1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

リアル&オンライン入社式を初開催!新入社員の一生に一度の晴れ舞台は感動の嵐に。

みなさんはじめまして、株式会社圓陣採用チームの國崎(クニザキ)です。コロナ禍で2021卒の方は就職活動において非常に苦労されたのではないでしょうか。採用に関わる方々も苦しい決断を迫られた場面も少なくないはず…。

そんな中、弊社ではこの2021年4月に全国で20名を超える新しい仲間が加わりました!コロナ禍ということもあり、関西・関東・東海のエリアごとに入社式を開催、また直近まで緊急事態宣言が発令されていた関東エリアではリアルとオンラインを組み合わせて開催をしました。本記事ではその関東エリアの入社式レポートをお送りします!

入社式を開催すべきか

入社式開催を検討する際に即行で壁にぶち当たりました…。コロナ禍の中で入社式を開催すべきなのかどうか…。当時を振り返ると入社式開催の検討をしていた頃、東京では緊急事態宣言が発令されており、準備をするにもどうしたら良いのか…という状況でした。

そんな中、想いとして変わらずあったのは「新入社員に私たちの理念である『こころを、あげる。』を感じてほしい」ということでした。この理念の『あげる』は「give」と「rise」の二つの意味を持っています。こころから相手のことを想い、こころから高揚する体験をして欲しかったのです。そのためオンライン開催になっても、リアル開催になってもどちらでも対応できるように準備を進めておりました(とは言えリアルでできたらいいなー、という想いが強くあったのは事実ですが…)。

緊急事態宣言が2021年3月22日に解除されることが決まり、リアル開催を軸として急ピッチで準備を進めました。

会場は想い出のザマグナス東京

弊社では新入社員が入社したその日に、全社員が集まり表彰式や会食などを行う「キックオフイベント」を毎年実施していました。なかなか会うことのない遠方に勤務する仲間と会える1年に1度のこのイベントを、私自身とても楽しみにしていました。

ですが、昨年からコロナ禍であることを踏まえキックオフの開催は見送られていました。開催できないことは悔しいし残念ですが、それよりも「新入社員にあの雰囲気を味わって欲しかった…」という気持ちの方が大きかったのを覚えています。

そこで社長のいのさん(弊社では社長の井上を「いのさん」と呼んでいます)に相談をし、いのさんから「全社員を集めることはできないものの、入社式会場は毎年キックオフを行う『ザマグナス東京』で行おう」とおっしゃっていただき、こちらでの開催が決定しました。ザマグナス東京は銀座の一頭地にある結婚式場&披露宴会場です。その夜景は素晴らしく東京タワーも綺麗に見えたりします。

▲東京タワーは見える夜景は都会を感じられます(國崎は田舎出身。。)

入社式当日

本社のある関西を4月1日に実施することとなり、関東エリアは4月2日の実施となりました。またコロナ対策としてリアル参加する人数を最低限に絞り、それ以外はオンラインで参加する形としました。センターマイクの前にカメラを設置してzoomでの配信を行いました。途中、ムービなどもあったため配信できているのか不安もありましたが、後日聞いてみると無事できていたようでほっとしました。

▲社長のいのさん

▲山本専務(WANTEDLYのメンバーにおりますのでぜひご覧ください!)

▲大久保MG(関東エリアを統括するコワモテマネージャー、実は優しい!)

▲辞令授与(このあたりから國崎の涙腺が危ないです)

▲新入社員代表挨拶(もう泣いた)

▲内容は言えないサプライズ演出(内容知ってるのに泣いた)

最後に

私は司会を務めていたのですが、見ていただいたようにずーっと泣いてました、、、勝手に親御さんの気持ちに、、、。こうして新しく仲間になってくれたみんなとともに『こころを、あげる。』を創っていきたい、そう強く思いました。

コロナ禍ということでいつもと同じようにはいきませんでした。ただその中でできることを考え、無事開催できたことがなによりもよかったです。新しい仲間からもリアル開催してくれて嬉しかったとか言われちゃったものですから、感無量です。

今回、開催にあたり会場のみなさまや外部の多くの方にご協力をいただきこのような素敵な会を開くことができました。ご協力くださった皆様、本当にありがとうございます。

みんなにとって忘れらない、そんな1日になっていれば嬉しい限りです。

▲集合写真(オンライン参加の方全員入れなかった…)

株式会社圓陣では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう