1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【#新卒1年目が考えてみた】スタッフ全員が“会社の魅力”を伝えられる!創業以来大切にする「全員営業」とは?

皆さんこんにちは!

今回は、「新卒1年目が“ウチの会社の強み”を考えてみた」シリーズ第二弾!

2020年春に入社した新卒メンバーがアルプスピアホームの“強み”について考えるこのシリーズ。今回取り上げるのは、全員営業です!

第一弾の記事がこちら!

全員営業と聞くと、「営業志望でなくても営業をしないといけないの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、そうではないんです!

アルプスピアホームの全員営業は、「全員が営業職につく」ということではなく、「全スタッフが、営業プランナーのように、お客様に対してアルプスピアホームの家づくりを伝えることができる」ということ!

営業プランナーだけでなく、経理総務部やシステム担当のスタッフも、会社のことや商品のことをきちんと理解し、お客様へ案内することができるのです!

どうしてそのようなことができるのか、不思議に思いませんか?

そんなアルプスピアホーム独自の取り組みについて、松下渡辺が語っていきます!

そもそも、「全員営業」ってなんだ?

(全スタッフ134名!)

松下:“全員営業”は、アルプスピアホームで大切にしている考え方の一つだけど、初めてこの言葉を聞いた時はびっくりしたよね。

渡辺: びっくりした!「営業職なんて全然考えてないのに、営業やらないといけないの!?」ってすごく焦った(笑)。

松下:でも実際に話を聞いてみると、ウチの会社の”全員営業”って、アルプスピアホームに興味を持って来場してくださったお客様に、この会社の魅力をしっかりとお伝えするっていうことで、決して営業としてとにかく契約を取ってくる!家を売る!っていうことではなかったんだよね。

渡辺:そうだね。私は就活している時に全員営業をしているっていうことを聞いて、やっぱりさっき言ったみたいにすごく不安に感じて…。社長と会長とお話しできる最後の面接の時に、聞いてみたんだよね。そうしたら、「自分の会社のことをスタッフ全員が話せる会社の方がお客様に安心してもらえるでしょ」って言われて…「確かに!」ってすごく納得したのを覚えてる!

松下:それはわかる!自分がお客様の立場になったときに、やっぱり誰に聞いてもしっかり返してくれる会社の方が安心できる。せっかく問い合わせたのに、「担当部署じゃないのでわかりません」って素っ気なく返されたらやっぱり不安になるし…。それが、何千万っていうお金のかかる家のことなら尚更だよね。

全員営業の秘訣!”全体ロープレ”とは?

松下:週に一回、部署を問わずスタッフがショールームに集まって、案内役とお客様役に分かれて案内をするのが全体ロープレ

渡辺: 4、5人くらいのチームに分かれて、案内役とお客様役をローテーションでやるんだけど、案内役はやっぱりすごく緊張する(笑)!

松下:当たり前だけど先輩達は、私達よりも圧倒的に知識が多いもんね… (笑)。でも、自分の案内に対して毎回しっかりフィードバックをもらえるし、何より先輩達の案内を聞くのはすごく勉強になる


(ロープレの様子です!営業プランナーの先輩と現場監督の同期がお客様役!)

渡辺:普段お客様と接する機会の多い営業プランナーから案内のノウハウを聞ける機会も貴重だし、アフターメンテナンスでお客様のお家を訪問しているスタッフからお客様のお話を聞けたり、豆知識を聞けたりするのも全体ロープレならではだよね!

松下:私達にとってもそうだけど、営業プランナーにとっても、全体ロープレは、現場監督や業務管理部といった専門的な知識を持ったスタッフと色々な知識を共有できるから、貴重な機会になっているみたいだよ。

渡辺:”皆で高め合っていく場”っていう感じがするね!

松下:あとは、あまり業務上で関わることがないスタッフとも話ができる機会だね。「先輩ってこんなに案内が上手なんだ!」っていう発見があったり!

渡辺:この前の記事でインタビューした矢口航さんも、営業の経験はないっておっしゃっていたけど、全体ロープレでチームのリーダーをしてるくらい、すごく案内が上手だよね!営業プランナーじゃないスタッフでも会社のことをしっかり話せるのは、すごく大きな”ウチの会社の強み”なんじゃないかな

案内には、社内資格が必要!新卒も挑む!

渡辺:毎週全体ロープレに参加するだけですぐにお客様の案内をできるようになるわけではないよね。ご案内デビューするためにはスマイルマイスターっていう社内資格が必要で、この資格を取るために毎年行われているのがスマイルマイスター試験筆記試験と実技試験を受けて、両方合格したスタッフだけが実際にお客様をご案内できるんだよね

松下:見学会やイベントといった、お客様がたくさん来てくださる場での案内が中心だね。

渡辺:スマイルマイスター試験は毎年全社員が受けているんだけど、全体ロープレの甲斐もあってか、資格の取得率はかなり高いらしいよ。

松下:つまり、それだけ多くのスタッフが会社のことをお客様にしっかり伝えられるってことだね!

渡辺:そういうこと!そして、私達も今年の6月に受験しました。

松下:しましたね(笑)。当時はまだ入社2ヶ月だったから、とにかく知識が足りない!同期と問題を出し合ったり、お互いの案内を聞き合ったり、皆必死でやってたよね(笑)。

渡辺:5月6月は、会社のチラシを読み込んでた記憶しかない(笑)!でも、先輩達も毎年試験を受けていて、その大変さを知っているから、自分で作った案内用の資料を共有してくださったり、研修の合間に「ロープレ付き合うよ!」って声を掛けてくださったりしてくれて、本当にありがたかった!

松下:私達の同期でも二人に一人は合格したし、入社したばかりの新卒でも合格できるように、周りのスタッフ全員が手伝ってくれるっていうところにも、スタッフ一人一人が「全員営業していこう!」って思っていることが伝わるよね。その意識がスタッフに根付いてるところも、アルプスピアホームの”強み”だと思うな!

今回はアルプスピアホームが大切にしている”全員営業”という考え方、そして、それを実現するための取り組み”全体ロープレ”について語ってみました!

いかがでしたでしょうか?

全員営業と聞くと、「営業しないといけないの?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

しかし、この考え方があるからこそ、普段お客様と接する機会の少ないバックオフィスのスタッフも、常に自分達の業務の先にいるお客様の存在を身近に感じることができるのです!

フロントやバックオフィスといった働く場所に関わらず、全員が同じ方向を向くことによって、会社というチームとして成果を発揮することに繋がります。

「全員がお客様の案内をできる」というのは、アルプスピアホーム独自の取り組みであると同時に、私達の大きな強みになっています!

そして、この”全員営業”という強みが最大に発揮される場が”見学会”です!

また知らない言葉が出てきた…と思った人もご安心ください!

次回はその”見学会”について特集します!

お楽しみに!

株式会社アルプスピアホームでは一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう