1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

~”社内のメンバーが一緒にワクワク働く!”の実現を目指すコミュニケーションプラットフォーム「airy(エアリー)」シリーズ~ ■学生と企業の距離をテクノロジーで近づける「エアリーフレッシャーズクラウド」 学生と企業をつなぐSNSサービスです。 また、内定者や入社したばかりの若手社員と先輩社員・人事担当者のコミュニケーションをスムーズにし、困ったときに相談したり、社内の人との良好な関係性をつくります。また、新入社員研修、OJT支援など広く活用いただいており、今では国内トップクラスのシェアのサービスです。 ■HRアワード2019 最優秀賞!「エアリーダイバーシティクラウド」 産休・育休や介護、傷病といった休業、海外赴任、出向などで自社のイントラネットにアクセスできず、企業内における情報難民になりがちな社員へ効率的に情報を配信し、不安を取り除くためのコミュニケーションを実現できます。 「airy(エアリー)」シリーズは、ご紹介した2つのサービス以外に「エアリーエンゲージメントクラウド」「エアリーエデュケーションクラウド」「エアリー for アルムナイ」「エアリー for キャンパス」があります。

なぜやるのか

〜毎朝、会社に行くのが楽しくなる!働く人が輝ける会社の実現へ〜 「airy」シリーズは、働く人にスポットをあてて、人事課題をテーマに10年以上サービス提供をしてきました。 具体的には、コミュニケーションプラットフォーム上での活発なコミニュケーションを通じて、社員のモチベーション向上、ミッション浸透、企業カルチャー改革アップなど、働く人が”イキイキと仕事ができる会社作り”を支援してきました。 国内最大のテーマパークなど1000名以上を超える大手企業から中小企業まで幅広くご利用いただき、累計約600社、8万名以上の実績があります。 しかし、「人生100年時代」や「働き方改革の推進」といった時代の変化に伴い、副業・リモートワーク・海外人材といった働く人達が多様化し、人事課題も複雑化してきました。更に、AIや機械学習が普及していく中で、人事領域にはまだまだテクノロジーが浸透していません。 EDGEは、より人事課題の変化に対応するため、2017年に株式会社ガイアックスから独立をし、10年来、お客様のニーズに応えるため、機能改善・追加、UI/UXのリニューアルなど変化もしてきました。 また、10年来、HRテクノロジー領域でサービス展開をしてきたノウハウを活かし、テクノロジーの力で”働く人が輝ける会社”の実現に貢献していきます。

どうやっているのか

〜ミッション〜 Our Company Berief:人は、もっと輝ける 人生の貴重な時間を使ってする仕事が、もっと一人ひとりにとって有意義な時間にできたら、もっと世の中が良くなる。そんな思いから「私たちの信じる未来」を設定しました。 ~行動指針~ この指針に沿った施策を積極的に行うことで、EDGEにおける組織のダイバーシティを活かしスピード感を持った意思決定および施策の実現を目指します。 ■Opinions 組織に対して遠慮なく意見を言う ■Responsibility 組織が決めた業務に対して結果が得られるようにコミットする ■Improvement 良い結果も悪い結果も受け止めて常に改善し続ける 〜自分らしい働き方〜 EDGEでは、一人ひとりが最大のパフォーマンを出すことができ、働きがいのある会社を目指しています。 ■社員が主体となって目標と給与を決めるQCP制度 四半期に1回(インターン生は月1回)、上長と面談を実施します。 一般的な定期面談では仕事の目標がメインですが、EDGEの面談では、社員自身のライフプランやキャリアアップの実現について、上長と膝を突き合わせながら話をします。 更に、仕事の目標は、上長が決める目標以外に、社員自身が目標を決めて、目標が達成した際の給与も社員自身が提示をして、上長と相談をして決めています。 ■総務省テレワーク先駆者百選に選出!多様な働き方に対応したリモートワーク制度 一人ひとり、パフォーマンスが高まる環境は異なります。 社員が働き方を選択できるように、上長の確認を取るのではなく、自己の裁量でリモートワークを活用することができます。 また、オンラインによるMTGや情報共有ツールなどを活用し、気軽に声を掛け合うことで、リモートワークでも円滑にコミュニケーションをとっています。