1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

本当の意味で語学スキルを活かせるのは?

海外メンバーのサポート

大橋運輸では、日本語を学びたい海外メンバーのサポートとして、
定期的に『日本語教室』を開催しています。

英語が話せる社員が、勉強用に問題を作ったり、動画を使って説明したりしています。

社員が気をつけているのは、
・使える日本語を教えること(特に仕事で)
・一人ひとりの得意、不得意を捉えながら教えること


海外メンバーのとある一日

目標の一つが、日本語能力試験 JLPT。

次のステップに向けて、この日も『日本語教室』の開催です。

一人ひとりレベルが異なるので、マンツーマンで教えます。




ある海外メンバーは、

今まで「もう一度(いちど)」を「もういちご」と聞こえていたそうです。
一つひとつ丁寧に確認すると、ちょっとした違いにも気づくことができますね。

海外メンバーと話していると、
言葉を、日本語を丁寧に話さないといけないな。と気づかされます。

崩した言葉や、業界ならではの用語。
こういったものは、メンバー間で齟齬が生まれるきっかけになります。
それだけではなく、お客様にも不親切。

彼らを見習いながら『丁寧な日本語』を心がけていこうと思いました。


そういえば。

大橋運輸で日本語と英語が話せる(通訳レベル)のは、一人。
(もしかしたら、他にいるのかもしれないけど・・・)

そのため、貴重な存在としてあらゆる場面でひっぱりだこです。
中小企業ならではなのかも。

多言語を話せるって、すごい。

大橋運輸株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう