1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

未経験から「"授業をしない"武田塾」の校舎長へ。株式会社CAIを選んだその理由とは?

こんにちは。統括の川上です。
今回は武田塾医進館仙台校の28歳、工学部出身の永田さんにインタビューをしました!

ー前職から入社までの経緯を教えてください!

前職は派遣で事務職をやっていました。もともと「勉強することは人生を拓くことに繋がる」と考えていたので、何かしら「教育」に携わりたい、という思いは強く、副業で小中学生向け個別指導塾の講師を務めていました。
しかし、現場では「定期テスト結果至上主義」(=その場しのぎの学習で、本当に身につけるべき学力は身につかない)の色が強く、子供たちへ自分がやっていることに疑問を感じながら指導にあたっていました。そんなとき「"授業をしない"武田塾」の求人が目に入り、興味を持ちました。

ー入社を決めた理由は何ですか?

あ、いいな、と感じたきっかけは、社長の人柄です。ゴマすりじゃないですよ(笑)
仙台でも私の行きやすい駅にわざわざお越しいただきカフェで面接をしてもらいました。

面接中にお話を伺う中で、成長や頑張りを正当に評価・還元してもらえる会社だなと感じました。やはりいち人間ですから、「やりがい」「根性」といった精神論だけでは仕事ってできないと思うんです。何より社長が社員のことを本当に大事にされている、ということが伝わってきたので、この会社で働いてみたいと素直に感じました。


ー入社後にギャップはありましたか?

悪いギャップは無いです。研修やマニュアルがほぼなく、実際にやりながら覚えてください!という環境なので、それが嫌な人や、人に聞くのが苦手な人は、もしかすると入社後のギャップがあるかもしれませんね。私は「わかりました!とりあえずやってみます!わかんなかったら聞きますね!」というスタイルで取り組んで来ました。

私は医学部出身ではないのですが、理系出身ということを活かして医学部に進む生徒の支援をしている医進館の校舎長を任せていただきました。適性を見たうえで判断をしてくださることから、「経験がないから無理だね」というふうにならない事はCAIのいいところです。

ー印象深いエピソードはありますか?

受験相談って常に反省だらけでうまくいくことがほぼなくて、今でも緊張します。独り立ちした最初の頃は本当に不安だらけで「あ~うまくいくかな…でも生徒数増やしたいしな…」と、とにかく理想と現実とのギャップに苦しむときがありました。そんなときに、社長から「無理してうまくやろうと思わないで良いから、自然体で来てよかったって思ってもらえるようにね!」というようなメッセージを頂いて、それ以来「来てよかったと思ってもらえる受験相談」を心がけています。

ー大変だったことは何ですか?

最初はお客様を前にして、言わなきゃ言けないこと、聞かなきゃいけないこと聞けてなかったことです。魅力付けをして相手を引き込むきっかけをつかめないことが大変だと感じました。

そこは営業の側面が強いと思いました。相手の心をがっちりつかむというか掌握すると言いますか。営業経験がないとはいえ、求められているしやってみようという姿勢で乗り越えています。笑




ーどんな時にやりがいを感じますか?

生徒の成長と合格のお手伝いができること!がやはり一番のやりがいではあるのですが、あえてそこをはずすとすれば…

基本的には一人で一つの校舎を守る形なので、生徒はもちろんのこと、保護者様、講師、関わってくださるすべての人・物事に目を向けていく必要があります。それぞれのバランスを見て日々業務にあたるのが大変でありつつ本当にやりがいを感じます。もちろん責任も伴いますし、失敗もありますが、自分自身が社会人として成長できる環境にいるな、ということは常に実感していますね!

ー会社の強みは何ですか?

とにかく社員がアツいし、十人十色!これじゃないでしょうか。

個性が強い会社って、自分が自分がになると思うのですが、CAIはみんながみんなのことを支え合って、吸収し合って、高め合って、笑いながらみんなで上を目指していける会社なのでそこが強みだと思います!

ーどのような方に入社してほしいですか?

自分で考えて動ける人はとてもやりやすいと思います。CAIは、たとえ失敗したとしても、自分なりに考えて自分なりに精いっぱい頑張ったのであれば、叱責はされません。行動した姿勢を認めてくれます。

あとは、周りを大切にできる人。自分の持っている強みや経験を還元し、仕組みや成功失敗に限らず取り組んだ施作の共有。こういうことしたけどだめだったとか。トライ&エラーをみんなでアウトプットすることで成功体験の共有をしてます。

ー今後どのような会社にしてきたいですか?

生徒数を増やして、単価も上げて、もうちょっと管理部門の方が楽できるように人員を増やしたりシステムを整えていけたりすると、みんなHappyになると思います。やっぱり下支えの皆さんのおかげで会社は回っていますし、現場は楽しいけど管理部門はキツくて大変なんだよ、はちょっと違うと思うので。この会社にいる人全員が、楽しい!と思える環境づくりに、私も少しでもお手伝いできたら嬉しいです。

永田さん、ありがとうございます。
改めて分からないけどやってみる!という開拓力とチャレンジ精神旺盛な優秀な人材だ!

そしてこんな良い笑を見たのは初めてですね!!笑
これからのご活躍に乞うご期待です!

株式会社CAIでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング