CCIEを取得するにはどれぐらいの勉強時間が必要か?

CCIEとは?

ネットワーク分野で事実上のデファクトスタンダードとなっているアメリカCISCO社が実施しているベンダー資格の一つ、CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)です。

内容について詳しく見ていく前に、CCIE の概要を掴んでもらうために、まずはCISCOの資格試験の体系から説明したいと思います。

CISCOの資格試験はカテゴリーとレベルという考え方があります。

まず、カテゴリーですが、以下の九つが用意されています。

  • Routing and Switching:LANに関するスキルを問うカテゴリー
  • Security:ネットワークセキュリティに関するスキルを問うカテゴリー
  • Collaboration:IP電話、TV会議システムなどのスキルを問うカテゴリー
  • Cloud:クラウドネットワークのスキルを問うカテゴリー
  • Industrial:産業ネットワークのスキルを問うカテゴリー
  • Data Center:データセンターネットワークのスキルを問うカテゴリー
  • Service Provider:キャリアネットワークのスキルを問うカテゴリー
  • Wireless:ワイヤレスネットワークのスキルを問うカテゴリー
  • Design:ネットワーク設計のスキルを問うカテゴリー

「LAN? IP電話?」というレベルの方は、“Routing and Switching”が一番基礎となるネットワークの知識を問われるカテゴリーで、他は“Routing and Switching”を基礎として、特定分野に特化したカテゴリーだと思っていただければよいかと思います。

そして、もう一つのレベルですが、その名前の通り難易度を意味します。CISCOの試験は下から、エントリー(Entry)、アソシエーション(Associate)、プロフェッショナル(Professional)、エキスパート(Expert)、そしてアーキテクト(Architect)と5階層になっています。

今回のテーマである、CCIEのEは『ExpertのE』です。その名前の通り、エキスパートレベルに属する試験です。ということは、上から二番目の試験に見えますが、実はそうではありません。エキスパートより上の、アーキテクトに属する試験はDesignカテゴリー(ネットワーク設計)のCCArしかありません。他のカテゴリーにおいては最高難易度であり、CCArは質的にも保有者的にも特殊なため、実質的には、ネットワークエンジニアにとって最高峰の資格とみなされています。

なお、“Cloud”と“Industrial”にはCCIEがありません。

CCIEの難易度は?

CCIEの難易度は、日本の国家資格であるネットワークスペシャリストよりはるかに難易度が高く、2年ごとに更新が必要なことから、ネットワーク関連ではもちろん、IT業界の資格の中でも最高峰の一つとされています。

2010年まで保有者数が明らかにされていたのですが、その時点で日本国内には約1100人、世界で見ても2万人ちょっとでした。

CCIEを取得するためには、筆記試験とラボ試験と呼ばれる実技試験の二科目をクリアする必要があります。試験時間は100問で2時間半、そして、ラボ試験は驚異の8時間です。純粋なネットワークエンジニアとしての知識だけでなく、集中力、そして体力が必要になります。

いずれの試験にしても、トラブルシューティング対応に関する設問なども含まれており、「基礎的なCISCO機器の設定ができる」程度のスキルしかない人では、合格はまず不可能です。CCIEを実施するCISCO自身、受験者は7年以上の実務経験を持つことが望ましいと定義しています。

さらにCCIEの厄介なところは、受験可能言語は英語のみです。

interfaceやMACなど、アルファベットのまま普通に日本人エンジニアも使っているワードが多いので、まったく英語が苦手という方でも、ぼんやりと設問の意味が理解できる問題もあるでしょう。とはいえ、設問に書かれたネットワーク要件や選択肢の意味を完璧に理解できずに、問題を解いて回答するのは、運試しと変らないと言えます。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more