Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
646人のフォロワー

メンバー

全員みる(9)

なにをやっているのか

キャスターは「リモートワークを当たり前にする」というビジョンを掲げて、『Caster Biz』というオンラインアシスタントサービスを提供しています。リモートワークという新しい働き方には、空いた時間を有効に使える。世界中どこにいても仕事ができる。といったような新しい自由な可能性があります。

こういった場所にとらわれることのない、リモートワークという働き方ができる人を増やしていけるように『Caster Biz』『Remote Style』といった複数のサービスを展開しています。

2016年8月には1億円の資金調達を行いました!
これから一緒に組織を伸ばしてくれる方を募集しています!

[参考記事]
リモートワーク人材事業のキャスター、大和企業投資より1億円を資金調達
http://thebridge.jp/2016/08/caster-funding-100m-yen

なぜやるのか

弊社代表の中川が前職の際、クラウドソーシングなどのサービスに大量に案件を発注していました。

ただ、その際に依頼する金額は「最低賃金」などの法的規制もほとんど効かない非常に低い金額でした。

そういった仕事でも、やる人たちがいるのでドンドンと値下がりが起こっており、とても持続可能な状態とは感じられなかったのがきっかけです。

本当にスキルがある人も、初めてその仕事をする人も
デザインの仕事など以外はほとんどが価格差が存在しません。

もちろん、納品物に差が有るので、依頼者は作業者の「当たり外れ」を感じる事になります。
ただ、それは本来の姿では無いと考えていました。

スキルが有る人には、初めからそのスキルを発揮出来る仕事を適正な価格で提供した方が生産性や効率の観点から必ず正しいと感じたからです。

どうやっているのか

キャスターで働くのはほとんどが女性です。
しかも、子育て中やセカンドキャリア、結婚したての人からご事情でシングルで仕事されている方など様々です。

ただ一つ言える事は、彼女達は他に替えようの無い仕事としてキャスターを選択し、活躍してくれています。

彼女達の力を最大限発揮させられるような形でクライアントに提案する。それが出来るメンバーを揃えていきたいと考えています。

ソーシャル

私たちについて

キャスタービズは、オンラインで働いている優秀な人達に、適切な仕事が供給されていない現状を解決したいという想いからスタートした事業です。
今は、クリエイティブ作成や、エンジニアなど一部の限られた専門職以外は、オンラインでの仕事という物自体が非常に少なく、必要十分な報酬の貰える仕事もほとんど有りません。
場所に囚われずに、自由に働きたいという想いがある人達はたくさんいると思っています。
そういった人達に、キャスタービズが適切な仕事を供給する事でその想いを実現化して貰えればと考えています。

インタビュー

株式会社キャスターの募集

関連記事

Page top icon