1
/
5

【社員インタビュー_vol.3】アパレルから人材業界へ転身!未経験のチャレンジ/房甍

TOHOKI広報の原田です!

今回ご紹介させて頂く方は社員として入社した1人目の房さんになります!社員が1人もいない企業に未経験ながらも飛び込んできた強者になります!アパレル業界で学んできたことや人材業界、TOHOKIに魅力を感じた所とは?そんなチャレンジ精神あふれる方のストーリーを聞いていきましょう!

TOHOKIに入社したきっかけ   


今までアパレル業界しか経験したことがない自分は、これから何ができるか、といことをずっと考えていました。これまで、お客さまに楽しんでいただけるお買い物の空間作りにやりがいに感じていましたが、もう少しビジネスシーンでさらに多くの業種の人と関わり、その方々のお役に立てる仕事がしたいと感じ、自分の語学力とバックグラウンドを活かし、「プロフェッショナルとして、自分自身を磨き続けることで人の役に立つ仕事をしたい」と考えまし。その時に考えた職種は翻訳通訳でした。何社か応募してみて、内定をもらった時に、偶然『中国ビジネス&日中ビジネスの採用』の求人内容が目に入りました。自分の好奇心とプロフェッショナル人間になりたいという一心で面接に参加。そこで『人材業界』のお仕事を初めて聞きました。人材業界とは「人」と「人」を結ぶ大事な仕事で、人の為に役に立つ仕事です。また、自分の語学力とバックグラウンドも活かして日中間のビジネスに貢献したいと思い、TOHOKIに入社しました。

この仕事のやりがい

私はこの仕事に2点、仕事のやりがいを感じております。 

1点目は候補者は転職を求めて私達人材エージェントを尋ねます。転職に成功した候補者から感謝の言葉をいただけることは非常にうれしくてやりがいを感じました。それが自分のモチベーションになっています。「人材業界」は「人」と「企業」を結ぶ仕事であり、希望の職種に転職できる候補者や、好きなお仕事を見つけられた候補者からは感謝のお言葉を、良い人材を紹介できましたら企業側も喜んでくれます。感謝されるタイミングが多く、人に喜びを与える仕事だ思います。

2点目は自身自身の成長です。たくさんの人と関わるため自分の価値観が広がることができ、さまざまな業界の現状や企業の業務内容を知ることもできます。「人」と接することの多い仕事のため、語彙力、文章力、説得力、交渉力など幅広い力が身につけます。また、外国人の自分にとっては日本語能力も鍛えられますね(笑)



TOHOKIの魅力

企業の魅力、組織・風土の魅力、仕事内容の魅力の3点についてお話しします。企業の魅力というのはビジョンが明確になっております。人材紹介の会社は何百社、恐らく何千社とあると思いますが、『日中間人材ビジネス』に特化した会社はTOHOKIだけだと思います。中国市場の成長と独自の戦略によりこれからもさらなる成長が期待できます。組織・風土の魅力については、会社はまだ少人数ですが、意見を率直に言い合える職場です。役職・部署に関係なく意見し合うこともできますし、上司との面談機会が多くあるので意見を伝えやすいです。また、誰か旅行に行ったらお土産を配ったり、社員たちのお祝い事、誕生日にはみんなでお祝いをしたりイベントごとも多いです。仕事内容の魅力は人材業界の仕事以外、入社してから、KOLたちと一緒に高級ブランドのライプ配信イベントに参加したり、クライアントと一緒に研修したり、いろいろな仕事に携われるというのは非常に充実しています。                

株式会社TOHOKIでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社TOHOKIからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?