Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
110人のフォロワー

メンバー

全員みる(15)

なにをやっているのか

弊社はプロフェッショナルを支援するポータルメディアとして人事領域の「HRプロ」に加え、経営ビジネス領域の「経営プロ」を運営しています。

特に「HRプロ」では2つの役割があります。

1.
人事関連情報を発信・集積するメディアとしての役割
2.
「人事」と「人事支援サービス会社」のBtoBマッチングプラットフォームとしての役割

時代のニーズに合った、新しいサービや注目する優良なサービスを、サイトやイベントを通じて人事担当者、経営者の皆さまに紹介しています。

●人事領域に特化した「HRプロ」
経営やビジネスに貢献する優良な「人事支援サービス」を
中立的な立場から紹介しています。
登録されている会員は現在7万人に近くに達し、今なお増え続けています。

**「HRプロ」の特長**
・人事のトレンドに関する記事が毎日多数更新
・大学教授、プロ人事や人材サービスの専門家などによるコラムが数多く連載
・豊富なセミナー開催情報
・調査機関「HR総研」等のデータに基づいたオリジナルコンテンツ
・採用、人財・育成、人事・労務といった領域ごとに情報を網羅

●経営・ビジネス領域に特化したメディア「経営プロ」
経営者層から部長・リーダー職層まで企業の根幹を支える
ビジネスマンへ向けた情報サイトです。経営のプロとして、成長できる「情報」と「学び」の場を提供しています。

さらに、メディアに付随した日本最大級の人事フォーラム「HRサミット/HRテクノロジーサミット」をはじめ「HRエグゼクティブフォーラム」等を開催し、人事担当者様とHR業界関係者との情報共有・ネットワーク強化の場を提供しています。

●日本最大級の人事フォーラム「HRサミット」
2012年から経営・人事系のイベントとしては日本最大級の「HRサミット」を毎年開催しています。2016年から「HRテクノロジーサミット」を新たに併催、2016年のお申込者数は2万人以上に達しています。著名人による講演だけではなく、協賛企業様による最新の事例や研究やサービスの動向などを講演形式で披露いただいています。

その他、日本のHR業界を盛り上げる様々な活動を多方面に行っております。

なぜやるのか

激変する世界経済、産業構造の変化、少子高齢化、IT化、グローバル化など、日本企業を取り巻く環境変化のスピードは増すばかりです。 変化のスピードが極めて速い現代、これまでの常識にとらわれた方法では多くの難題を解決することはできません。

わたしたちは、これまでにない「プロの、プロによる、プロのための」複合メディア(サイト、フォーラム、調査、出版など)を展開し、難題に立ち向かう人事、経営者の方々を支援するために、中立的なスタンスで様々な情報を提供し、最適な課題解決のためのサービスを選択できるようお手伝いします。

どうやっているのか

「社会を良く変える会社でありたい」

私たちの事業の核は、企業の経営者・人事部門の方々に対してさまざまな情報、調査分析、学びの場、業務支援サービスを提供するポータルサイトと経営者・人事向けイベントの運営です。登録している会員は約7万人となり、日本最大級の規模となっています。
このような事業をなぜ我社が行っているのか。事業においてどのような存在価値を発揮したいと考えているのか。
企業はすべて「働く人」で成り立っています。企業で働く人たちに最も影響力のあるのは、経営者と人事部門です。その経営者と人事部門に対して有益な情報、客観中立的な調査分析、プロフェッショナルなノウハウを学ぶ場、ニーズに合った業務支援サービスを提供することで、企業で働く人たちすべてに良い影響を与えられるようになりたいと、私たちは願っているのです。
事業そのものが経営者、人事部門を通して働く人たちに良い影響を与え、社会をよくする「てこ」のような存在になりたい。それが我社の存在価値だと言えるでしょう。

◆仕事を行う上で大事にしていること
仕事を行う上で大事にしていることは4つあります。

1番目は「自分・家族第一主義」
私は「自分、家族を犠牲にするような働き方はいけない。我社は自分・家族第一主義の会社です」と、常々言っています。 仕事は誰のためにするのか。社会のため、お客さんのため、仲間のためということはもちろんあります。ただ、ベースにあるのは、自分や家族のためにするものだということです。いくら仕事を一生懸命にやっていても、自分や家族を大切にできないような仕事の仕方は絶対にいけません。 社員にも、家族を大事にすること、家族に何かある時は積極的に会社を休むこと、仕事とプライベートともに充実していてこそ良い仕事ができるということをいつも言っています。年末年始や夏季休暇など、社休日が多いのはそういう考えからです。

2番目は「個の自律、プロ意識」
企業の人たちに最新の情報、ソリューションを提供し続けるために、私たち自身がプロであらねばなりません。限られたビジネス時間の中で、集中して業務を行い、個人が自律的に学び、プロになれなければならないという自覚が必要です。そして私は、社員のみんなに仕事を徹底的に楽しみながらプロになってほしいと思っています。

3番目は「チームワーク&コミュニケーション」
個人の単なる集合体が会社組織ではありません。メンバーがチームワークを高めてコミュニケーションを取り合うことで、組織にはより大きなパワーが生まれます。我社はチームワークを非常に重視します。 一人ひとりに大きな役割を与えながら、メンバー同士が知恵を出し合い、差別化したビジネスモデルを全員で構築していきたいと思っています。

最後の4番目が「変化を恐れず楽しむ挑戦心」
私たちは新しいことにチャレンジするのが大好きな会社です。同じところにとどまらず、常に新しい価値提供を模索していきます。変化を恐れるどころか、変化を楽しみ、自分から変化を仕掛けていく。そういう仕事の仕方が好きな人には、我社はピッタリでしょう。

ソーシャル

私たちについて

私たちの事業
企業の経営者・人事部門の方々に対してさまざまな情報、調査分析、学びの場、業務支援サービスを提供するポータルサイトと経営者・人事向けイベントの運営です。登録している会員は約7万人となり、日本最大級の規模となっています。

企業はすべて「働く人」で成り立っています。
企業で働く人たちに最も影響力がある経営者と人事部門。
この分野の有益情報、客観中立的な調査分析、プロフェッショナルなノウハウを学ぶ場等を提供し、企業で働く人たちすべてに良い影響を与えられるようになりたいと願っています。

スペース

ProFuture株式会社’s Blog
ProFuture新人日誌

アルバム

インタビュー

ブログ

ProFuture株式会社の募集

もっとみる

地図

東京都港区赤坂 5-2-20 赤坂パークビル 23 階

Page top icon