1
/
5

㊗️2年で導入企業100社突破!FY6 全社会の様子をレポートします


2021年10月より6期目がスタートするにあたり、10月13日に全社会&懇親会を行いました。
コロナ禍以降定着したオンラインツールを活用した全社会も今回で8回目。

原則自由にリモート勤務ができる弊社ですが、全社会の日は「久しぶりに出社するか!」というメンバーが多く非常に賑やかな状況でした。メンバー数が50名を超えたので、いい意味でわちゃわちゃとしています!

今回は全社会の空気感やアクセルラボの今後の方向性をみなさんに知ってもらうため、参加レポートをお届けします!



【全社会 主なトピックス】

📌取引実数が100社を達成しました!
📌アクセルラボのVisionが変更になりました
📌OKR、本格的に始まります

📌取引実数が100社を達成しました!

アクセルラボは、住宅のスマートホーム化を実現する「SpaceCore(スペース・コア)」というサービスを提供しています。
2019年8月にサービスをリリースし、はや2年が経ちました。その2年間でサービス導入企業が急拡大し、ついに100社を達成しました㊗!


(素晴らしい急カーブですね)

AmazonやGoogleがスマートスピーカーを発売しているのをご存知の方もいるかと思いますが、海外ではかなり進んでいるスマートホーム。アメリカでのスマートホームの普及率は35.6%というデータが出ていますが、日本では2020年で6%ほど。名前を聞いたことがある人は増えているものの、まだまだ普及していないサービスなんです。
このように国内での絶対的な勝者がいない状況で、アクセルラボは日本でのデファクトスタンダートとなることを目指しています。

現在、スマートホームを一緒に広げていくメンバーを大募集しています!興味のある方はぜひ募集要項もご覧ください。

セールス
スマートホームを日本のあたりまえにする仕事をしませんか?
『SpaceCore』を柱に、アクセルラボは100年先の「暮らし」を見据えています。 まずはスマートホームを基軸に、人々の「暮らし」を一変させます。 SpaceCoreは次の3つの機能から構成されるプラットフォームアプリケーションです。 https://space-core.jp/ 【スマートホーム機能】 SpaceCoreがあれば、どのような住まいもスマートホームになります。 2021年、世界には様々なスマートホームデバイスが存在します。しかし、そのどれもが他の機器=他者との連携を念頭において設計されているわけではありません。それぞれが独立したコントローラー(アプリケーション)を持ち、何一つ連動することなく動き続けています。私たちのSpaceCoreは、世界中に存在するあらゆるデバイスと接続し、あらゆるテクノロジーの分断をなくすことを目的としています。その分断を乗り越えた先に、全ての家電や設備が居住者のために恊働し、「便利」で「安全」で「快適」な「暮らし」があります。 【リレーション機能】 我々が変えるのは家に住む人の「暮らし」だけではありません。 日本の不動産業界の働き方も大きく変えていきます。クラウド化で日常の業務を効率化し、顧客との関係性も強化します。 退去や契約更新、総会通知や賃貸のレントロール、収支の確認など、業務全体の30%を占める居住者や賃貸オーナーとのコミュニケーションに関わる業務をクラウド上で行えるようにします。時間やコストを効率化するとともに、その関係性を長期的で強固なものに変えていきます。 【生活サービス機能】 居住者に合わせたサービス提供で、 新しい収益モデルを構築します。 スマートホーム化によるアプリの高い利用率と、強固なリレーションが可能にする機能です。居住者に合わせた様々な生活サービスを提供し、利用に応じてその売り上げをシェアします。2033年には1/3が空き家になると言われる中、新たな収益モデルを提供します。
株式会社アクセルラボ


プロダクトマネージャー
成長市場であるスマートホームサービスを一緒に伸ばすPdMを大募集!
『SpaceCore』を柱に、アクセルラボは100年先の「暮らし」を見据えています。 まずはスマートホームを基軸に、人々の「暮らし」を一変させます。 << メディア掲載事例 >> 2021年10月23日放送のTBS系テレビ「王様のブランチ」にてSpaceCoreが紹介されました。 https://accel-lab.com/jp/archives/3564 【スマートホーム機能】 SpaceCoreがあれば、どのような住まいもスマートホームになります。 世界には様々なスマートホームデバイスが存在します。しかし、そのどれもが他の機器=他者との連携を念頭において設計されているわけではありません。 それぞれが独立したコントローラー(アプリケーション)を持ち、何一つ連動することなく動き続けています。 私たちのSpaceCoreは、世界中に存在するあらゆるデバイスと接続し、あらゆるテクノロジーの分断をなくすことを目的としています。 その分断を乗り越えた先に、全ての家電や設備が居住者のために恊働し、「便利」で「安全」で「快適」な「暮らし」があります。
株式会社アクセルラボ



📌アクセルラボのVisionが変更になりました

6期目より、アクセルラボのVisionが変わることになりました。
Visionとは、アクセルラボのミッションである「暮らしを次のフェーズへ」の実現に向けた具体的な未来像です。会社の進む方向性やゴールを示しています。


「家と暮らす」がキーワードとして加わりました。
私たちの生活に欠かせない”家”が、住む人に合わせて進化し、”家族”のような存在となる、
家と暮らす未来像を掲げることになりました。


📌OKR、本格的に始まります

6期より会社の制度としてOKRを本格的に開始することになりました。

OKRとは?
OKRとは目標の設定・管理方法のひとつで、Objectives and Key Results(目標と主要な結果)の略称です。米・インテル社で誕生し、GoogleやFacebookなど、シリコンバレーの有名企業が取り入れていることで、近年注目を集めています。


2年後、3年後を見据えて、社員数50名前後の段階だからこそ、リソースや時間をかけてでもいま「文化」を作るべきだという考えに至り、OKRを本格的にスタートさせることになりました。


全社会では、全社OKRの発表、そしてグループごとに発表を行いました。

今後、週1のチームごとのチェックイン・ウィンセッションをはじめ、
月1回の1on1、全社ウィンセッションなど、OKR推進事務局を中心に実施していきます。


まとめ

今回は全社会の様子をお届けしました!

アクセルラボは、まだまだ発展途上の会社です。ミッションやビジョンを達成するため、会社をもっと良い組織にするため、どうすればいいのか考え、体制やルールを変更して改善を重ねています。

会社のカルチャーを一緒に作り上げてもらえる方、ミッションやビジョンに共感してくれた方、ぜひ一度お話ししましょう!

皆さんにお会いできることを心から楽しみにしています☺️

最後まで読んでくださった方はいいね❤️を押していただけると嬉しいです。

株式会社アクセルラボでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング