This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

前兆に従って行くこと

株式会社クレジットエンジンに入る前

同じ時間、同じ道を通って、会社に行く ルーティンの仕事をこなす 同じ時間、同じ道を通って、家に帰る

上記のような環境では発狂しそうになる性質だと認識したのが2007年5月。 大手企業に勤め、2年目の春。

でも何をすれば良いのか/どうすれば良いのか、分からず。

理由は「何一つ長けているものがない」。

悩んでる時に、任されたPeople Managementからビジネスに興味を持ち、 2011年トロントへ渡り、プレMBAと言われるビジネスのDiplomaコースを修了。

帰国後、ベンチャーで過ごした2012〜2013年が人生が変わった節目。 ここでの出会いと経験で、今までの考えが全てひっくり返される。

トロントで勉強したことでは足りないという痛感も。

再度大手企業へ入り、2013〜2014年は集中して、経営の勉強。 インプットした知識を活かすべく、再度ベンチャーへの転職を目指し、

クレジットエンジンへの入社を決意。

随分遠回りしたと思っていましたが、

それぞれの選択は不思議とすんなり、

なるべくしてなっているという印象です。

現在

私の役割は

ーメンバーがそれぞれ担当の業務に、最大限注力できる環境を提供すること

ー上記の環境が”当たり前”である状態を維持すること

それが企業価値向上のための礎になります。

以下、文字通り何でもやっています。

・General Affiars 掃除とか、掃除とか、掃除

・Finance/Account 数学好きなので、1番好きなPart

・Labor 社労士の先生に助けていただきながら

・HR 採用は奥が深い

・Legal 契約書の準備など

・Customer Support 損保時代の経験がある為、ものすごく好きなわけじゃないけど得意

・Admin 備品の補充とか、CEOのスケジュール管理補助とか

株式会社クレジットエンジンについて

メンバーの第一印象:「かたい布陣」

銀行出身でMBAホルダーのCEO

長くM&Aに携わってきたMBAホルダーのCFO

公認会計士のエンジニア

大手メーカーでキャリアのあるエンジニア

最初は尻込みしそうでしたが、話していて違和感は全くなく。

すっと馴染めた(少なくとも私は)のが、入社を決めた理由。

「誰とやるか」が1番大事だと思っています。

今後どういうことをしていきたいか

私が想像するクレジットエンジンの将来は、

“日本におけるオンライン融資のマーケットリーダーとして、 業界を牽引する企業になっている”

そのために出来ること/やるべきことに尽力する。

「何一つ長けているものがない」は

「幅広くどんなことでもこなせる」

今はそう捉えています。

株式会社クレジットエンジンでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
138ae71d e6f4 4501 b4de b026cccdcda6?1500268941
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
7 いいね!
Anonymous
138ae71d e6f4 4501 b4de b026cccdcda6?1500268941
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
7 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon