1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

中小企業に「経理担当がいなくても回る」仕組みを提供します。
会計・税務のプロが作った、クラウド会計をフル活用した代行サービス。
Cashmo(キャシュモ)は中小企業における資金繰りを主とした不安定な経営状態という課題の解決を実現するための中小企業向け経営コンサルティングファームです。 日本には約360万社の企業があり、その内99.7%が中小企業です。 キャシュモの使命は、そんな日本経済を支える中小企業の持続可能な経営基盤を整え、成長・発展し続けることができるように支援し、日本が元気を取り戻すように貢献すること。 第2創業期を迎え、日本一の中小企業向け経営コンサルティングファームをビジョンに掲げて走り出しています。

なぜやるのか

代表の梶井は税理士登録から16年目の経理・会計・税務の専門家です。
累計1000社以上の経営支援実績がある会社の新規事業から生まれました。
「キャッシュフロー経営で日本を元気に」というミッション達成にむけて、数字に強い経営者を育てるためです。 代表の梶井は会計事務所での数百件の実務経験を経て、2004年に税理士法人を立ち上げました。そこから15年以上経った今でも「数字に強い経営者を育てる」という目的は変わっていません。 経営者の一番の不安は「資金繰り」。一般的な経理代行サービスは、請求書発行・振込手続・記帳代行など、バラバラのサービスの寄せ集めでクオリティが低いのが現状。 私たちは、安定した資金繰りによるキャシュフロー経営をお手伝いしています。 またCashmoの母体となるキャシュモグループでは、多角化経営を行っています。現在は税理士法人・コンサルティング会社・社会保険労務士法人がグループ内にあり、ワンストップで経営課題を解決できます。結果的に累計1000社を超える経営支援実績を超えるほどに成長しました。 さらに来たるべきAI時代に企業が生き残るためには、生産性をいかに上げるかがカギとなります。クラウドツールの実践、最新技術のキャッチアップ、RPA・AIの導入により、さらなる効率化をいち早く進め、事業をスケールアップしています。

どうやっているのか

社員旅行も行っています!写真は昨年の滞在先のハワイにて。
メンバーが一致団結するための社内イベントにも全力です!
現在Cashmoは第2創業期として、日本一へのステージに向け拡大をしているフェーズです。 日本一の中小企業向け経営支援コンサルティンググループになるべく、2026年度に日本一のシェアを持つことを「ワンチーム」で目指しています。