1
/
5

ここまで志望動機を明確に話せる会社は他になかった。ISとして課題解決へのきっかけ作りを担当していることに、誇りをもって働いています。


はじめまして!
1月にフルカイテンに入社しました、桑山と申します。
インサイドセールス(以下:IS)を担当しています。

これまでの経験

アパレル販売→IT商社→セキュリティ系SaaSのISと経験する中で、前職ではISの立ち上げに携わりました。
ISというポジションの魅力にのめり込んでいく中でもっとやりがいのある環境を求めて、転職を決意しました。

フルカイテンとの出会い

そんな中、転職エージェントさんの紹介でフルカイテンを知りました。
それまでフルカイテンを知らなかった私ですが、アパレル×SaaS×ISの経験をフルで活かせて、なおかつ自分の仕事が社会問題の解決につながるなんて素敵なことだと思いました!
他社の選考も並行して受けていましたが、
ここまで志望動機を明確に話せる会社は他にありませんでした。。(笑)


入社して感じたこと

メンバー全員がお客様の成果をとにかく第一に考えていること。
入社してまだ2週間ほどですが、6件の商談に同席させていただきました。
FULL KAITENの商談では、必ず初めに
「弊社のセールスの目的は「売ること」ではなく、貴社に成果を出して頂くための「計画作り」が目的だ」
ということをお客様にお伝えします。
FULL KAITENの導入はお客様企業の売上や粗利の増加に直接結びつく分、システムとのデータ連携が必要だったり、関係部署が多かったり、正直すぐに導入できる製品ではありません。
決して安価なサービスでもありません。

そのため、和やかな雰囲気であってもお客様の視線はとても真剣ですし、フルカイテンメンバーもお客様の話を伺う中で本当にお客様のためになるのか・成果を出せるのかを見極めて
できること・できないことをきっちり伝えながら提案していきます。

FULL KAITENは今までにない新しい概念のサービスなので、他のクラウドサービスと比べて一案件にかける時間は長いです。
ですがそれだけ在庫に困っているお客様がいて、その課題を解決出来たら、私たちにとってもやりがいあることだと思っています。
FULL KAITENの考え方がもっと広がればいいですよね。

フルカイテンのISについて

フルカイテンのISは、マーケティングチームに所属しています。
マーケティングチームではリードの獲得から商談化までを担当します。
ハリーさんのアドバイスをいただきながら、チームリーダーのショーンさん、マーケティング担当のこっちゃんとは週2でミーティングをしていて、進捗はもちろん、お互いの困っていることも気軽に相談しあえる環境です。
少人数なので任される業務範囲は広いですが、そこがモチベーションに繋がっています!
自分が出した案や意見に対してもすぐにフィードバックをもらえますし、個々の担当業務は違えど、チームみんなが同じ方向を向いて頑張っている安心感もあります。

試行錯誤しながらも常に成功への最短経路を考える、そんなチームです。

ISはお客様との最初の接点です。
適切なタイミングでFULL KAITENの価値を届けることがミッションです。お客様の課題解決へのきっかけづくり=スタートラインを担当していることに、誇りをもって働いています。

日々変化するお客様の状況やニーズを把握し、

私が働く軸として大切にしてきた「顧客視点」をとことん追求していきたいと思っています。

同じISチームのメンバーが書いたSTORYはこちら!


フルカイテン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
49 いいね!
49 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング