1
/
5

開発ディレクターの仕事とは?

はじめに

D’s Baseは、“アプリケーション開発” に携わるディレクターのノウハウ共有や、エンジニアの方々へのインタビューを通して、ディレクターとエンジニアが少しでも仕事が進めやすくなるような情報を発信しています。
今回は、D’s Baseのメンバーがこれまで経験してきたことをもとに開発ディレクターとはどのようなものなのか?というところを皆さんに知ってほしい、をテーマに記事にしました。

開発ディレクターの仕事とは?

皆さんが思う開発ディレクターの仕事とは、どのようなものでしょうか?

まずディレクターとは、制作メンバーの全体の指揮をとる現場監督のような役割の人を指すことが多いです。制作プロジェクトのスケジュール管理や各スタッフの進捗管理を行い、限られた納期の中で、質の高い成果物をクライアントへ納品するところまでを担ってます。

Webサイト制作でのディレクターの役割として、おおまかに以下の制作フローで進めることが多いかと思います。

ヒアリング:クライアントと打ち合わせ

見積り

スケジュール策定

構成:機能設計 / クラウドサービスの選定 / ワイヤー制作

デザイン:デザイン制作・管理

開発:実装/テスト

公開

その中で、開発ディレクターの場合は、「開発」フェーズ でのディレクションの比重が特に大きくなります。
今回は開発ディレクターとして、フェーズごとにどのような関わり方をして業務を進行しているのかを、詳しく説明していきたいと思います。

1 ヒアリング

まずクライアントと打ち合わせをし、要件について齟齬がないように認識を合わせていきます。
ここで大切なことは作業範囲の確認です。
この「作業範囲の確認」を疎かにしてしまうと、後々のトラブルの元になりかねるので注意が必要です。
「何を納品するのか」「納品物以外で必要な作業はあるのか」などの納期と成果物については、必ず確認しておきましょう。

打ち合わせの後は、ヒアリングした作業範囲を整理し、双方で認識を合わせます。
必要に応じてPowerPointなどで作業内容をまとめ、認識が合ったところで、次に見積りの準備を進めていきます。

2 見積り

見積り書を作成するには、工数の根拠となる材料が必要です。
この材料の調整もディレクターの役割であることが多いです。

▼続きはこちらをご覧ください

株式会社D2Cdotでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング