ヘルプデスクのスキルを検証 何を求められるのか?

この記事の読者の方には、未経験からエンジニアを目指しているという方や、既にエンジニアとして働いているけれど、職種を変えてエンジニアとしてチャレンジしようか悩んでいるという方が多いと思います。

一概にエンジニアといっても、ユーザーが触れる部分を設計・開発するフロントエンドエンジニアや、システムの裏側にあるロジックを設計・開発するバックエンドエンジニア、開発したシステムを正常に動かすための環境づくりをするインフラエンジニア、システムの運用や保守をサポートするカスタマーサポートなど、エンジニア内で様々な職種があります。

というのも、システムの開発にあたっては、ユーザーが使う画面やユーザーが画面上で行った行動に対する処理などシステム全体を動かすために、それぞれのシステムが複合的に絡み合っており、またシステムの機能を維持するためのメンテンスが必要になるため、このようにエンジニアの中でも職種が分かれています。

その職種の中でも、年収に差があったり、独立のしやすさに差があるので、エンジニアとして働くにあたってどの職種で働くのかという観点は非常に重要になってきます。

今回はその中でもヘルプデスクという職種に重点を置いて見ていきます。

ヘルプデスクとは?

ヘルプデスクとは、お客様からの製品・技術に関する問い合わせを受ける、社員さんから技術的な部分についてわからないことの問い合わせを受ける、技術的なトラブルの対処など、社内外からの技術的な不明点やトラブルに対してヘルプする役割を担っている職種です。

例えば、あるシステム開発会社にヘルプデスクとして勤務していたとすると、顧客に導入したシステムが不具合を起こした場合に、その問い合わせはヘルプデスクにいきます。ヘルプデスクはお客様の問い合わせ内容を聞き、そのトラブルに対処する方法を顧客に伝え、顧客だけで対処できない場合は自社のエンジニアとソリューションの提供について話し合い、対応します。

社内で何かトラブルが起きた際も、ヘルプデスクが対応することで、社内の仕事で問題が起きないようにトラブルに対処することもヘルプデスクのしごとの一つとなっており、ヘルプデスクは社内外に対して非常に重要な役割を担っています。

また、ヘルプデスクには社内ヘルプデスクと、社外ヘルプデスクがあり、それぞれ業務内容が異なります。それぞれ見ていきます。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more