Classiのフロントエンドエンジニア環境

エンジニアの八谷 (@hachi_eiji) です。元々はサーバサイドエンジニアなのですが、2016年9月にClassiにジョインして以降、サーバサイドだけでは飽き足らずフロントエンド開発にも首を突っ込んでます。好きなツールはIntelliJ IDEAとvimとtigです。
今日はフロントエンドエンジニア(FE)についてご紹介したいと思います。

どんな体制?

2017年10月1日時点で弊社のFEという肩書のエンジニアは3人(業務委託含む)です。(サーバサイド|フロントエンド|アプリ|インフラ)エンジニア、デザイナーが所属しているプロダクト部は30名強所属しているのですが、他職種と比べて少ない人数になっています。

使っている技術

弊社のサービスは複数ドメインのサービス(=複数のGitHubのリポジトリ)で構成されています。サービスの歴史的な経緯などがあり、AngularJS, Backbone, React, Angularと複数のライブラリ、フレームワークが乱立しています。

流石にこれ以上乱立すると本当に大変なので、2017年初頭に新規開発はAngularを使っていこうという決定を当時のFEだけで決めて、決まった後に上司に「Angularでいきますので」と緩く、でもみんなが納得できる形で決めました。

なぜAngularを採用したか?

当時盛り上がってたReact, Angular, Vue.js(2系)から比較をしました。以下はその時にメンバーから上がってきた内容の一部です。詳細はきちんと社内のesaにまとめています。(なお、2017年初頭の情報をベースにして採用したので現在は違う可能性があります)

  • 静的言語で型があるTypeScriptで安心感がある
  • Reactを採用してもstate管理ライブラリ、ルーターライブラリと様々なライブラリを選ぶ必要があるのは大変
  • パフォーマンスは比較したものでほとんど変わらない
  • Vue.jsは学習コストは低いが、View層だけなのでリポジトリが複数あったり、複数人で開発すると実装に差異が出やすい
  • フルスタックフレームワークのAngular,TypeScriptだと開発がスケールしたときにもそこそこ耐えられる

余談ですがこれを決めたあとにGoogleがTypeScriptを標準言語にするというニュースがあってホッとしてます。

最後に

FEチームはまだまだ人数少なく、色々な課題や技術負債はたくさんあります。学校という特有の制約や限られた時間の中で積極的に取り組めるチームを今まさに作っている最中です。ユーザへ最大の価値を届けることができるように、でもエンジニアとしての楽しさを忘れないようにどんどん挑戦していきたいと思います。

少しでもご興味をお持ちいただけた方は、まずはご一報ください!
Classiのサービスはもちろん、メンバーやオフィスもご紹介させていただきます。


フロントエンドエンジニア
国内No.1だからこそ実現できる!Classiを教育プラットフォームへ
Classiは2014年にスタートした、ICTを活用したクラウド型学習支援サービスです。小学校~高校、専門学校の先生・生徒・保護者を対象としたサービスです。 全国の公立・私立高校 2,500 校( 4,925 校中)以上、生徒 116万人(約 320 万人中)以上に利用いただいています。全国の高校の5割超という、国内トップクラスの利用者数を誇る教育サービスとして、今後もサービスの拡充、領域の拡大を進める予定です。 現在のClassiは「学習参考書・副教材」と呼ばれる約 3,000 億円の市場でシェアを伸ばしています。今後も国内市場のシェアを高めていく方針ですが、加えてプラットフォーム戦略に取り組んでいます。 サードパーティーからコンテンツやアプリの提供を受け、主要 5 教科、英語 4 技能、部活、家庭学習、スクールカウンセリング、食育などあらゆるサービスの提供をClassi上で実現します。国内トップクラスの利用者数を誇る教育サービスだからこそ実現できる戦略です。 学校の先生方と学校教育の現状に寄り添いながら、Classiはより良い教育環境、子供達の未来のために挑戦し続けます。
Classi株式会社
Classi株式会社's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings