会社の未来をデザインする一日。グッドパッチの社員総会丸ごとレポート

こんにちは!経営企画室の杉本です。
先週の3月2日、グッドパッチでは社員総会が行われました。メンバーみんなでグッドパッチの未来を考えた総会の様子を、余すことなくお届けしたいと思います!

社員総会について

毎年グッドパッチでは、上半期が終わる3月上旬と、新年度が始まる9月上旬に、全社員が参加する総会を行なっています。経営層やマネージャーを含め、グッドパッチのメンバー全員が同じ方向を向いて走っていけるように、年に二回自分たちを振り返り、下半期の展望や目標について考えます。

こちらのレポートでも紹介されているように、グッドパッチの総会ではワークショップを行うことが特徴です。そのため、全体のスケジュールは二部構成になっており、前半でワークショップ、後半はメンバーの表彰式をメインとしたパーティーとなっています。

まずは前半戦、ワークショップの様子から見ていきましょう!

バリューを考えるワークショップ

今回のワークショップは、設計にあたり運営メンバーが何度も準備を重ねてくれています。
当日は全社員分のワークシートのほか、ワークショップの前に土屋から発表があったスライドも印刷され、日本語と英語の両方で用意されていました。
細かいこだわりにも手を抜かないところが、グッドパッチ流ワークショップです!

事前に組まれていた4人1組のグループに分かれて、ワークが始まります。

ワークショップでは、グッドパッチが維持したほうがいいこと、変えるべきこと、新しく取り入れることをそれぞれ書き出し、内容をグループにシェアするというワークを行いました。

グループは合計で3回シャッフルされるので、普段は異なるプロジェクトを担当しているメンバーと話すことができ、コミュニケーションも楽しめたようです!

ワークショップで出されたバリューは、共通する言語を抜き出して精査され、更にブラッシュアップされていきます。最終的には、社員が手に取れるようなカルチャーブックになる予定です。

グッドパッチは東京の他にベルリン、ミュンヘン、台北にも拠点を持ち、メンバーのバックグラウンドや国籍、考え方は様々。100人以上の組織になった今だからこそ、全員に共通の価値観が必要なのです。

メンバー同士の理解を深め、会社のいいところ、もっとよくできるところを改めて振り返った今回のワークショップ。グッドパッチが更に加速するための、第一歩になりました!

MVPが発表されたアフターパーティー

ワークショップを終えたあとは、一同でパーティーの会場へ移動。メンバーが新しく増えていることもあり、今までよりも広い会場を貸し切って開催しました。

オフィスで行われたワークショップとは趣向を変え、お酒やご飯を楽しみながら歓談し、いよいよメインイベントの表彰がスタート!

年に二回のグッドパッチアワード

表彰式では、プレイヤー賞や、代表の土屋が選ぶ社長賞、マネージャー賞などを受賞したメンバーが表彰されます。メンバーの活躍を讃え、会社を支えてくれたことに感謝するためのイベントです。

今回はバックオフィスなど内勤のメンバーにも賞が贈られ、表彰の時間はメンバーへの感謝に溢れていました!

そして今回はありがたいことに、私が所属する経営企画室からも2名受賞者が!

今回の受賞を皮切りに、今後もどんどん受賞メンバーが増えるのでは?グッドパッチを支えるチームとして、他のメンバーに負けないよう頑張っていきたいです!

さて、数ある賞の中でもメンバーが注目し、密かに狙うのが、もっとも優れたプロダクトに贈られるMVP(MostValuableProduct)賞。個人ではなくチームに贈られ、チームワークやプロジェクトの推進力も評価された証です。グッドパッチのメンバーなら一度は取りたいと願う賞だと言えます。

そんなMVP賞は、先日リリースされたばかりの講談社さんの漫画アプリ、コミックデイズチームが獲得しました!

コミックデイズは、グッドパッチがUXデザインとUIデザイン、開発、ロゴデザインを担当させていただきました。コミックデイズ編集部ブログでは、アプリチームとして漫画で紹介されるなど、社内でもワクワクが尽きないプロジェクトでした!ぜひApp Storeでダウンロードしてみてくださいね。

クライアントワークと自社プロダクトなど、担当する業務は違っても、表彰の時間を通してお互いを認め、労いの言葉を掛け合うことで、グッドパッチはより強いチームとして前進していけるのだと思います。表彰が終わった後には、「次こそ賞をとりたい!」と意気込むメンバーも多く、この表彰式が刺激になっているようでした。

最後に一つ、舞台裏のお話をご紹介。
表彰でメンバーに渡す賞状が手作りなことは、以前にもこちらの記事でご紹介しましたが、今回は特注のトロフィーも用意していました。グッド「パッチ」にかけて、八角系のトロフィーです。

トロフィーや賞状の字詰めには、UIデザイナーのメンバーが業務の合間を縫って協力してくれました。社内イベントのグッズ作りは、デザイナーのクオリティに粘る姿勢を学べる貴重な機会になっています!

最後は、全員で記念撮影。

今回の総会を通して、全員がグッドパッチの未来を考え、どうデザインしていきたいか向き合うことができました。今度の総会では、更にメンバーが増えているかもしれません。次に表彰されるのは、これを読んでいるあなたかも?
グッドパッチでは、一緒にデザインの価値を広げていく仲間を探しています。ぜひ一度、遊びに来てくださいね!

株式会社グッドパッチ's job postings
27 Likes
27 Likes

Weekly ranking

Show other rankings