1
/
5

更なるjavaの高みを目指すべく選んだ『神環境』!6月入社メンバーの最速インタビュー/弊社へのエントリーを悩んでいる貴方へ #私の就活 #タイトル長い #とても伝えたい事が多いんです。

※2020年5月、コロナウィルス感染予防のため、マスク着用での撮影を行っています。

今回は、6月入社メンバー最速インタビュー!SE経験者の長澤さん。
入社を決めた理由や、フォワードソフトの印象をお伺いしました。
また、私たち採用担当が【長澤さんを採用したポイント】も僭越ながら書いております。弊社の採用基準も記載しておりますで、弊社へご興味をお持ちの方はその点もご覧いただければと思います。

転職を決意させた『神環境』からのスカウトメール!


▼前職ではどんな事をされていましたか?
通信系の正業アプリケーションソフトウェア、金融系ソフトウェアの設計・開発をメインとする
100名規模の会社で、システム開発に6年、従事していました。

▼エンジニアを目指したキッカケは?
特に「これです!」と言ったエピソードは無いのですが(笑)
高校生の時に進路を考える段階から、将来的に見て情報化社会、いわゆるIT業界には興味がありまして。
そこから徐々に、「専門スキルを磨いて手に職を付けていきたいな」と考えていました。

情報系の大学へ入学し、プログラミングを学べる学科を選んでいたので、
新卒で入社する会社については、学生時代に学んできた事を活かせるところと出会えればと。

就職活動に向けて自己分析をしていく中で、私自身が大手のスタイルには向いていないと感じていました。ルールがガチガチに固まっていたり、年功序列・体育会系はもっての外。
だからと言って、顔が見え過ぎる&フランク過ぎる「お友達感覚」での仕事環境はまた違うので
程よい距離感と温度を保てる会社で、自分のスキルを磨いていきたいなと当時から考えていました。

この思いは、『フォワードソフトへ転職する決め手』にも繋がったので、何だか運命的ですね。

▼前職6年の中で1番やりがいを感じたプロジェクトは?
直近で3年ほど携わっていた大手自動車リース業の社内業務システム開発です。
これまでは、製造を少し&試験などを担当する事が多かったんですが、
設計・上流から携われた事をはじめ、今まで経験した事の無かったプロセスが味わえたのは非常にやりがいを感じました。プロジェクトの一連流れを体感出来た事も大きかったです。

業務内容はもちろんですが、メンバーの相性も良かったのでとても楽しく過ごせました!
年上の方が多かったのですが、皆さんとても話しやすく、居心地も良かったです。
プロジェクト終了と同時の転職となったため、「もう会う機会はないのかな」と思っていましたが、
コロナが落ち着いたら、また飲みに行こうと声をかけていただけています。

偶然同じ時期に、たまたま同じチームで素晴らしい方たちと業務に取り組めた事は
客先常駐で働いている人間にしか味わえない醍醐味ではないかと思います。

フォワードソフトでも、前職のメンバーを越える素晴らしい方たちと出会えれば嬉しいですね。


▼フォワードソフトにエントリーしたキッカケを教えてください!
本音を言いますと、「転職するのはもう少し先でいいかな」と思っていて、本腰は入れておらず「一旦登録だけしておこう」という非常にラフな気持ちで登録をした媒体がありました。

登録してすぐに、その媒体に秋山さんからスカウトメールが届いたんですが、スカウトの文章が面白かったんです。大前提として、全員に当てはまるようなテンプレタイプでは無かったですし、経歴を見て「自分宛で送っているんだな」と。文章の作り方も他社とは違いました。

有難い事に700通くらいスカウトメールをいただいたんですが、
あのスカウトメールを超える面白さ・一直線さは無かったです。

そこからレスポンスも早く、土曜日に面接を組んでもらったんですが、日程確定までのスピード感も程よくて。あまりにも勢いよく熱く話を進められてしまうと、「体育会系的な要素があるんじゃないか」と思ってしまいそうでしたが、早すぎず・遅すぎず、本当に丁度良い温度感と距離感で、ざっくばらんにお話が出来ましたね。
代表ともお話をして会社の雰囲気や現在の業務内容、エンジニアファーストな環境について、
そしてこれからの事業展開について等もお話をいただけて、
「自分に合う会社だな」と実感出来たので、フォワードソフト以外は受ける気がなくなりました。

もしご縁が無かったら「また探せばいいか」と思っていました。


▼長澤さんに内定を出したポイント
エンジニアとしての経験の豊富さはもちろんですが、
礼儀正しく所作動作も綺麗で、話も楽しくて…いわゆる一目惚れです。

面接開始の3分前の到着、書類はファイルに入れて持参し両手で「本日は宜しくお願いいたします」と言葉を添えてお渡しいただける、会社HPや他掲載媒体の情報も全部チェックしてお話をしてくださる、前向きな質問を投げかけてくれる、会話のキャッチボールを楽しめる等、
「これくらい当たり前ですよ」と長澤さんはお話されていましたが、どんなに経験が豊富で資格をたくさん持っていても、「当たり前のこと」が出来ない方はたくさんいらっしゃいます。

面接時の言葉遣い・書類の提出の仕方・経歴の伝え方・今後の目標の話の展開など、面接時の1分1秒、どこを取っても素晴らしかったです。

お人柄を重視している弊社にとって、長澤さんは喉から手が出るほどご入社いただきたい逸材でした。


▼これからの目標は?
これまでの経験を活かしながら、これまでよりも上流の工程に携わり、開発スキルを高めていきたいと思っています。

マネジメント業務に興味はありますが、自分の適性ではないんじゃないかなとも思ったり。
秋山さんからは「マネジメントに向いている」と言われましたが(笑)
プロジェクトに携わっていき、来るべき時がきたらまた考えていきたいなと思います。

この記事をご覧いただいている画面の向こう側の貴方にも、更なる良い環境との出会いが訪れますように!

フォワードソフト株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings