1
/
5

ラーニングにおけるの最も効果的な機会とは何か?

水曜のヨル活を始めました。

基本毎週水曜日の夜 19:30頃〜弊社エグゼクティブアトリエをラウンジのようなカタチで解放します。

背景は個人の成長(ブレークスルー)の機会提供です。1000円で気軽に飲め、繋がれる・学べる場です。会は我々がファシリテーションさせていただき、自由にコミュニケーションとってもらいます。

※別途有料(講師を招いたりする事もあります)の日もありますのでご注意下さい。詳しくは弊社担当までご連絡ください。

先日は16人の方が遊びにきてくださいました。

弊社の溝口がMBAで学び、キャリアコーチングでの実践の経験を元に、インプットベースでのセミナーを挟み楽しく飲む空間を想定。

テーマは『年代別キャリア軸の基本的考え方』

私自身も学びになりました。
(うちのエージェントすげーw)


なお、私なりの理解をシェアすると
100歳時代の今、100歳から逆算すると50歳になってようやく折り返し。10年ごとにざっくりキャリアを考えると、

20代は自分の本来のキャリアの発見
30代はキャリアの深掘り(マネジメント含)
40代はプロフェッショナル化(投資回収)
50代は後世の育成と次世代へ繋ぐ
60代は本当に好きな事へシフト

あああ!閃いた!!(これ私がよく使うフレーズ)参加者の方にとって素晴らしい価値となるには、インプットだけでなく、アウトプットの場にする事だ!!

ドラッカーもこう言っている


また、ラーニング・ピラミッドこのページに詳しくかかれてました)でも表現されているように、まさにアウトプット!アウトプット!

振り返れば人事時代に全国を行脚しながら、会社のプレゼンテーションを年間200回はやっていた。したも、IBMという超有名企業から、不人気業界(パチンコ、エンターテイメント)へ転職したため、プレゼン本気でやらないとaudienceに響かない環境です。そりゃ成長もしますよね。

この辺りの話は『上位5%で辞めない人財を採る方法77(プレジデント社)』という本に詳細があります。

現在はコーチングやセミナー、講演などで人の前で話す事も多い。どうやったら目の前の人の行動が変わるのか?を意図してシナリオを考えます。そんな日々ですから、自然と自己成長の機会があるわけです。

話を戻しますと

急遽参加者のアウトプットの場にしました。

そりゃー初めましてばかりの人ばかりの前で自分のキャリアのストーリーを語るわけですから、緊張もするでしょ!

と思ったけど、代表してお話いただいた2人とも。すぐにスピーチ。それでいて話が上手!!

やるなぁ〜


本日8/21第1回 水曜日のヨル活に参加いただいた方 一部ご紹介
・メーカーで海外赴任から戻ってきた方
・国内大手SIer SE
・他事業展開大手上場会社
・外資系証券会社 ディーラー
・人材メガベンチャー営業
・外資系監査法人出身者
・元某大学アメフトマネージャー
などなど

年齢も24〜40までと幅広でした。
共通点は成長願望でしょうか。

嬉しかった事があります。

早稲田大学時代に弊社でインターンしていた子が社会人になってこの機に逢いに来てくれました。出逢いはきっかけ。今日をきっかけにまた彼女の成長が加速する事が楽しみです。

まとめ

部下をお持ちのあなた、部下に教える暇があれば、部下に教わる機会をつくりましょう。

水曜のヨル活場所はこちら↓

株式会社リード・イノベーション
〒108-0084
東京都港区高輪2-15-31高輪グランドパームス1104
エグゼクティブ・アトリエ

株式会社リード・イノベーションでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう