1
/
5

カスタマーサクセスの流儀は、“相手の期待と動機”に向き合い続けること。PdMを兼任する若手メンバーの挑戦

「相手の動機に向き合うことが、お客様が抱える本質的な課題の発見につながり、プロダクトのコアバリューを高めること、お客様を”成功”に導くことにつながると思っています」

「エクサウィザーズ」で活躍する”ウィザーズたち”を紹介するストーリー。

AI分析ツール「HR君Analytics」のカスタマーサクセス兼PdM(プロダクトマネージャー)を務める阿部一真さん。カスタマーサクセスを自分の“天職”だと話す彼が、カスタマーサクセスの道に歩むことになったのは、NTTデータでの経験と、同社に新卒入社するきっかけとなったアフリカへの一人旅でした。

なぜ、カスタマーサクセスが“天職”なのか。その根底にあるのは昔から変わらない阿部さんの”相手の期待と動機に向き合うGiveの姿勢”でした。


◾️ プロフィール

阿部一真 (あべ・かずま)

早稲田大学で社会心理学を専攻。DeNAへのインターンシップを通じて自身が実現したい世界への思考を深め、新卒でNTTデータに入社。Salesforceビジネス推進部署でCRM/SFA/MAソリューションのセールス・コンサルティングに携わり、カスタマーサクセスチーム立ち上げ時にはコアメンバーとして参画。その後、2020年にカスタマーサクセスとしてエクサウィザーズに入社。0→1フェーズの各プロダクトにおけるカスタマーサクセスのあり方を模索しながら土台を作り、2021年からはAI分析・予測プロダクト「HR君Analytics」のプロダクトマネージャーも務める。


続きはこちら。

ExaWizards Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう