1
/
5

【就活のはじめ方】2019年新卒・就活スケジュール完全版

みなさんこんにちは。株式会社キャパ/採用担当の阿部です。

19卒と呼ばれるみなさんは、学校内でもじわじわと就活の話題が増え始めてきた頃かと思います。だけど実際就活って何から始めればいいのか、悩むことはありませんか?

短期決戦と揶揄される昨今の就活では、まずはいつまでに何をすればいいのか全体のスケジュール感をつかむことが重要です。この記事ではいつまでに何をするべきかに焦点をあててご紹介していきます。


▽関連記事はこちら



1.まずは、全体の流れを把握しよう


就活スケジュール早見表:引用元


まずは年間を通した全体のスケジュールを確認してみましょう。「え?!まだ何にもやってないんだけど」なんて方も心配いりません。上記の表はあくまでもスケジュールに余裕をもたせたモデル例であり、就活は内定を早く獲得するための戦いではありません。現在(2017年11月時点)から、できることを下にまとめてみました。


いま(2017)11月〜2018年2月 自己分析/業界研究/職種・企業研究
2018年3月〜  企業エントリー、説明会への申し込みを開始
2018年4月〜  ES(エントリーシート)の作成、提出
2018年6月〜  試験/面接
(2018年6〜9月) 内々定が出される
2018年10月  内定式


つまり、

来年の3月までに、自己分析/業界研究/職種・企業研究を済ませておく

と安心ということ。残り約3か月で、自分はこれからどんなことがしたいのか?しっかり見定めていきましょう♪


2.今日から3か月かけて進めていくことを確認


全体の流れが掴めたら、最初の一歩として来年の3月までに済ませておきたいことを以下で簡単にご紹介します。


今から3か月でやっておきたいことその1:自己分析

自己分析とは、その名の通り自分を深く知ることです。自分のことは自分が一番わかっていると思ってしまいがちですが、実はそんなことはありません。就活ではこれから先の"未来"にフォーカスしがちですが、面接官や会社の担当者は「あなたがこれまでどんな人生を歩んできたのか」「自分のことをどんな風に認識しているのか」「どんなことを大切に考えているのか」ということに興味を持っています。自分を正しく認識することのできる客観性は、社会に出てからも非常に重要なスキルとなります。自己分析には様々な方法が存在しますので、とにかく色々なツール・書籍・web診断を駆使してみることをオススメします。




今から3か月でやっておきたいことその2:業界研究

自己分析で自分のことを客観的に理解することができるようになってきたら、次は業界研究をしてみましょう。自己分析によって自分に興味のある業界のイメージが掴めてきたら、業界研究ではその業界の構造について理解することがポイントです。その業界はどのように利益を得ているのかなど、「自分のやりたいこと」という観点からではなく世の中の仕組みの1つとして業界を俯瞰できていることは就活において大きな強みにもなります。



今から3か月でやっておきたいことその3:職種・企業研究

自分のこと/興味のある業界についてだいたいを知ることができたら次は具体的な職種・企業についての研究へと進みましょう。大きなイメージを掴んでからだんだんと詳細に迫っていくイメージです。職種研究では自分のやりたいことを実現する手段としてどんな職種があり、その仕事は具体的に何をするのか?必要なスキルは何か、といったことを調べていきます。例えば「マーケティングの仕事」と言っても具体的な業務のイメージは難しい方も多いのではないでしょうか。このように本質が見えにくい職種というのも多く存在しています。企業や時期によっても仕事内容が変わる職種もありますが、「だいたいどんなことをするのか」実際に調べてみると新たな発見があるはずです



3.来春(2018年3月)から、エントリースタート!



万全の状態で来春のエントリー開始を迎えられることを目標に着々と準備を進めていきましょう。

こちらの記事で、これからエントリーシートの書き方面接でのマナーについてもご紹介する予定です。

これから本格化する就職活動ではスケジュールに追われ、辛いこともあるかもしれません。本来の目的を見失ってしまいそうになるときもあるかと思いますが、無理せず・自分のペースでより良い企業を選ぶことができるように頑張ってくださいね。

必ず、あなたを必要としている会社に出会えるはずです。


それでは!


▽株式会社キャパについて [秋葉原のシステム開発会社です]

▽筆者について [入社前にこんな記事を書きました]

株式会社キャパでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング