1
/
5

なにをやっているのか

「アッテル」という、AI×データで人事課題を解決するSaaSプロダクトを提供しています。組織は20名程で現在急拡大中です。
2019年には経済産業省・厚生労働省が講演するHR関連アワードを多数受賞し、現在は700社以上に企業様にご利用いただいております。
「アッテル」は、AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・早期退職を予測するピープルアナリティクスサービスです。 採用から退職までの HRデータを一元管理・分析できる基盤と、HR に特化した機械学習(AI)の予測アルゴリズム(特許取得済み)を備えています。 100 種類以上の適性検査データに対応するほか、未来予測に最適化された独自の適性診断(アッテル診断)の提供もしています。

なぜやるのか

感覚的に「良い」と思われている人事領域の常識は、データを見ると事実とは大きく異なることがほとんどです。
ICCで登壇もさせて頂きました。代表の塚本は経営者にしてデータ分析やAI(機械学習)の専門家です。
HR領域では、「勘・経験」に基づく主観的な意思決定が大半を占めています。 結果として実際に調べてみると採用面接の結果は6割以上が外れており、企業と求職者の多くのミスマッチを生んでいるのが現状です。 近年は営業やマーケティングの領域がデータドリブンな取り組みで最適化される中、企業成長や個人のキャリアにとって非常に重要な「人事/HR」の分野は大きく遅れをとっています。 弊社はこの状態に課題意識があり、データやAIの力で解決するために日々取り組んでおります。

どうやっているのか

最近は大規模な展示会への出展など、マーケティング施策にも積極的に取り組んでいます。
ユニークな経験とスキルを持ったメンバーで構成されたチームは非常に風通しが良く、日々顧客の課題解決に向き合っています。
アッテルでは「脱、感覚人事」を掲げ、事実・データに基づき、実際の自社従業員と採用候補者を比較・分析することで、入社後活躍・早期退職を高い精度で予測することが可能です。 サービス公開から約2年で700社以上に利用されています。また、HRアワードやHR tech GPなど数多くの人事関連アワードを受賞するなど、評価をいただいています。 詳しくはこちらの会社紹介資料もご覧ください。 https://speakerdeck.com/attelu/culture-deck