1
/
5

あまりの疲労で、講義で喋りながら寝落ち!?~ハイスピードで人気講師への階段を駆け上った理由と苦悩~

40人教室が埋まって、すぐに60人教室で講義をするようになり、2年後には120人教室を埋める超人気講師に。

ハイスピードで人気講師への階段を上った理由とは。



前編の記事はコチラから☟☟

履歴書に「体脂肪率は10%です。体力には自信があります!」と書き、今では行政書士界隈で知らない人はいない人気講師となった豊村講師にロングインタビュー

https://www.wantedly.com/companies/company_4804130/post_articles/208072


ー 別業界から講師に転職されたとのことですが、講師になってからの法律学習はどのようにされたのでしょうか?

LECに入ってからは、行政書士試験課のスタッフさんたちとものすごく仲良くなったんですよ。それこそ頻繁に飲みに行ったりして。

当時のスタッフさんって、ロースクールに通っている人が多かったんですね。僕は、テレビのニュースとか新聞で名前を聞いたことがあるくらいで、ロースクールなんて全く分からなかった状態でした。

そしたら、仲の良いスタッフさんたちがー20人くらいいるんですがー口々に「豊村君もロースクールにおいでよ」と、怪しげな壺の勧誘員のように誘ってくるようになりまして。

ー その流れでロースクールに進学されたんですか。

そうなんですよ。とはいえ、法律学習からは遠ざかっていますから、明治大学ロースクールの法学未修者コースに入学しました。

法学部出身ではないですから、ちゃんとした大学教授から法律を学ぶ初めての機会でしたね。

ー 明治大学ロースクールは中退されていますよね?

法律学習が進むにつれて、もしかして法学既修者コースでも大丈夫ではないかという気がして、入学した夏に中央大学ロースクールの既習者コースを受験して転校したんです。

今、講師として話していることの大部分は、この明治大学ロースクールと中央大学ロースクールで学んだことが礎となっていますね。

ちなみに、中央大学ロースクールに通いながら、LEC水道橋本校で『合格講座』を担当したのが基幹講座の初めての担当でした。ロースクールに通いながら、講義の予習をして生講義を担当するのはとても大変でしたが良い思い出です。

そうそう!中央大学ロースクール時代に、今アガルート司法試験課で講師をやっている谷山(政司)君とクラスメイトで仲良くなったんですよ。「た」にやま・「と」よむらでタ行だったから席が隣同士だったんですよ。

ー えー!そなんですね!谷山先生はどんな感じでしたか?

最初から優秀でしたよ。今彼は個別指導をやっていますよね。当時、僕も谷山君も曙橋(中央大学ロースクールの駅)のマンションに住んでいたんで、学校が終わって毎日のように、お互いのマンションに行って、缶ビールを飲みながら、勉強を教えてもらってましたよ。


中央大学ロースクールの卒業アルバムの写真


ー ロースクールを修了したあとは…?

ロースクール修了後は、時短勤務にしてもらっていたLECにフルタイム講師で復帰しました。そこからはLECを退職するまでずっと池袋本校が本拠地になりました。

実は最初から40人教室が埋まって、すぐに60人教室で講義をするようになりました。2年後には120人教室がメイン教室になりました。

ー 2年で40人教室から120人教室に!ロースクール修了後にLECに復帰して一気に人気講師となったわけですが、人気を集めた理由はどこにあると考えていますか?

人気を集めた理由は、今アガルートでやっているのと同じように、1年間の学習戦略を具体的に示しつつ、インプットとアウトプットでやるべきことを明示して講義をしたことでしょうか。

あとは、渋谷校の横溝さん・新宿校の黒沢くん(ともに前出)との集客競争が激しかったので、池袋のスタッフさんと一丸となって諸々の営業努力をしたことですかね。基幹講座の開講が近づくと僕自身が自分のポスターを持って『ジュンク堂』に貼ってもらうようにお願いに行ったりしていました。『ジュンク堂』のスタッフさんが多忙な時には、脚立を借りて僕が自分でポスターを貼りましたね(笑)

ー そんなことまで先生が!(笑)豊村先生といえば、合格率の高さも特徴かと思いますが、その秘訣って教えていただくことってできますか?

秘訣……うーん、分からないですねー。僕の力なんて微々たるものですよ。受講生の方が真摯に学習に取り組まれた結果です。
LEC時代も含めると講師歴は16年になりますが、のべで5000人以上の方に講義を聴いてもらっていますから、本当にありがたいことです。

ー そういえば、ロースクールを修了されて司法試験は受験されなかったのですか?

修了した年に1回受験しました。短答は合格しましたが論文で不合格でしたね。

その後は、先ほど言ったようにLECでの講義が忙しくなったのと、途中からは大学(成城大学・学習院大学)の講義も担当するようになったので、受験をすることなくーというか願書を出すこともなくー失権という形になりました。

ー ご自身でも「人気が出てきたな」と実感したのはいつ頃ですか?

先ほども話したように、もともと教室は埋まっていたんですよ。ただ、2014年に、初学者向けの『合格講座』に加えて『豊村式☆アルティメット合格講座』という中上級講座も担当するようになってからは、一気に知名度が上がったような気がします。通学だけではなく通信の受講生がドカンと増えた感覚がありました。

その頃に中央経済社さんから書籍を発売したのも理由かもしれません。



LEC時代の合格祝賀会の様子


ー 分かりやすい講義に定評がありますが、元から人に教えることが上手かったのですか?

もとから人前で話すのは好きだし得意でした。

ただ、圧倒的に講義力がついたのは、LECで初学者向けの『合格講座』・中上級者向けの『豊村式☆アルティメット合格講座』・大学で『速習講座』・直前講座・全国向け収録講義を1年の間に全て担当したことです。一番多い時で、3時間の講義を週に最大12コマ・年間500コマくらいやっていました。それが数年続いたんですが、間違いなくその数年に講義力が異常に上がりました。

当時はあまりの疲労で、ライブ講義で喋りながら寝落ちしたことも数回ありましたが、それでも後から確認するときちんと喋ってました(笑)

今回のインタビューのオチが講義で寝落ち!!!!いいのかな!?(笑)

怒られたらすみません!次の後編でアガルートに転職したお話や、今後の目標について伺います。


インタビュー中に出てきた書籍はコチラ☟☟☟

行政書士試験 手を広げずに楽して合格する方法

豊村講師が書いているもう一つの書籍はコチラから☟☟☟

行政書士試験 らくらく解けるゴールデンルール50

株式会社アガルート's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more