仲間と一緒に、一歩ずつ前へ。工藤 純子さん:企画営業部・営業推進チーム【メンバーインタビューvol.6】

こんにちは^^みなさま19卒内定者ブログ、楽しんで頂けていますでしょうか?
内定者5人でそれぞれ雰囲気の異なるインタビュー記事になっており、私自身も「みんなどんなこと書いているのかな〜」「次の公開は誰だろ?」と気になってしまう今日この頃です。
6回目となる今回は企画営業部・営業推進チーム、工藤純子さん(じゅんじゅんさん)にお話を伺いました!

企画営業部・営業推進チーム 工藤純子さん
(聞き手・伊澤真奈)


【ヒトカラメディアで、どんなお仕事をしてますか?】

企画営業部の営業推進チームに所属しています。営業メンバーがお客様にご提案するための物件資料を作ったり、内覧の手配をしたり、幅広くサポートしています。不動産の仲介は正解がなく、お客様によって希望のエリア・広さ・移転時期といった条件が異なります。営業メンバーとして新しく入ってくるメンバーにもナレッジを共有できるよう、新人教育体制のマニュアル作りも進めています。


【人生のターニングポイントを教えてください!】

① 大学2年でアフリカを訪れたとき。

大学の授業の一環で、アフリカのザンジバル島を訪れました。「綺麗な海が見たいな〜、自分では旅行しないだろうな〜」なんて理由で決めた行き先。そこで出会った同い年の男の子に「君の夢は何?」と聞かれたことが衝撃的でした。きらきらとした様子で将来を語る少年とは違い、その時の私は何も答えることができず、なんとも恥ずかしい気持ちになったのを覚えています。初めて「自分の人生ってなんだろう?これからどうしよう?」という感情が芽生え、そこからは何事にも積極的に行動したり考えたりするようになったと思います。


② 新卒の会社をやめたとき。

震災もあった影響で、就職活動はとても厳しかったです。「厳しい状況でやっと入社できたのに」「3年は働かないと」という思いを勝手に抱いていました。入社した会社は、売上重視の雰囲気が強く、個人で動くことがメイン。そんな環境で働いている中で、チームの一員として仲間と一緒に働きたいという思いが日に日に強くなっていきました。
もやもやと悩んでいた中、友人に言われた「笑顔で健康に過ごすことがいちばん!」という言葉。この言葉に目が覚め、自分の気持ちに正直になろう、自分で選んだ人生を生きよう!と退職の道を選びました。


③ 結婚したとき。

結婚を機に、前職を退職しました。結婚してから、自分の為だけでなく、誰かのために時間を使うという気持ちが芽生えるようになりました。1年ほど仕事はお休みしていましたが、やっぱり働きたい!と思うように。これまでとは違う新しい人生を歩む上で、「くらしと仕事のバランスを大事にしたい」と考えていたところでヒトカラメディアと出会いました。今は、仕事に重きを置いていますが、仕事を始める前よりもメリハリのある生活になったと思います。

【あなたの原動力を教えてください!】

・人と会うこと
  これがいちばん!会いたい人に会いに行くこと、その時間を大切にすることを意識してます。

・元旦に考える!今年やることリスト
 元旦に考えて、お気に入りの手帳に書いてます。疲れたなーと思ったらそのページを振り返ってやる気   を出して見たり。達成した後にピーっと線を引く瞬間も良い!!
   ex.韓国旅行、自分の運転で日帰り温泉に行く、さまぁ〜ずに会う(達成済!)などなど…

・褒める、褒められる
  当たり前のことですが、やっぱり褒められると嬉しい。
  オフィスでもお隣同士よく褒めあっています。


【これからどんなことをやっていきたいですか?】

私は、仲間と一緒に前に進んでいる時に、「あ。楽しいな。」と感じます。1人で仕事はできないし、限界がある。でも、仲間がいれば嬉しいことは倍に、苦しい時は助け合えます。気づきを共有したり、ここはもっとこうした方がいいよね、と推進してみたり。そんな小さな積み重ねをこれからも続けて、昨日よりも今日、自分とチームがより良くなることを大切にしながら働いていきたいと思っています。
一方で将来は子どもも欲しいと思っているので、プライベートでは家族や両親、また友人とのつながりを大切にしながら過ごして行きたいな〜と思います。

初めて営業推進チームのメンバーにインタビューさせて頂き、お仕事の内容も詳しく知ることが出来ました。自分も周りもハッピーになれるような生き方について語る工藤さんの姿がかっこいいと思いました!貴重なお時間を頂き、ありがとうございました!

株式会社ヒトカラメディア's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings