1
/
5

【ヒトカラ日記】2019年4月度・月イチキックオフ&新メンバー歓迎会!平成最後、新メンバーの「こんな人になりたい」を聞いてみた

2019年4月5日は、月イチキックオフでした!今月の司会は、プランニング事業部の大塚。


キックオフは、「全体、各部署の売上数字把握」「振り返りの機会の創出」「各部署のおおまかな今月の動きの把握」「うまくいっている箇所、うまくいっていない箇所の把握」をしっかり行うことによって、自身の部署に加え、全社的な動きの把握、観点を持つことが目的としています。事業の多角化とともに部署も人数も増えてきたなかで、とっても大事な時間です。



4月にジョインした新卒を含める6名の入社により、総勢57名となったヒトカラメンバー。2018年度を振り返りつつ、各部署の今後の展望についてのお話もありました。


キックオフ後は、オフィスで新メンバーの歓迎会を開催!

▽新入社員入社式の様子はこちら



新メンバーとだけではなく、普段なかなか仕事で関わりのないメンバーとの話も弾みます。今やってる案件のあれこれ、最近プライベートではまっていることなどなど・・・


途中、新メンバーから「どういう人になりたいか」の発表タイムもありました。
ドラえもんみたいに新しい何かを取り入れる人になりたい、いい意味で"壊す"人になりたい、オフィスという概念をもっと広く楽しくさせる人なりたい、尊敬する先輩メンバーみたいになりたい・・・それぞれの想いをみんなの前で宣言!

来月からはいよいよ元号も平成から令和に変わり、新しい時代に突入します。それぞれの「こんな人になりたい」を胸に抱えつつ、皆でより"いきいき"としたヒトカラメディアを作っていけるといいですね◎

2019年3月のMVP/MVM/MVAは、1〜3月の総合獲得ポイントにより決定!2018年度4Qの結果は下記の通りでした!


【 Most Valuable Player】佐藤・中川(企画営業部)

4QのMVPに輝いたのは、同い年コンビの佐藤&中川。ヒトカラMVP史上、初のダブル受賞でした◎
1年前と比べて倍、売り上げをあげた佐藤。日々の気づきや発信、そして自身の振り返りをきちんと自分の言葉で語れるようになるなど、物事の考え方も急スピードで進化している姿にメンバーからのたくさんの票が入りました。2018年度から任命された「スイッチオフィス」の責任者としての役割にも期待大です!

約1年半かけての大きな案件を、最後までやりきった中川。全社でも特に注目されていたこの案件以外にも、企画営業部内のムードメイクをしてくれたり、細かい気遣いでサポートに入ってくれたり・・・以前本人が言っていた「Happy200%の仕事をしたい!」という言葉の中には、自分100%・相手100%という意味が込められているのだそう。その言葉通り、多くのメンバーが様々な場面で助けられました!



【 Most Valuable Member】大塚(プランニング事業部運営チーム)

プランニング事業部運営チームの大塚。2018年度4Qは、マネージャーの交代があったり、自身もサブマネージャーになったりと環境の変化が大きい期間でした。そんな中でも変わらずやるべきこと、自分の信じることを貫いていました。プランニング事業部のハートとして攻守ともにみんなの支えとながら、日々仕事に向かう姿勢、これがメンバーにも伝わっての受賞でした!




受賞されたみなさま、おめでとうございます!!!

そして、全メンバー2018年度お疲れ様でした!2019年度1Qも頑張りましょう!!!

株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ヒトカラメディアからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?