1
/
5

圧倒的カノウセイニスト。横谷尚祈〜何があっても決して諦めない東北男児〜

普通の大学生だった自分を変えた出会いと予期せぬ出向

-1月度MVP受賞おめでとうございます!まずは横谷さんの前職時代のお話を伺いたいです。最初にキャリアを考えたきっかけは何でしたか?

横谷:よくある話ですが、大学生の時は将来やりたいことが決まっていない状態で就活していました。就活の軸は、幅広い業界が知れて、成長速度が速く、そして営業職に就きたいという3点でした。その中で無形商材を扱う人材業界やコンサル業界を中心に考えていました。

-最終的にインテリジェンス(現パーソルキャリア)に入社を決めた理由は何でしたか?

横谷:当時の自分は、他人の価値観と向き合うことがすごく苦手でした。選考が進んでいく中で、インテリジェンスの方がそんな自分自身のキャリアに本気で向き合ってくれたんです。最終面接前の面接でうまく自分の思いを伝えられなかった時も何故うまく言えなかったのか、どうすれば次にうまくいくのかといったことに真摯に向き合ってくれて、その時期だけでも自分自身の成長をすごく実感できました。そんな風に一人ひとりに真摯に向き合ってくれる会社であれば、入社後も成長できると確信を持てたので入社を決意しました。

-良い話ですね!インテリジェンスに入社後はどんなお仕事をされていたのですか?

横谷:インテリジェンスでは人材紹介の事業部で営業を…と言いたいところですが、いきなり予期せぬ出来事が起こりました。当時はリーマンショック直後で、人材業界が大不況。入社後、即出向するという悲劇的な展開でした…(笑)。

某有線放送会社で光通信の訪問販売という夢にも思わなかった仕事でしたが、今思えば営業の基礎を創ってくれた良い想い出です(笑)。でも当時は本当にキツかったですし、何度も転職を考えましたね。

-そんな展開が待っているとは…。そこで辞めることなく続けられた理由は何でしたか?

横谷:当時の先輩に「営業とは何か」ということを教えてもらい、まずは1年間しっかりやりきろうって思えたからですね。ここでは言えないようなドラマもいろいろとあったんですが、頑張りが認められて出向から1年で戻ることができました。

あえて自分の一番苦手なことに

-言えないようなドラマが気になりますね(笑)。インテリジェンスに戻ってからはどんな仕事をされていたのですか?

横谷:出向から戻る時に配属希望を出せたんですが、あえて自分にとって一番難しいと思っていた派遣の領域の事業部に希望を出しました。派遣の領域は、法人側にも個人側にも向き合う仕事で、当時の自分に欠けていたものを補ってくれるのではないかと思ったからです。その後、新規事業領域の立ち上げや、名古屋支社の立ち上げに参画したりしました。

サーキュレーションに入社を決めたのは、名古屋支社の立ち上げに4年間携わってからでしたね。名古屋支社の立ち上げは、私にとってターニングポイントでした。支社を0から立ち上げるという経験も大きかったですし、そこでの上司との出会いは自分の人生に強く影響を与えてくれたものでした。その方が教えてくれたのは、視座を高く持ち続け、どんな苦しい状況下であってもそれをどう楽しめるのかは自分の考え方次第ということでしたね。

自分が東北を元気にしたいということを打ち明けた時も、なぜそれをやるのか、どうやってその地域に雇用を生むことができるのかということを問いかけ続けてくれ、目標に向かってひたむきに走る姿勢を学ばせてくれた上司でした。それまで「自分の予算だけ達成できればいいか」くらいの気持ちだった自分を大きく変えてくれましたね。



東北の地を活性化したい想いを胸に

-インテリジェンスからサーキュレーションへ転職をしようと思ったきっかけは何だったんでしょうか?

横谷:社会人3年目くらいから、ゆくゆくは自分の地元である東北に一役買うようなことができたらいいなと思っていましたが、明確に東北で何をやりたいかは決まっていませんでした。ちょうど30歳を超えたタイミングで「自分の方向性ってこのままで良いのか」を考え直したのがきっかけですね。

-漠然とした不安からサーキュレーションの入社を決意した理由は何だったんですか?

横谷:サーキュレーションのことは元々知っていたのですが、サーキュレーションが支社をものすごいスピードで立ち上げているのを見て、東北で何かやるには今しかないのではないかと思い立ったからです。

もう1つの理由が、地方の中小企業様を担当する中で、給与の格差や物理的な距離がある前提で、そこを跳ね返すだけのモチベーションもないというか、既存の人材ビジネスが地方の産業を盛り上げることは難しいと感じていたことです。

でもサーキュレーションのやっているビジネスモデルであれば地方の産業を活発化することができるかもしれない、そして自身もHR領域だけの知識でなく、これからのキャリアを見据えた時に、他の領域の経験をして成長したいなと思った瞬間にここしかないと思って転職を即決しました。

-横谷さんとしてはベストタイミングでの転職だったわけですね!そんな中でも東北に対する想いってどんなものなんですか?

横谷:ただ純粋に自分の生まれ育った場所っていうだけでなんですよ。日本という視点で見た時に必ず問題になる労働問題の解決策が、地方創生だと思っています。周りの友人も今は東京で働いていますが、それは地元に自分の満足する仕事がないからであって、帰りたくても帰れないのが現実。そうであれば地元である東北を盛り上げることが自分の使命のように思えています。

私自身、2回ほど事故で集中治療室に入った経験があり、その時に「自分は多くの人の支えで生かされている」ことを実感したんです。生かされている命であれば、誰かのために必死になることが恩返しなのではないかという想いも強く持っていますね。

-そんなこともあったんですね。そういった想いで昨年8月にサーキュレーションに転職をしてきたわけですが、最初から順調だったんでしょうか?

横谷:最初の3〜4ヶ月は全く結果が出ませんでした。これまでに世の中にない仕組みを提供しているからこそ、理解してもらうまでに時間がかかったり、お会いする方も経営層の方々ばかりなのでなかなか難しいだろうなとは思っていましたが、予想以上でしたね(笑)。これまでずっとやっていたHRの領域とは、近しいようで全然違うものという表現が似合うものでした。



ちょっとの変化と変わらず根底にあるもの

-そうなんですね。結果が出ない中で何か行動を変えたりしましたか?

横谷:変えたというよりは原点回帰して、一方的にこちらの思いを伝えるだけでは無く、ちゃんと双方向のコミュニケーションになるように、どのお客様に対してもとことん正面から愚直に向き合うことを改めて心がけました。そもそも自分の担当領域である産業機械の領域は歴史も古く、業界としても理解をいただくまでにまず時間がかかるし、加えて北関東〜東北エリアの開拓もあったので結果をすぐに出すのがなかなか難しかったです。

-仕事をする上で大切にしているものってありますか?

横谷:大事にしていることは、「諦めないこと」と「可能性をいかに広げることができるかを思考し続けること」ですね。それは一年目のときから、目の前の1件の契約を諦めることは誰にでもできるけど、諦めなければ苦しくても何とかなるとずっと信じてやってきました。お客様の要望にもうちではできないから無理だと諦めるのではなく、できる方法を全力で探すことは信条にしています。

-それって当たり前のことではありますが、実際にやるのは難しいと思っています。それをやり続けられる理由ってなにかありますか?

横谷:今回はたまたまこうして結果が出ましたけど、それは今までの成功体験の積み重ねでしかないと思っています。自分には秀でた能力はないけれど、愚直にやり続けることはできるので、コツコツ小さい成功を積み重ねて、大きな貢献をしていきたいですね。

一年目の光通信の営業の時から、ずっと真面目にやり続けたら、爆発的に成果が出るという体験をしているからこそ、今でも続けられているんじゃないかと思います。



想いを繋ぐ伝道師になること。そしてこれからの横谷尚祈。

-「愚直に真面目に」っていうことが横谷さんらしさですね。1月の支援実績では、企業様にとってすごくチャレンジングな案件を受注していると思うのですが、リスクも大きい挑戦をする決断を社長様にしてもらえる秘訣はありますか?

横谷:企業様にとって夢のある案件って、社長様自身もそうですし、私自身もどうやれば実現できるのかが見えていなかったりするんですよね。そんなときは自分で調べることももちろんしますが、サーキュレーションには各分野の第一人者の専門家の方々がいるので、自分で調べたものをその専門家の方達に見ていただいて、より具体的に形を整えて確かなものにしていくということをできる環境です。なのでそうやって、意見をいただきながら、進めていますね。

人を巻き込む時は社長様の想いも合わせて伝えていくことで、社長様と専門家を繋ぐ伝道師の役割を担うようにしています。あとは良いことばかりでなく、リスクもしっかりお伝えしていますね。目先の利益では無く、本質的な課題解決ができるように愚直に向き合っています。

-ありがとうございます!伝道師になるって素敵なワードですね!そんな横谷さんがサーキュレーションに入社して約半年ですが、改めてサーキュレーションっていう組織はどんな組織ですか?

横谷:外から見ていたときと入社後の印象は一貫していて、「自分のやりたことに信念を持っている人の集まりである」ということ。さらに組織としても「共通の大きなビジョンを持っている」から強く結ばれています。だからこそ誰と接していても気持ちいいですね。年次年齢関係なく、全員が発信し続ける組織はいいなと思います。

-最後に横谷さんの今後の目標を教えてください。

横谷:まずは、サーキュレーションのやっている「一流の専門家と共に、企業にイノベーションを起こす」ことができることを、もっと多くの働く個人の方や企業様に伝えていきたいです。そのためにはたくさんの支援実績を積み重ねていくことが直近の目標ですね。

その上で自分の経験したことを体系化して伝えていきたいです。一人でできることなんて、たかが知れているので、多くの人を巻き込んでもっと皆で成長したい。そして、東北に支社を創ることがあれば、支社長を任せてもらえるような人材になりたいですね。



-本日は素敵なお話をありがとうございました。今後の横谷さんの活躍を期待しています!

株式会社サーキュレーションでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
今週のランキング