1
/
5

えるぼし最高ランクを獲得しました!

ご無沙汰しております・・・!ProFutureの常念です!
2年ほど、wantedlyでの記事を更新できていませんでしたが、
その間にオフィス移転やコロナ禍での過去最高収益など、さまざまなことがありました。

現在、積極的に採用活動実施中!ですので、これから活発に更新していきますね。
まず本日は、直近の人事的大ニュース、「えるぼし」取得 についての記事を投稿します!

皆様もご存じかもしれませんが、
えるぼしは、女性の活躍を推進している企業を認定する制度で、厚生労働省が実施しているものです。
えるぼしでは、政府の定める基準値や産業平均値を上回るかどうかで取得の可否が決まります。

日本全体での女性労働者の割合はわずか25.5%、(情報通信業では23.3%)
女性管理職は10.2%しかいないそうです(情報通信業では8.2%)

一方、ProFutureの女性労働者割合は42.9% 女性管理職割合は25%
基準を大幅に超える実績を誇ります。

ProFutureにいると、男女かかわりなく働くことが当然に思いますが、まだまだ日本全体では一般的ではないことを知り、個人的にはとても衝撃をうけました。。。。

こうした各社のデータは、政府の下記データベースからご覧いただけるので、
是非気になる企業さんを調べてみてください!

https://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/detail?id=28587


こうしたマーク取得を行うには、法定内の残業時間か、等の基準を満たす必要があるのですが、
50名以下の企業で、ProFutureと同等の基準を達成する会社は全国で133社しかないようです(※)

えるぼしを取得している企業さんは、まずは法定違反がなく、積極的に人事施策等に取り組まれている会社さんだと思いますので、
求職者の方は、一つ参考にしてみてください!

今回のえるぼし取得をうけて
もちろん、人事としては現状で満足することなく、
すべての人が働きやすい、成長できる環境を作ることを目指していきます。

今後、育休にまつわる「くるみん」や「健康経営優良法人」等にもチャレンジしていき
その過程で、会社の在り方を見直していきたいと思っています。

女性に限らず、すべての社員の皆様が働きやすい会社となるよう、
また、日本の働きやすさをリードする会社となるよう、取り組んでいきます!

(※)えるぼしの段階3を取得している、常時雇用する労働省が50名以下の企業(2022年1月末現在)

ProFuture株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう