1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

もう一人のメンバー、その誕生秘話と存在意義

デザインメンバーのアイデアで誕生した”バリンちゃん”

 「会社ロゴをモチーフとしたキャラクターをデザインしました〜。バリンちゃん(仮)です!」

名刺のデザインを頼んでいたデザインメンバーからダイレクトメッセージが届いたのは会社設立の3日後、世の中がコロナウィルスに対する不安を感じ始めた頃の事でした。

 オフィス開所まもなくで顔馴染みでないメンバーも多く、慣れているメンバーは良いもののテレワークに不慣れで不安を感じていたメンバーもいた中で届いたこの話題は、社内でも好評を博し共通の話題作りに貢献しました。現在私達のHPも飾ってくれているコーポレートキャラクター、バリンちゃんの誕生です。

社内の自由なアイデア、コラボレーションを推奨する

 会社という性質上、プロジェクトに応じたタスクが発生することは否めないものの、
社内の自由なアイデア、メンバー同士のコラボレーションを私達は大切にしていきたいと考えています。

業務の中でついつい ”やるべきこと/やらなければいけないこと” といったタスク感覚だけで自分を縛ってしまい、一段落した際の開放感だけをより強く感じてしまう。次のプロジェクトまでのブレイクタイムに、本当は何かトライしようと思ってはいたものの無為に時間を過ごしてしまう。
…この繰り返しから、無意識のうちにタスクワーカー的な働き方にシフトしてしまい ”この仕事の進め方でいいのだろうか?” と迷ってしまう…。そんな経験をされたことはありませんか?

 このようなサイクルにハマってしまうのは個々のメンバーの問題だけでは無いのではなかろうか?
社内で積極的にコミュニティが作られていても話される内容は雑談ばかりで、好奇心の生まれるアイデアの交換や、共にコラボレーション活動を支援する環境が不足している時に起きてしまうのではないか?
と私達は考えています。

 リモートワークが浸透してきた今だからこそ、その可能性はより高まってしまう事を懸念した私達は、SlackやZoom等のコミュニケーションツールを活用し、直接業務と関係のない話題であっても互いに意見交換ができる環境を意識的に作っています。プロジェクトや立場を越えて意見交換をし、もし良いアイデアであれば、興味を持っているメンバー同士でディスカッションをする機会を設け、内容によっては会社として予算を提供し、PoCないし実験にトライできる環境作りを行っています。

社内の検証・実験で活躍する、もう一人のメンバーへ

 メンバーのちょっとした遊びから生まれたバリンちゃんですが、現在はコーポレートキャラクターとして、技術検証の為のテストモデルや会社の案内状などでも活躍してくれています。遊び感覚のあるアイデアであっても、新しい発想と話題を作りメンバー同士のコラボレーションを生み出してくれた良い事例だと
思っています。

プロダクトとして生み出されたキャラクターではない”彼女”ですが、会社のアイデンティティの象徴…
というよりも、もう一人のメンバーとして、共に成長していってくれるのではないかと期待しています。

これを読んでくださった皆さんの中で、
もし私達の会社について興味を感じた方がいらしたら、是非お気軽にお声がけください。
未来の仲間やパートナーの皆様との出会いを楽しみにお待ちしております!

株式会社バリーン・スタジオでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう