超すご腕カウンセラーはやっぱりすごかった。

年間約30件の成婚を生み出す、婚活カウンセラーの安藤さん。「32歳までに結婚したい」という藤田さんの婚活をサポートするべく、前回につづきカウンセリングをしてもらいました。


↓ 前回 ↓

恋愛相手と結婚相手の違い / 女性との会話に困った時の対処法 / 婚活に必要なのは表現力と想像力 etc...

ブログ用ということで、すぐ実践できるアドバイスをたくさん入れてもらっているので、「恋人がほしい」「結婚したい」という方(特に男性)にぜひ!


婚活カウンセラー 安藤さん

年間最高34件の成婚(月間約3人)を生み出す、超すご腕カウンセラー。 日本テレビ「月曜から夜ふかし」で放送された”株主優待だけで生活する桐谷さんのお見合い”では、担当カウンセラーとして活動をサポートする。

経歴:四年制大学を卒業後、自動車ディーラーに就職。ショールームレディ兼営業職を経て、都内ホテル・専門式場で16年間婚礼司会を務める。とある時期からお見合い婚が増えたことで、「どうして出会って一年未満で新郎新婦として私の前にあらわれるのかしら」という疑問から結婚相談所に興味を持ち、出会いのお手伝いをするためIBJに入社。入社後は、IBJメンバーズ(直営相談所)のカウンセラーとして従事する。


結婚したいが人を好きになれない... 藤田さん

2016年IBJ新卒入社の25歳。趣味はアニメ・ゲーム・漫画。イベントDiv.池袋店の店長として趣味を活かした「オタク婚活パーティー」を日々企画・運営する。彼女いない歴1年6ヶ月。32歳までに結婚したいが、自分の好きなもの以外に興味が持てない性格が邪魔をしている(?) 

【藤田さんの基本情報】

▼ご自身の性格で好きなところ:基本的にまじめなところ

▼ご自身の性格で嫌いなところ:頑固、ネガティブ、興味があるもの以外に興味が持てない

▼経験のある婚活:街コン、マッチングアプリ

▼婚活を始めた理由:知人にすすめられた、普段出会いがない(←超インドアらしい)

▼恋愛のお悩み:会話の引き出しが狭い、人を好きになれることが少ない、マメに連絡出来ない、消極的

▼お相手女性の希望条件:

年齢:22歳~29歳 / 身長:~180cmまで / 血液型:不問 / 年収:不問(働いていれば)/ 婚暦:初婚




カウンセリング part2


ー前回のつづきー


安藤:

藤田さんは好きになったらグイグイ攻める方ですか?


藤田:

好きになってもグイグイ行かないですね、というか行けない。受け身なアスパラベーコン男子です。肉で包まれた草食系。

安藤:

ロールキャベツ男子の逆ですね(笑)きっと選べる立場でいらっしゃるからじゃないですか。人間は食べてきたものでしか出来ていないから。


藤田:

眠り姫なんだと思います(笑)自分もそろそろ起きないとやばいという自覚はあるのですが、相手にどう思われているかがすごく気になってしまい積極的になれない。例えばこちらから連絡するとしても「今仕事ですごく忙しいかもしれないし」と思うと、相手の様子を見ながらレスポンス時間を合わせてしまう感じです。相手が1日置きを好むのであれば1日置いて返す。相手がマメな場合は頑張って返しますが、途中で力尽きます...。

安藤:

優しいのですね。例えばLINEだったらどれくらい置きとか?


藤田:

多い人は1時間のうちに何通もすると思うんですけど、自分は内容のあるLINEだと、1日に5~6通ラリーしたら体力的に厳しくなります。それより趣味の時間に充てたいなぁと。


安藤:

ほほほほ(苦笑)そっかそっか。では重視したいポイントは、趣味に充てる自分の時間を確保したい、お相手も独立歩行できる方と出会いたい感じですかね。でも藤田さんが本当に結婚したいのであれば、もう少しマメになってみるのもありかと思います。お相手の望んでいるマメ度合が藤田さんのマメ度合と合っているかどうかは試してみないことには分からないので。

藤田:

そうですよね...。これまでは自分にペースに合わせてほしいと考えていたから関係が縺れてしまったのかもしれないです。


安藤:

ちょっと頑張っていただいて、もし上手くいかないようでしたらまた一緒に考えましょう。では、お悩みにもある”とりあえず付き合ってみることができない”というのはどうしてだと思いますか?


藤田:

少し気になったらとりあえず付き合ってみるということは皆さんあると思うんですけど、私はその”気になる”というレベルになることも少ないんですよね。自分がどのタイミングで好きになるのかも分からないし、どうして好きになるのかも分からないんです。重症ですね。


安藤:

今までお付き合いされた方と付き合うきっかけはどんなでしたか?

藤田:

一番最初は自分からいきました。その頃は付き合うことに興味のある多感な(?)お年頃で。2人目に関しては、とりあえず付き合ってみようかと思い付き合いましたが恐ろしく性格が合わず、直ぐ別れてしまいました。お互い全く連絡も取り合わなかったです。


安藤:

なるほど。よく石坂社長もおっしゃっていますが、婚活も恋活も”形が先で気持ちが後”と考えるといいです。出会い、デート、連絡を取り合う、という形が先にある状態。でもこの段階で気持ちのきの字もないわけですよね。そこからどうすれば気持ちが高まると思いますか?


藤田:

一緒に経験を積み重ねることでしょうか...?

安藤:

その通りです。経験とおっしゃってくださいましたが、その経験で大切なのは「言葉」なんです。女性は耳と脳で恋をする生き物なので、言葉がない限りはまず動かない。これはなにも「君の瞳は星みたい」といった特別な言葉ではなくて。「寒い?」や「大丈夫?」など”相手を気遣う言葉”を何回も言うとか、その程度のことです。お相手を一発で射止められるような言葉を磨き男子力を上げておかれて、それを好きではない人にでもできるくらいにしておけたら、ドストライクが来たときに一発で射抜けます。

私の会員様(男性)が女性に「彼は私が会社の愚痴を言っても全然労ってくれないんですよ」とお断りされてたことがありました。男性をお呼びして何と言ったのか伺うと「お疲れ様と言いました」と。これは不正解ではないけれどダメなんですよね。ではなんと言っていたら彼女はこの先を考えられたと思いますか?


藤田:

ん~難しいですね...。「どうしたの?」とかですか?


安藤:

素晴らしい。藤田さんは絶対に結婚できます。みんな気に掛けてもらいたい、理解してもらいたいと思っているのに、意外と皆さんこの言葉が出てこないのです。相手にしてもらいたかったらまず自分が先にする。藤田さんが共感してほしかったら、まず自分から共感することで、相手も共感してくれるようになるはずです。理解してもらえたら、そのことでお相手を好きになることもある。活動のフィールドでは、最初から気持ちを100で始めるのは難しいので、ご自身で一度寄り添ってみていただけたらと思っています。
みなさん”土付きの大根は身体にいいんだから良いでしょ”と自然体の自分を受け入れてもらおうとするんですけど、たいてい紀ノ國屋に売っている綺麗な大根を買うわけです。初対面のときに土付きで”健康そうでしょ?”と言っても売れない。多少お化粧が必要なんです。


藤田:

なるほど。土付きの大根...まさに僕ですね(笑)人を好きになれないし、好きになってもらおうと努力も出来ていない...。


安藤:

自分を理解してくれているな、と安心できたり、理解したいと思える人に会えたら好きな人はきっとできますよ。そのために”良いところを探す”訓練をしておかれるのがいいんじゃないかと思います。感覚的なもので構わないのですが、”ここがいいな”と思ってお付き合いをしてみる。例えば藤田さんの中で趣味が合うとなれば、多少タイプではなくても呑むことができる、とか、話が合う、もしくは話をしなくても自然体でいられる、とかなんでもいいのですよね。お互いに100点満点の人はいないので、何かひとつでも他の人と違って素敵、と思えたら良縁。

特にアプリは会ってみないと分からないし、会っても”違うじゃん”ということがあるわけですから、「アプリをあまりやっていないんです」じゃ結婚は難しいとなるわけです。ゲームや漫画をするなとは言わないけれど、32歳までに結婚したいのであれば1日5分でも必ず検索をかけて話しかけるなりアクションする。そして1週間に1人でも女性と会ってください。


藤田:

この前社長に飲みに連れていっていただいた時と、同じことを言われました...。


安藤:

お恥ずかしい...(笑)藤田さんはご本人が思っているよりも人の目を引く男前ですが、今この格好良さは自分でしか培っていないものなんですよね。成婚退会される会員様に共通している魅力なのですが、誰かに愛されている人の魅力はひとりで培った魅力と全然違うんです。学校のPTAの仕事をしたときに、ものすごいモンスターペアレンツがいたのですが、このとんでもない人でもこの世でたった一人生涯の伴侶として選んだ人がいる、と考えると見方も変わってきたり。この世にたった一人でも一緒に歩んでいこうとしてくれる人がいるというのは非常に強いんです。藤田さんは今でもすごくいいですが、もっといい男になります。趣味もすごく大切なんですが、愛されることもしてほしい。

藤田:

ありがとうございます、そんなに言っていただけて恐縮です...。少し違う話になるのですが、多少なりとも良いなと思える子がいたとして食事にいきますよね。その1回のデートから回数を重ねられない人間なんです。


安藤:

あまり欲がないのですね。”向こうからまた誘ってくるのであれば2回目行ってやってもいい”という気持ちはありますか?


藤田:

そんな恐れ多いことは思わないです...。関係構築が面倒に感じてしまって。


安藤:

ほぉ~。交際までの手順が面倒だから関係構築しないというのがルールになってしまっているんですね。アプリでも他の婚活でもそうですが、女性は基本受け身で動きません。だから女性には「白馬の王子様はガッキークラスで初めて馬を降りるのよ」とお話ししてます。特にアプリは釣り糸垂らした状態で待っているだけですから、ますます自分からは動かない。だから本気でお付き合いしたいと思ったら藤田さんも本気で動かないと落ちないです。


藤田:

そうですね。自分から積極的にならないとダメですよね。


安藤:

積極的というよりは、藤田さんの場合面倒くさがらなければいいのだと思いますよ。これだけは今日お心に留めていただきたいなと思うことがあるんですけれども、お相手に対して自分がどう思ったかを何度も伝えてみてください。例えばアプリでのお相手と初めてお会いする日に、「今日はすごく楽しみにしてきたんです。プロフィールを見て、こういうところがすごく良いなと思ったので絶対に話が盛り上がると思って。」と伝えたとします。それを言われて藤田さんにNGを出す人はあまりいないと思います。

そのデートが終わった後は、メールやLINEで「あなたの話のここが良かった」と伝えたらお相手はその時間と自分に自信を持ち、次は絶対につながりやすくなります。デートの帰り際でもいいです。会っている時間に「すっごい楽しかった。あっという間でびっくり。ありがとう。また機会があったらよろしくね。」と楽しかったことだけ伝えたら、女性から「今度は○曜日が空いてるけどどう?」なんて返ってくるかもしれません。こんな感じで”あなたとのことを前向きに考えていますよ”と示してみてください。それができるように、もっと女性と会う機会を作ってみましょうか。まずは10人ばかり(笑)


藤田:

はい、スタミナが続く限り頑張ります!


安藤:

女性の気持ちというのは月で出来ていて、光が来ないと反射しないようになっているんです。だから光を当てない限り振り向かないと思っていただいて構わないので。


藤田:

じゃあ私が太陽にならないとですね(笑)


安藤:

その通り!ついでにですが、藤田さんの気持ちを伝えたとき、「あなたにとって自分はどんな感じだったの?」と聞いて相手の気持ちを言わせちゃってください。そこで初めて女性は”私にとってどうかしら”と考えます。女性は好意が届いてはじめて好きになれるか考える、このあたりは男性と少しずれているのです。尊敬して止まない林修先生がおっしゃっていたのですが、女性は男性と比べて一目ぼれの領域がかなり狭いそうです。反対に、何となく”付き合ってもいいかしら”という領域は広いんですって。


藤田:

へぇ~。それは有り難い情報です!


安藤:

男性は第一印象で判断することもあるけれど、女性は連絡を取っているうちに”いつの間にか彼が私の心の中に住んでる”ということが往々にしてあるんです。


藤田:

ありますね。そういうシーン少女漫画でよく見ます(笑)

安藤:

そうそう(笑)女性は1回妊娠をしてしまうと1年間動けなくなるから、感覚で宿したい遺伝子を選り分けているそうですよ。誰にでもついていくわけにはいかないから受け身なんですね。だからまずは、”なんとなく会ってみてもいいかも”というゾーンに入ることが大事だと思います。いいなと思えば女性の気持ちは放っておいても自然に培養されていく面もあるので、「僕はこう思ったけど、あなたはどうなの?」と言えば”どうなのかしら”と考え妄想を膨らませていくわけです。


藤田:

気持ちの培養ってすごい表現ですね。気持ちを確認するだけで培養されるなら私でもできそうです。


安藤:

でもアプリの場合は何人も同時に繋がれますが、全員の気持ちがきちんと藤田さんに向かっていないと、藤田さんが”じゃあ君で”となったときに手を掴んでもらうことはできないので、必ずジャッジ権を自分で握れるようにしておかないと競り負けます。敵は女性ではなく周りにいる男達だということをお忘れなく。藤田さんはもともと格好いいので、それができたら婚活も恋活も苦労しないんじゃないかと思います。


藤田:

なるほど...とても勉強になりました...。


安藤:

本当だったらもっと藤田さんのお話しをお聞きして、一緒に考えていかなければいけないんですが、ブログだから完結するようにと結論めいたことを言い過ぎちゃいました...ごめんなさい(笑)


藤田:

いえ。自分の問題点は分かっていても、どんな風に解決すればいいのかが分からなかったので、非常に納得感がありました。まずは10人にお会いしてみて、それぞれにお会いしたい理由を言う。さっそく実践してみます。


安藤:

良い意気込みですね。実際に、藤田さんにお伝えしたことを試していただいた男性がいたのですが、10人目にお会いした女性が「こんなことを言われたのは初めて」と感激され、その女性と無事成婚されました。だから試してみて ♪

藤田:

はい!なんだかやる気が出てきました。まずは色んなところへ出向くことから始めます。


安藤:

ぜひぜひ。異性と会うと色男になりますよ。モンペ姿ですっぴんで30分自転車通勤をしていた女性も、化粧してスカートで寒い中突っ走れと伝えたら半月後に彼氏ができて成婚しましたから。意識の問題ですね。フェロモン全開で。それこそ周りの方が「藤田さんなんか変わったね!」と言われたらもう成婚は近いです。


藤田:

フェロモン出していきます(笑)最後にすごく気になったことがあるのですが、安藤さんの成婚を生み出すコツって何ですか?

安藤:

コツというほどではないのですが婚活はとても疲れるので、前向きになれるような”考え方”をお伝えするようにしています。たとえば生まれ順をどれだけ嘆いても、一番目の子供が末っ子に、末っ子が一番目にはなれません。考え方として、一番目は「前人未踏の道を踏破するのと、足跡だらけの道とどちらがいい」と考えると勇気が出ますし、末っ子は「補整された道の方が密林より歩くのが楽だ」と考えると前向きになれますよね。会員様の履歴や家族構成、容姿など、変えられない部分が活動を阻んだ時に、ダメだと決めつけないで考え方ひとつで会員様ご自身が半歩でも前に進めるように、とサポートしています。


藤田:

実際、今の私にとって最良なアドバイスをいただけて、モチベーションや意識も変わった気がします。無事彼女ができたら安藤さんにご報告させてください。


安藤:ぜひぜひ。すごく楽しみ。色々話すぎちゃいましたが、長々とありがとうございました。あぁ~緊張した(笑)




株式会社IBJ's job postings
35 Likes
35 Likes

Weekly ranking

Show other rankings