1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

i3DESIGNはStrategy x Design x Technologyの力で世界の進化を支えることを目的とし、クライアントのDXを実現するデザイン思考のテックファームです。 クライアントワークでは、「スマホアプリを新規で立ち上げたい」「サービスのUXを改善したい」といった企業の課題に、デザイン思考と技術力で応えています。クライアントの大半は大手企業で、サービスの構想段階からパートナーとしてコミット。コンセプト設計・UIデザイン・開発・運用後の継続開発まで一貫して携わっています。 最近では、ブロックチェーン・自動運転・AIなどに関連するUX/UIデザインや開発案件が増加しています。時代のニーズにあわせて、これからもさまざまな分野に挑戦していきます。 また、モバイル・ソリューション事業としてクラウドサービス「GOMOBILE」シリーズを展開。マルチデバイス対応やAMP対応など、Googleの最新動向への迅速な対応を実現します。 【事業内容】 1.Service Design ユーザー目線での調査・分析からプロトタイピングを繰り返し、顧客に受け入れられ、愛されるサービスをデザインします。 2.Web / App Development クラウドネイティブ、マイクロサービス、AI、ブロックチェーンといった新しい技術を積極的に採用し、クライアント企業のデジタルシフトを支援しています。 3.Mobile Solutions マルチデバイス対応、MFI、AMP、PWAとGoogleの最新動向にクライアントが迅速に対応できるよう、GOMOBILEブランドの下、複数の自社クラウドサービスを提供しています。 ・flamingo(フラミンゴ) コード・サーバ改修不要のサイト改善ソリューション https://gomobile.jp/flamingo/ ・Rabbit(ラビット) システム・インフラ改修不要のAMP対応ソリューション https://gomobile.jp/rabbit/ ・ZEBRA(ゼブラ) 次世代型CRM-PUSH通知サービス https://gomobile.jp/zebra/

なぜやるのか

セミナースペース
サービスの企画からリリースまで、複数の制作会社が分業で関与することは珍しくありません。しかしそのような場合、企画者や開発者間で「ギャップ」が生じてしまいやすくなります。 たとえサービスの画期的な「アイデア」を思いついたとしても、「UIデザイン」が優れていなければ、多くのユーザーに受け入れてもらえません。また、どんなに優れた「UIデザイン」であっても、実際に「開発」されたものが意図したものと異なるケースは往々にしてあります。 「アイデア」「UIデザイン」「開発」。ユーザーに感動を与えるサービスを世に送り出すためには、これら3つを融合させ、その間に存在する「ギャップ」をなくすことが重要です。 i3DESIGNは、アイデア・UIデザイン・開発の3つを武器に、クライアントとユーザーのニーズに応え、世の中にインパクトをもたらしていきます。

どうやっているのか

執務室
【メンバー】 i3DESIGNは30名弱の少数精鋭。ディレクターやエンジニア、UIデザイナーなどの多彩なメンバーが揃い、チームを組んでプロジェクトを進めています。 また、渋谷の本社以外にウクライナにも拠点があり、現地メンバーとのやりとりのほか、海外企業と仕事をすることも少なくありません。そのため、多様性と個性を尊重し、グローバルな視野を持つメンバーが集っています。 【環境】 いい意見はどんどん採用し、常に新しいことに触れられる職場環境です。“管理されて働く”のではなく“自立的に働く”ことが求められ、「社員個人の成長=会社の成長」と考えています。 【キャリア】 大手企業のDX(デジタル・トランスフォーメーション)案件を多く扱っており、仕事を通じて未来を体感できます。