Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

「食べもので、生きかたをつくる」 私たちは、食でおこなう未来のヘルスケア、予防医療をリードする会社をvisionに掲げ、健康事業を展開しています。 現在、全国に約40人の管理栄養士のネットワークを構築しており、パートナーの管理栄養士と手を組みながら事業を展開。 しっかりとヘルスケアの本質は抑えながら、現実的でかつ、楽しんで続けられるヘルスケアを日々考えています! 「人生百年時代」「健康経営」など、今や国をあげて健康増進を後押しする時代。10年後の自分、大切なパートナー、家族の健康のそばにあるサービスを目指します。

なぜやるのか

「食を通じて、人生をより豊かに」 国の医療費42 兆円の軽減はもちろんですが、“モノ、お金” よりも、自分自身が人生を謳歌するために、何にも変えられないのが “健康” だと私たちは考えます。 そして、健康になるためのアプローチとして毎日の食事は一番身近なものだと思っているからです。 ★さらに、なぜ食に関するサービスを行うのかを、代表である板橋はこう語ります。 板橋 里麻(イタバシ・リマ) 代表取締役 ――プロフィールーー 大学卒業後、栄養職員として小中学校の食育の現場に。管理栄養士取得後は、ヘルスケア事業をおこなうベンチャー企業(現:株式会社フィッツプラス)のスタートアップに携わり、オンライン食事カウンセリング事業、特定保健指導事業の立ち上げに携わる。 その後、独立。フリーランスとして病院、企業などで食事カウンセリングを行いながら、企業の栄養監修、レシピ開発、セミナー、執筆などをおこなう。 2016年株式会社たべかた設立 ーーーーーーーーー 板橋「私自身、これまでに企業の食事カウンセリング、個人のダイエットカウンセリングなどで3,000人以上の食事を見てきているのですが、実際に食事のカウンセリングをしていくと、食事の専門的なアドバイスをしながら同時に、実はメンタルのケアをしていることに気づきました。 食と生活というのは紐付いているので、多くの方が、生活の乱れを食事で発散しようとします。 “ストレスが溜まって暴飲暴食”、“忙しくてレトルト食品やファストフード中心の食生活”など、生活の乱れは食事にしわ寄せされてしまいます。 逆に、食事を整えていくと体調がよくなるのはもちろんなのですが、マインドにも影響が出てくるケースも多いのです。最初は半信半疑で始める人でも、食事を整えて数値が改善されたり、キレイになってくるのがわかると、明るく前向きになり、“次はマラソンに調整してみようか”、“ファッションに挑戦してみよう”など積極的にいろんなことにチャレンジするようになります。 食によって健康に寄与できれば医療費を減らせるなど、経済的な効果にもなりますが、目の前の方が明るく生きられるようになるのを見るのは大きなやりがいです。世の中の食事を整えるということは、健康になることはもちろん人生にハリのある人を増やすことにも繋がると思っています。」

どうやっているのか

現状、オフィスには少人数スタッフで運用を行なっていますが、全国に約40人の管理栄養士のネットワークを構築しており、パートナーの管理栄養士と手を組みながら事業を展開しています。 登録いただいている管理栄養士は、代表自身が直接リクルーティングしており、優秀かつ、それぞれに得意分野も持った人材ばかり。そんな管理栄養士メンバーと共に、事業内容によってサービス設計を考えています! また、管理栄養士の活躍の場を作っていくことも私たちのミッションの一つです。