1
/
5

なにをやっているのか

西新宿駅から徒歩5分~オフィスからの景色~
セプテーニグループ社員の休憩ラウンジ(現在は在宅勤務)
コミックスマートは、世界に誇れる日本のマンガ文化の将来を作っていく会社です。 私たちは2013年2月に設立、「インターネット発の未来のスターマンガ家を支援・育成し、コンテンツ産業の新たなエコシステムを作る」をビジョンに、マンガ家支援プログラムサービスRouteM(ルートエム)の仕組み作りからスタートしました。 RouteMの支援を受けて生まれたマンガ作品の発表の場として、オリジナル新作マンガ配信サービス GANMA!(ガンマ!)がローンチしたのは2013年12月。 現在は、270作品以上のオリジナル作品を掲載しているマンガアプリとして、10代~20代の若い読者から支持を受け、アプリのダウンロード数は1600万突破しました(*Android・iOS版の累計ダウンロード数、2022年2月時点)。 【マンガアプリ「GANMA!」について】 ≪累計1600万DL突破≫ GANMA!は、オリジナルマンガ270作品以上を掲載しているマンガアプリです。2020年12月にサービス開始から7周年を迎えました。サスペンス、恋愛、バトル、ホラー、ラブコメ、ファンタジー、ギャグなど様々なジャンルのマンガが毎日配信され、連載中のオリジナルマンガは第1話から最新話まで全話無料で読むことができます。2018年12月にはアプリの大幅リニューアルを行っており、選りすぐりの完結マンガが月額定額で読み放題となるサブスクリプション機能「GANMA!プレミアム」をスタート。連載中のGANMA!オリジナルマンガに限らず、GANMA!セレクションによる複数の充実した完結マンガラインナップを楽しむことができます。

なぜやるのか

過去の名作~新作までマンガ読み放題のオフィス
オリジナルマンガアプリ「GANMA!」
「マンガ家を、子供達の憧れの職業にしたい。」 日本が世界に誇る、マンガ産業。 そのマンガをつくりだすマンガ家は、イラストやストーリー、構図、構成、ディレクションなど、多様な能力を必要とされる、ユニークな職業です。 しかし現在、そのマンガ家を取り巻く環境は、決して充分に整備されているとは言えません。 私たちコミックスマートは、マンガ家が安心して創作活動に集中できるための様々な支援を行う目的で創業しました。マンガ家という職業が世の中でより高い評価を受け、魅力的な作品を生み出し続けられるような仕組みつくり雑誌や単行本のみならず、インターネットの力で、より多くの読者へ作品を届けていく。 そして、優れたマンガ家の才能を、より幅広い領域で発揮できるような機会をつくる。 そんな活動を通じ、マンガ家を、野球やサッカーなどのプロスポーツ選手と肩を並べるような「子供たちにとっての憧れの職」に磨きあげていきたいと考えています。

どうやっているのか

『チーム・コミックスマート』で目指す 最高のバトンパス
現在は原則在宅勤務を実施しております。
① メディア事業(マンガ編集、アプリ開発、プロモーション) ② コマース事業(電子書籍、単行本、クラウドファンディング) ③ ソリューション事業(タイアップ広告、アニメ) と、私たちが行っているのは、大きく3つあり、マンガ家がクリエイターとしての才能を最大限に発揮できるようにするため、マンガ編集、アプリ開発、デザイン、企画、営業、運営を内製しています。 社員数は、約70名の少数精鋭で、ひとりひとり確かなバリューを持ち、『チーム・コミックスマート』として強い団結があり、何より自分たちの作品・サービスが大好きな集団です。