かったのが、Live Problem Solvingという枠が多くあり、2〜3名の各業界の登壇者に対して挙手制で一般参加者が登壇して何でも質問して回答してもらうというもの。

日本での開催だと参加者も遠慮してしまいあまり質問をする人がいなさそうですが、さすがのお国柄の違いで、参加者がガンガンステージにあがっていきます。15〜30分くらいの枠で2〜3分おきに入れ替わり立ち替わりで質疑が飛び交っておりました。

まとめ

総合的にみて、米国の不動産テックトレンドを肌で感じて一次情報として取り入れられたのはとても貴重な体験になりました!

英語力不足と事前勉強不足で、不動産専門用語や固有名詞が全然入ってこなかったので、次回があればもう少し予習して参加したいと思います!FY2018はBULBで不動産関連の新規事業をどんどん進めて行く予定です。是非、ご興味をお持ちの方はお気軽に連絡を下さい!ご連絡お待ちしております!


リモートでVR新規事業
場所も時間も関係ない!!VR系新規事業に取り組みたいエンジニア募集!
BULBは札幌発のスタートアップです。本社は札幌ですが、コロナ禍以前からフルリモートで事業を行っており、全国からメンバーが活躍しています。フルリモート・フルフレックスを文化の中心に据え、新規事業の創出支援に挑戦しています。 「ヒラメキを解放して世界を照らす」をミッションに、スタートアップの開発・新規事業立ち上げ支援のほか、自社開発事業なども幅広く手がけています。 ■ スタートアップの新規事業開発支援ビジネス 「スタートアップの事業開発を支援するスタートアップ」として、これまで100社以上の支援を行ってきました。下記は実際にBULBと共同で事業の立ち上げを進めて来た事例になります。 ・ubo(飲食 × Tech) ネットで注文、無人で受け取りができるサービス「 Servbo01」を展開するuboとの共同事業です。オーダー、商品受渡、デジタルサイネージ、調理など飲食店のあらゆる作業を無人化する自動レストランのシステムを開発。2018年11月に秋葉原に店舗オープンして実証実験中です。 ・STYLE PORT(不動産 x Tech) いつでも、どこでもVR内覧ができるサービス「ROOV」。マンション販売における新しいツールを提供します。 ・売り子ーる(スタジアム x Tech) 野球やサッカーなどをスタジアムで観戦されていらっしゃる方が、座席からスマホで簡単にフードやドリンク、グッズなどを注文することができるサービスです。オーダーが入った後には座席まで直接売り子の方がグッズをお届けし、新たなスタジアム体験を提供します。アプリDLもユーザー登録も不要で、観客の方は大事なシーンを見逃すことなく観戦することができます。 ・CoLife(住宅 x tech) 「おうちの体調管理をはじめよう」をコンセプトに、暮らしを快適にする家ナカのトータルサービス「iecon」を開発支援。該当の分野では大手導入実績No.1となっています。 ■自社事業 100社以上の支援実績の中から得られた知見と高い技術力を活かし、新しい自社事業開発に取り組んでいます。下記はその一例です。 ・108Sharing Airbnbのクローンサービスをベースに、シェアリングエコノミーのサービスの開発を簡単に行えるサービスです。これまで、500社以上のヒアリング・コンサルティング実績、100社以上の導入開発実績があり、日本のシェアリングエコノミーサービス開発を牽引してきました。 ・AUTOFLOOR オフィス間取り自動シミュレーションサービスの”AUTOFLOOR”. プロダクトの根幹である3Dエンジン”TARUMAE”も内製しており、モバイルデバイスでも快適に動作するサービスとなっております。 ・MatchaNote 茶道のお稽古支援アプリです。お稽古記録の投稿、共有、茶道事典、茶道ニュースなどの機能を提供しています。
BULB株式会社
BULB株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings