【新卒1期生インタビュー】「人がイキイキと働ける世の中」を作るため、ProFutureに入社!

*********************
2018年夏から始まったProFuture新卒一期生の採用。
秋~冬に多数選考を行い、Wantedly経由で2名の入社をいただきました。

今回から4回にわたって、そのお二人へのインタビュー、個人の想いなどを特集していきます。
*********************

新卒一期生:相原さん(写真右)

【どんな就活をしていましたか?】

「人がイキイキと働ける世の中を作りたい」と思っていました。
その上でベンチャーを中心に、インターンなども数社受けながら回っていました。

【ProFutureに入る決め手はなんでしたか?】

上記の想いを達成するためにピッタリの会社だと思ったからです。

最初は、働き方をよくできるサービスそのものを提供している会社に入ることを考えていました。
ですが、ProFutureであれば中立的な立場をとれること、様々な会社の面白いサービスを広げられること、が良いなと思いました。

また、他にあまり同じモデルがないブルーオーシャンなので、会社としての成長見込みや安心感もありました。

【入社から2か月たって、いかがですか?】

他社に入った新入社員の友達で、「仕事がつらい、会社をやめたい」、と言っている子もいますが、今のところはそう思っていません。むしろ出来るだけ長く働きたいな、と思っています。

理由として、残業をするなという風潮があること、周りがしっかりと向き合ってくれること、があると思います。

また会社として「挑戦」を大事にしているので、「失敗してもいいから挑戦してみよう」、「失敗するからこそ、成長できる」と言われているので、失敗が怖い私も少しずつ挑戦しています。

さらに、ベンチャーは研修がないというイメージだったので、この最初の3か月でしっかりとした研修を受けていることも嬉しいです。代表の寺澤からの研修もあり、多様な研修が用意されています。

【入ってからのギャップはありましたか?】

入社前、社内の様子を見学させてもらったとき、内装が白ベースで無機質で、かつ静かな時に入ってしまったので「あまりコミュニケーションがない会社なのかな」と思っていました。
オシャレな音楽や内装があるオフィスのベンチャーを回っていたので、イメージの違いがあったのだと思います。

ですが、入ってみると皆さんと賑やかにお話することができ、会議中でも笑いが聞こえてくる会社でした。

【目指したい姿はありますか?】

営業として活躍していきたいと思っています。

いまのカスタマーサクセスやインサイドセールスのお仕事も重要ですし、楽しいですが、お客さんと直接会い、客観的なお客さんの反応がみたい、と考えています。

自分の市場価値をあげるためにも、他社で活躍する友達に負けないような成長をしていきたいです。

【就活生に一言】

ずっと就活をしてきて、ProFutureに決まったのは4年生の12月半ばでした。

長引いて辛かったですが、そういう時には「何もせずに1週間くらい休むと良い」、と周りからアドバイスをもらいました。
心に余裕を持つと、良い結果になるように思います。

就活に疲れた時には、面接終わりにスタバの抹茶フラペチーノを飲むなどして気持ちを切り替えることも大事にしていました!

ProFuture株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more