1
/
5

「ニートになりたい」イケメンデザイナーが口にした言葉の真実とは。

社員紹介第2段、本日はhachidoriが誇るイケメンデザイナーの秀島さん!

キャッチーなタイトルをつけてみましたが、秀島さんの「ニートになりたい」発言の真実とは?
インタビュアーは広報松本です。


いつものことながらイケメンですね!最初に自己紹介をお願いします。

「デザイナーの秀島勇也です。昨年10月に入社し、そこから約1年間、ひとりでhachidoriのデザイン全般を担っています。」

デザイナーってなるのが難しそうなイメージがあるんですけど、学校で勉強したんですか?

「いえ、独学です。学生時代にバイトしていたところでイラレを使ってポスターを作っていたんですけど、それがものすごく面白くて。これを仕事にしようと思い立って、そこから独学でデザインを学びました。」

独学なんですね、すごい!勉強した後はどうしたんですか?

「出来上がったものを持って制作会社へ行き、デザイナーとして就職しました。2徹は普通、みたいな『THE・制作会社』って感じのブラック感でしたけど、それまで独学だった分いろんなことをできるということがとても面白く、約7年間働きました。
その後は『単なるデザイン』だけではなく、ディレクションもしてみたいと思うようになり、事業会社へ転職。チラシ・HP・新卒向けの説明会用のコピー作成など...なんでもやりましたね。

社内広報などデザイン以外の仕事もありましたが、軸にあったのは『デザインを通したコミュニケーション』『コミュニケーションの活性化』。どれも楽しかったです。」


幅広くご経験されたんですね。そこからなぜhachidoriに入ったんですか?

「前職の知り合いがたまたまhachidoriに関わっていて、デザイナーを募集しているということで紹介していただきました。ポートフォリオも職務経歴書も持たずに代表の伴と面接し、ただ楽しそうだなという感じで入りました。今も変わらず仕事は楽しいです。

・・・こういうとあれなんですけど、実は僕、ニートになりたいんですよ。」



ニートになりたいイケメン


え、ニートですか?(動揺)

「ニートです。

なんというか、お金のために働くのって違うと思ってて。就活も嫌でしなかったし、今も働かずして生きていけるのであればニートになりたい。やりたくないことをしたり、ただ毎日仕事をこなすだけなら働きたくないと思ってるんです。

ただ、楽しい仕事であれば喜んでやりたい。

hachidoriなら仕事を楽しんでやれるんじゃないかって思った。だから入社しました。実際今もhachidoriでのデザイナー業務は楽しいし、だからこそ働いてるんです。」


楽しいことを仕事にする。楽しく働く。働く人全員の願いですね!

続いて、デザイナーとしての業務内容を教えてください。

「『CAST』のデザイン、UI/UXを考えて形にしています。それ以外にも、『hachidori』と『CAST』のリッチメニューのデザイン。パンフレットのデザイン。急に降ってきたデザイン・・・
結局、デザイン関連は全部やっているという感じです。」

何か困ったことがあるとついデザイナーさんにお願いしがちなので、気をつけないとですね。
hachidoriでデザインの仕事をしてて面白いところはどこですか?

「『CAST』はto C向けのアプリ(to B 向けでもあります)なので、ユーザからダイレクトに『使いづらい』などと意見が来るところ。若年層も多く使ってくださっているプロダクトということもあり、Twitter等でもよくご意見いただくのですが、直接レスポンスを見ながら改善していけるのは面白いなと感じます。

ただ、自分がデザインしたい動きは本当にユーザにとって使いやすいものになっているのか?自社リソースで開発できるか?なども同時に考える必要があり、面白さの裏には葛藤やもどかしさもありますね。」



秀島さんはhachidoriをこれからどんな会社にしていきたいですか?

「『hachidoriで働いているということが社員にとって誇りに思えるような会社』にしたいです。今はデザイナーとしての業務でいっぱいなところはありますが、いつかはコミュニケーションの活性化みたいなものも考えられたら良いですね。」


甘いマスク。3つ並んだiPhoneがちょっと気になる。


デザイナーとしてどんな人と働きたいですか?

「これは明確で、『先輩が作ったから、あるいはデザイナーが作ったから絶対にいいもの』と思わない人。ヒデさんが作ったものだから、それなら間違いなくいいですね!みたいなのは本当にやめてほしい。

同調するのは簡単だけど、そうするとより良いものは作れないから。

意見を素直に聞いて、素直に意見して、一緒にディスカッションすることで更に良いものを作っていける人と働きたいですね。」

答えのないデザインという仕事だからこその答えだと思います。
では最後に一言、お願いします!

「スリリングに働こう!一緒に楽しんで仕事しよう!hachidoriは将来有望なスタートアップです。ですが、スタートアップゆえ、『人が足りない』『急にタスクが降ってきた』などの状況変動は日常茶飯事。その緊迫した感じさえも楽しんでいきましょう!」



最後までイケメンな秀島さん、ありがとうございました!


hachidoriではデザイナーをはじめ、全職種絶賛募集中です!
楽しくて価値ある仕事を一緒に作っていきませんか?

hachidori株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more