1
/
5

【ハッピーホリデー部】大谷資料館!

先日、「岩下の新生姜ミュージアム」についてお届けしたヒトカラメンバーが思いっきりオトナの休日を満喫する「ハッピーホリデー部」の様子。今回は、「大谷資料館」についてお届けします!


↓「岩下の新生姜ミュージアム」に行ったときの様子は、こちら。

「岩下の新生姜ミュージアム」から車で約1時間弱、大谷石で有名な石の里「大谷」エリアに到着。

国の名勝にも指定されている剥き出しの岩肌や垂直に切り立った岩壁。

駐車場の車と比べると、圧巻の高さが分かります。。ダイナミック!

駐車場から少し歩くと、高さ27m・胴まわり20mもある大谷石で作られた平和観音が現れます。太平洋戦争の戦没者の慰霊と世界平和を祈念して、昭和20年代に6年もかけて総手彫りで製作されたものだそうです!

大谷石は、耐震・耐火・耐久性に富み、柔らかく加工しやすいため、主に石塀や置物などに加工されるそうで、お店もたくさんありました。

おしゃれなオープンテラス付きのカフェ兼おみやげショップ「Rockside Market」もあります。大谷石を使ったインテリアグッズ、アクセサリーやポーチなど普段使いしやすそうな栃木県の伝統工芸を元にしたグッズを置いています。


◎Rockside Market:https://oya-rsm.co.jp/

こちらが「大谷資料館」の入り口。

約100段の階段をテクテク下っていくと、、

地下30m・2万平方メートルにも及ぶ大谷石の地下採掘場跡が広がっています。坑内の平均気温は、外よりも肌寒く、8℃前後!ライトで照らされ、神秘的な空間です。

コンサート・映画会・美術展・セミナーなども開催されているそうで、この日もコンサートがおこなれていました。最近では、BMWの試乗会も行われたようです!

また、映画・テレビドラマ・CM・プロモーションビデオの撮影も行われているそうで、たくさん写真が飾られていました。(話題の作品ばかり!)

あのアーティストもここで・・!

ところどころ、可愛らしいハートの影も♪なんと、奥にはチャペルもあって、結婚式の会場として使用されることもあるそうです。

運良く、西陽が差し込む時間に遭遇!とっても幻想的で美しかったです。

私たちは、「岩下の新生姜ミュージアム」「宇都宮餃子」「佐野厄除け大師」も組み合わせて日帰りで観光してきました!関東圏では比較的空いていて楽しめる穴場なので、おすすめのドライブコースです☆(JR宇都宮駅から、「大谷・立岩行き」のバスも運行しています)


◎大谷資料館:http://www.oya909.co.jp/


さーて、ヒトカラハッピーホリデー部、次はどこへ行く?☆




★ヒトカラメディアでは、一緒に働くメンバー大募集中です★

https://www.wantedly.com/companies/hitokara-co/projects

◎企画営業部オフィスプロデュースチーム:https://www.wantedly.com/projects/78513

◎プランニング事業部:https://www.wantedly.com/projects/51263

◎事業推進部:https://www.wantedly.com/projects/83118

◎軽井沢事業部:https://www.wantedly.com/projects/66909

株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング